« わたしの竹島ですが、何か? | トップページ | 毎日新聞のおかげで日本に人身売買国家の汚名 »

2008年7月20日 (日)

毎日新聞訂正記事は不十分の極み

のんべは毎日新聞(スポニチ等も含め)不買運動を起こしていますが、訂正記事についてはしっかり読んでおきたいと思ったため、新聞を買いました。すべてネットで読めるようになっています。

内部のチェック事情と反省などにつき、結構率直に述べている点は感心しました。識者の見解も真っ当な意見であり、その辺は問題ないと考えます。

書いてあることは真っ当。でも、これだけで幕引き?ふーん。

甘すぎる社内処分

全く不十分な事後対応

他にも問題はあるけど、この2点だけでも、不買運動の幕引きなんて、とてもとてもできません。

不買運動断固継続を宣言します。

問題点1:甘すぎる社内処分

「検証踏まえ2人追加処分」
『毎日新聞社は6月27日に、担当記者に加え、朝比奈豊社長(役員報酬10%返上・1カ月)、長谷川取締役(同20%返上・同)ら4人を処分しました。さらに、検証結果を受けて99年4月から04年6月まで総合メディア事業局長だった渡辺良行常務について役員報酬20%(1カ月)返上の追加処分を20日付で行いました。
 また、すでに処分している現職部長より前の歴代英文毎日編集部長を追加処分の検討対象としました。ただし、すでに死亡している者が1人、退社している者が1人いました。在社している元編集部長1人は処分しましたが、現在は社内の役職を退いているため内容の公表は差し控えます。』

ここまで日本の名誉を傷つけておいて、役員報酬の1ヶ月分の1割か2割でおしまい?担当記者は停職3ヶ月?

「処分が甘すぎる」の一語に尽きます。例えば、今回の毎日事件の影響の大きさに比べたら微々たる事件で、不二家は事実上潰されました。毎日新聞全役員の辞任と、新聞の発刊停止1ヶ月、くらいが最低限度でしょう。

問題点2.全く不十分な事後処理

『「WaiWai」は既に閉鎖しておりますが、過去の記事を転載しているサイトなどが判明すれば、事情を説明し、訂正や削除の要請を続けていきたいと思います。』

判明すれば、訂正や削除の要請を続けていきたい?なにを馬鹿なこと言っているんですか。判明すれば、じゃ他人事。英文だけでなく、各国の言葉で世界中のサイトを徹底的にキーワードで探して、どこにあった、それに対してどのような処置をお願いした、現状はこうである、ということを徹底して情報公開して行うことが必要です。

リコールを行うときは、売った相手が転売していても売り先を徹底して調べるでしょう。例えば少し前の松下電器は、石油ファンヒーターの不良品が発覚したとき、すべての広告のかわりに不良品の広報を徹底的に行いました。「判明すれば」なんてのんびりした発想はありませんでした。(今でもトップページはその広報です)

WaiWaiの記事のおかげで、多くの日本人がレイプの被害にあったり、人命が失われたりしている可能性すらあるわけで、ファンヒーターに比べ問題が少ないなどと、私はとても思えません。

のんびりした話ですね。こんな調子では、百年経っても消えないでしょう。許し難い対応です。

|

« わたしの竹島ですが、何か? | トップページ | 毎日新聞のおかげで日本に人身売買国家の汚名 »

コメント

海外の権威ある公式文書にも引用されてしまってるのでもはやシャレにならないですね。

http://iori3.cocolog-nifty.com/tenkannichijo/2008/07/52oas_d3a8.html

投稿: 通りすがり | 2008年7月20日 (日) 21時44分

通りすがりさま
仰せの通りですね。のんべも次の記事で本件につきコメントしました。

投稿: 練馬のんべ | 2008年7月20日 (日) 22時02分

こんばんは。毎日新聞はこの問題にからんで「誹謗中傷の書き込みには法的措置を取る方針だ」と発表したと他の記事を読みました。
http://news.livedoor.com/article/detail/3737910/
ちょっと信じられませんでした。

投稿: さんぼ | 2008年7月20日 (日) 22時03分

さんぼさま
法的措置の話は当初の6/28付け記事で書かれたもので、まさに騒ぎに「燃料投下(火に油)」でした。今回、吉永みち子氏が、お詫びもせず被害者面するな、と批判しています。
まあ、今回のお詫び記事もただの言い訳記事、最重要な「責任の取り方」についてはほぼゼロ回答、これでは「燃料投下」にしかなりません(笑)

投稿: 練馬のんべ | 2008年7月20日 (日) 22時19分

 此処まで来ると、どうも、毎日新聞には「謝れない」理由がありそうだと勘ぐるしかないが、此処で謝らねば、毎日は潰れる他は無いでしょう、唯でさえ、その経営状態が「末期ガン」だ、と云われて居たのだし。

 良識有る記者もいると思っていましたがね、朝鮮人記者を採用してからでしょう、本当にオカシク成ったのは。

 報道が信用を無くせば、唯のイエローペーパーにも劣ります、売れるわけがないが、その信用回復は、最早、不可能ですモノね。

 サヨナラ毎日。

投稿: ナポレオン・ソロ | 2008年7月21日 (月) 22時06分

ナポレオン・ソロさま
火消しに失敗どころか、この言い訳記事自体が燃料になってしまいました。会社が不祥事を起こしたとき、どうやれば火がさらに燃え広がるかくらい、マスコミはよーく知っているはずなのに。それとも、マスコミは放火魔で、消防は苦手なの、とでも言うつもりでしょうか(笑)

>報道が信用を無くせば、唯のイエローペーパーにも劣ります、
>売れるわけがないが、その信用回復は、最早、不可能ですモノね
ははは、仰せの通りですね。

投稿: 練馬のんべ | 2008年7月21日 (月) 22時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166239/41912994

この記事へのトラックバック一覧です: 毎日新聞訂正記事は不十分の極み:

» 毎日「わび逃げ」一考 [博士の独り言]
わび「逃げ」と「出直し」の猫騙し 英文サイト出直します  毎日新聞社は英文サイト「毎日デイリーニューズ」上のコラム「WaiWai」に、極... [続きを読む]

受信: 2008年7月21日 (月) 06時43分

« わたしの竹島ですが、何か? | トップページ | 毎日新聞のおかげで日本に人身売買国家の汚名 »