« 悪魔の売国法案に熱心な民主党 | トップページ | 中共はチャン族を絶滅させるつもりか! »

2008年5月22日 (木)

メンツ>>被災者の命、は病院でも同じ(泣)

日本の医療チーム、成都の病院で活動へ…被災地行きは断念』(読売)

先日は救助隊のみなさんが「人民解放軍のメンツ」でまともな活動ができなかったので、医療チームのみなさんもそうではないかと思っていたら、やはり図星のようで。

医療チームは被災現場の修羅場を想定し、最前線の「野戦病院」の装備を調えて行かれた、と認識しています。しかし、大病院でのお手伝いをやらされる、ということに。もちろん、大病院でも大活躍なさる力を持っていらっしゃると思います。

『中国側は「被災地には日本側の助けを必要とする患者はもうおらず、重篤な患者はすでに成都市など比較的規模の大きい都市に移送された」と説明。』

わかりやすい日本語にすれば

「被災地の重篤な患者はもう助けない」
「日本人に被災地を見せるわけにはいかない」
「日本人に活躍させるわけにはいかない」

くらいでしょうか。メンツ>>人命という体質は人民解放軍も病院も同じらしい(怒)

もう一度書きます。やっぱり書かずにはいられませんね。

中共政府は被災者の救助にありとあらゆる手段を尽くせ!

救助をプロパガンダの場にするな!

北京五輪などやっている場合ではない!

Tibet_flag チベット人などのいわゆる「少数民族」も救え!

フリー・チベット!

(続きは記事の保存です、当面はリンク先をご覧ください)

 中国・四川省成都市に入った日本の国際緊急援助隊医療チーム(田尻和宏団長)は21日夜、22日から同省の重点病院である「四川大学華西病院」で診療活動を始めることを決めた。

 医療チームは被災地に近い場所での活動を希望したが、中国側が同市内の大病院での医療活動を求め、最終的にその要請を受け入れた。

 医療チームは今回、透析用の機材や超音波による画像診断装置、簡易手術装置などを持ち込んだ。「一般の診療は超えるが、高度医療まではいかない」(田尻団長)レベルの救急医療を、設備の整っていない地域で施す目的からだった。

 しかし、医療チームが21日午前、同市内の総合病院「成都市第一人民病院」を視察したところ、顧興平院長は「二十数人の骨折患者が手術を待っており、手伝ってほしい」と訴えた。

 中国側は「被災地には日本側の助けを必要とする患者はもうおらず、重篤な患者はすでに成都市など比較的規模の大きい都市に移送された」と説明。医師や看護師が不足している同市内の総合病院「四川大学華西病院」での支援を要請した。

 医療チームは同日夜になって受け入れを決定。田尻団長は「われわれに対するニーズが高いとのことなので、十分役に立てると思う」と話した。

 22日午前に今後の具体的な活動内容について、中国側と協議する。

|

« 悪魔の売国法案に熱心な民主党 | トップページ | 中共はチャン族を絶滅させるつもりか! »

コメント

 欧米がシナにオリンピックを開催させるかどうか=参加するかドウカに拘わらず、シナ自体が開催を断念せざるを得ない情況に成りつつ有るようです。

 今回の震災の復興に必要とされる資金の概算を、共産党中央は、約5000億元(7兆5千億円)と見積もったそうですが、この数字自体、阪神大震災の復興が24兆円で為され、それが日本のGNPの2.5%で有った事に因んで、GNPの3%に当たるモノとか、海岸都市と内陸山岳部と云う地理的な条件の差は大きいと思うから、カナリ大雑把です、ナニカの目安には成るかな位の話しでしょう。

 しかし、この資金でも手当できているのは1/7の700億元(1兆500億円)ダケで、残る資金の調達の目処は今の所立っていないそうです。

 これからを予想するに、更なる大規模災害が広がる事を懸念しなくては成らない状態です、既に雨期に入っているこの地方での100箇所以上ある危険なダムや地震湖の決壊による水害、飲料水の汚染に拠る伝染病の心配、そして、治安悪化による暴動や内乱の心配と緊急を擁する話しに溢れています、核施設の国家機密に属することまで考えたら、被害実態など把握できないのが正直なところでしょう。

 起こっている事から、被害の実態を冷静に考えるに、天然ガスの生産の再開は時間が掛かるし、水力発電所もダムがボロボロの状態では使えないから電力の復興の遅れがもたらす影響は更に広がる、つまり、何より、発電設備、送電施設、貯水施設と言ったエネルギーのインフラ破損に拠る、発電量不足が原因で操業休止している各工場の生産被害は日々累積しているのです、損害総額は既に天文学的な数字になっているでしょう。

 1ヶ月もすれば、外資から工場の再開の要求がでてくるでしょうが、是に応えられない場合、外資は撤退するしか術が無くなる、撤退が当然の帰結と成れば、シナは一時的な経済破綻では済まされない事になるでしょう。

 本当は、復興支援を募金で募っている場合ではないのですが、是も共産シナの面子なのでしょう、自体の深刻度の大きさが未だ把握できていないと言うのが正確なのかも知れません。

 それでもオリンピック開催なのだろうか。

 

投稿: ナポレオン・ソロ | 2008年5月27日 (火) 06時23分

ナポレオン・ソロさま
中共としては放置できるものならしたいのでしょうが、水や電力の供給基地だし、核の貯蔵施設やらもあり放置もできない。どうしょうもない状況に陥っているようですね。
オリンピックどころでないのはもちろんでしょう。中共帝国も本当に崩壊するかもしれません。

投稿: 練馬のんべ | 2008年5月27日 (火) 06時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166239/41282495

この記事へのトラックバック一覧です: メンツ>>被災者の命、は病院でも同じ(泣):

« 悪魔の売国法案に熱心な民主党 | トップページ | 中共はチャン族を絶滅させるつもりか! »