« 人権擁護法案を切り捨てた読売社説GJ! | トップページ | フクダ探検隊遭難?!(笑) »

2008年6月 1日 (日)

トルコ大統領の来日を大歓迎

トルコ大統領、「両陛下招請」の意向を明らかに』(読売)

Nihon_turkey トルコ大統領の来日を衷心より歓迎いたします!(両国国旗を並べると太陽と月と星がきれいですね)

記事中の『初の使節団を乗せたトルコの軍艦が1890年9月、和歌山県串本町沖で沈没し、沿岸住民が救助した史実』とはエルトゥールル号遭難事件。一燈照隅さんの記事ことさまの記事をご覧頂ければ概要がわかります。以来、トルコは親日国として知られています。

トルコは地政学上も日本にとって非常に重要な国、今後もぜひ親日国であり続けてほしいと思います。

両陛下にご無理を申し上げるのは心苦しいのですが、ぜひトルコに行幸啓していただきたいと思います。

(続きは記事の保存です、当面はリンク先をご覧ください)

 【アンカラ=宮明敬、加藤賢治】4日にトルコの国家元首として初めて日本を訪れるアブドラ・ギュル大統領は30日、アンカラの大統領執務室で読売新聞と単独会見し、訪日の際、天皇、皇后両陛下をトルコに招請する意向を明らかにした。

 招請時期は、オスマン帝国(1299~1922)の使節団の初来日から120周年を迎える2010年としており、同年には、日本の文化を多面的に紹介する「日本年」もトルコで開催される。

 大統領は「陛下が招請を受けてくだされば、こんなうれしいことはない」と語った。大統領は陛下との会見で、初の使節団を乗せたトルコの軍艦が1890年9月、和歌山県串本町沖で沈没し、沿岸住民が救助した史実に基づく小説の日本語版を献呈する。

 昨年8月に大統領に就任したギュル氏は、トルコの政権を担う穏健イスラム政党「公正発展党(AKP)」の設立者の1人。建国以来、厳格な政教分離を国是としてきた同国で、初のイスラム政党出身の国家元首。

 外相経験の長い同大統領は、イスラエルとシリアが最近再開した和平交渉で、仲介の主導役を果たしたことも明らかにした。

|

« 人権擁護法案を切り捨てた読売社説GJ! | トップページ | フクダ探検隊遭難?!(笑) »

コメント

 トルコとはずっと親しくして貰いたいです。

 日本はエルトゥール号事件での恩義を、イラン・イラク戦争勃発時のイラク在留邦人引き揚げの特別機の派遣で返して貰いました、特別機が空港を飛び立ったのは、開戦1時間15分前だったそうですから、正に危機一髪でした。

 そう言う人道的観念に共感を持てる国とのつきあいは殊更に大事にしていただきたい。

 隣国より遠国の方が遙かに心が通う、と言うこの矛盾、皮肉は、日本の場合、隣国がとかく利害で対立した歴史が有るからと言う理由ダケではなさそうです。

投稿: ナポレオン・ソロ | 2008年6月 2日 (月) 15時27分

ナポレオン・ソロさま
イラク在留邦人引き上げの話は、どんなに感謝してもしきれないほどですね。わずかな恩返しはワールドカップかな(笑)、というのは冗談として、ほんと今後も大切にしてほしい国です。
>隣国より遠国の方が遙かに心が通う、と言うこの矛盾、皮肉
…(苦笑)

投稿: 練馬のんべ | 2008年6月 2日 (月) 21時16分

こんにちは。とおりすがりの者です(ブログの無いように大賛成です)トルコ大統領のご訪日よろこばしいですね。串本町総務課HPに通知がでてました。串本での大統領奉迎はこの3回だそうです。
お近くの方はぜひお出かけくださいね。

平成20年6月7日(土)
10:30頃 Aコープ串本店様駐車場
11:00頃 樫野トルコ軍艦遭難慰霊碑前
14:15頃 串本駅前

トルコ共和国大統領 串本町訪問記念事業のお知らせ
http://www.town.kushimoto.wakayama.jp/Contents/Contents.asp?CONTENTNO=622

投稿: にぼし | 2008年6月 3日 (火) 13時38分

にぼしさま
ご来訪有り難うございました。串本町に駆けつけたいですね。さすがに無理ですが…

投稿: 練馬のんべ | 2008年6月 3日 (火) 22時06分

大使館に電話で確認したところ一般人の参加できる歓迎のお出迎の場は関東では予定してないとのこと。おなじく残念です。これからも時々のぞかしてもらいます。では~♪」」

投稿: にぼし | 2008年6月 4日 (水) 02時01分

にぼし様
関東ではない、というのは残念です。その旨大使館にもメールを打っておきましょう。
今後ともよろしく。

投稿: 練馬のんべ | 2008年6月 4日 (水) 07時32分

練馬のんべ さま

私も和歌山での歓迎に期待です!オペレーターの方も申し訳なく言ってましたので今後かわっていくかもしれません。
トルコとのTOP外交はまだ始まったばかり(小泉元総理の置き土産)日本年にむけ両陛下御訪問の足場作りに皇太子夫妻によるご答礼の外交、なんてのも良いかもしれません。

将来がたのしみなお客さまですね。

投稿: にぼし | 2008年6月 4日 (水) 17時09分

にぼしさん
ひょっとしたら東京でもなんかするかも知れませんね。私も大使館にメールを打っておきました。

>日本年にむけ両陛下御訪問の足場作りに皇太子夫妻による
>ご答礼の外交
ぜひ実現してほしいですね。
トルコ大統領閣下ばんざい!
天皇皇后両陛下ばんざい!
皇太子同妃両殿下ばんざい!

投稿: 練馬のんべ | 2008年6月 4日 (水) 19時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166239/41391151

この記事へのトラックバック一覧です: トルコ大統領の来日を大歓迎:

» 6月初 トルコ大統領、豪州首相来日 ~アジア太平洋地区の災害支援を~ [トレバー・ボークの世相を斬る]
トルコ大統領、6月4日来日  外務省は23日、トルコのギュル大統領が6月4日から8日まで来日すると発表した。5日に天皇、皇后両陛下と会見するほか、6日に福田康夫首相との首脳会談に臨む。トルコ大統領が二国間協議のため公式に来日するのは初めて。オーストラリアのラッド首相の8日から12日までの来日も発表した。(15:06) ... [続きを読む]

受信: 2008年6月 3日 (火) 16時40分

« 人権擁護法案を切り捨てた読売社説GJ! | トップページ | フクダ探検隊遭難?!(笑) »