« 「まじょりー」の紹介 | トップページ | 人権擁護法案を切り捨てた読売社説GJ! »

2008年5月31日 (土)

クラスター爆弾全廃で日本の防衛は…(泣)

クラスター爆弾―鮮やかな首相の禁止決断』(朝日社説5/31)

クラスター爆弾の全廃条約に日本政府が賛成。人道的にはそうあるべきだろうけど、じゃあどうやって日本を護るのか、わからんなあ…と悩んでいたら、朝日ル新聞社説がべた褒めしてました。これで、やはりフクダ首相の格好つけにすぎず、大失策であることがよーくわかりました(怒)

日本が他国に持って行って攻めよう、という武器ではありません。敵が日本に海から上陸して攻めて来たときに最後の手段として使う兵器。核を持っていない日本の数少ない抑止力です。

そりゃあ、中共には歓迎されるでしょう。キレイゴトのために日本の防衛力が大幅に弱くなるのは、連中の思うつぼです。世界は陰で日本を嗤うだけ。

クラスター爆弾全廃条約を推進した議員達の名前が載っています。

『公明党の浜四津敏子代表代行…超党派の議員連盟(会長・河野洋平衆院議長)…自民党の中川秀直元幹事長や民主党の鳩山由紀夫幹事長ら有力議員』

すさまじいばかりの売国奴の集団ではないですか(怒)

『条約にはクラスター爆弾を保有する米国、中国、ロシアなどが背を向けている。』

つまり、仮想敵国たる中共の人民解放軍が日本を攻めてくるときに、敵はクラスター爆弾を持っていてこっちは持っていない、というだけの話…つまり、中共を喜ばせただけでした。

『だが条約が発効し、世界の大半の国が参加すれば、保有国への圧力になり、やがては全廃につながることが期待される。』

『期待される』なんて他人事の書き方するのは、保有国にとってはこんな条約は無意味、ということを解説委員が判っているからですね。もし本気で思っているのなら、まず人民日報日本支社と言われる朝日ル新聞解説委員が、中共に乗り込んで胡錦濤に直談判すべきでしょう。

日本は丸裸に近くなりました。ここまで日本をぼろぼろにしたフクダ首相、こいつを早く退陣させない限り未来はありません。

(続きは記事の保存です、当面はリンク先をご覧ください)

 爆発しそこなった多くの子爆弾が紛争終結後も残り、一般市民を殺傷するのがクラスター爆弾の怖さである。

 この非人道的兵器のほとんどの型を禁止する条約が、ダブリンでの国際会議で採択された。禁止に二の足を踏んできた日本政府が、最終日に条約受け入れを表明した。

 人道面と安全保障面のバランスを考えることが必要だ。これが従来の日本の立場だった。人道的な問題はあるが、上陸侵攻への「抑止力」としてクラスター爆弾は捨てがたいとの意見が防衛省、自衛隊で強かった。条約受け入れは、こうした反対を押し切っての福田首相の決断である。

 1997年に対人地雷禁止条約が採択された時、地雷を持っていた日本は参加をためらった。だが、外相になった小渕恵三氏の一声で、条約署名へとかじが切られた。日本は地雷の被害者への支援策も積極的に打ち出し、国際社会から高い評価を受けた。

 福田首相の決断はそれに並ぶ。とかく「官僚に近い」と言われる首相だが、今回は国際社会の動向や人道主義の流れなどを踏まえて、政治主導の重みを示して見せた。

 条約では、不発弾率が高い従来のクラスター爆弾を禁止している。不発率が極めて低いとされる新型は禁じていないが、既存の爆弾のほとんどが禁止対象で、ほぼ全面禁止の内容だ。日本が条約に加盟すれば、自衛隊が持っているクラスター爆弾は全廃する。

 この問題では、政界の風向きも変わっていた。公明党の浜四津敏子代表代行が先週、首相を訪ねて全面禁止を求めた。クラスター爆弾禁止を促す超党派の議員連盟(会長・河野洋平衆院議長)も発足し、自民党の中川秀直元幹事長や民主党の鳩山由紀夫幹事長ら有力議員が名を連ねた。首相の判断はこうした流れも感じてのことだろう。その意味でも政治が動いた結果だ。

 条約にはクラスター爆弾を保有する米国、中国、ロシアなどが背を向けている。だが条約が発効し、世界の大半の国が参加すれば、保有国への圧力になり、やがては全廃につながることが期待される。

 福田首相は明日から欧州を訪問する。条約に賛成している英仏独との首脳会談も予定されている。多くの国の条約参加、被害者の救援、紛争地に残る不発弾の除去などを急ぐために国際協調を強めてもらいたい。

 地雷禁止の時と同じように、今回も欧州などの中堅国家と国際NGOネットワークの連携が条約づくりの原動力となった。

 日本では地雷廃絶日本キャンペーン(JCBL)が政府や国会議員に粘り強く働きかけてきた。首相の決断の背景に、こうしたNGOの地道な活動があったことも忘れてはならない。

|

« 「まじょりー」の紹介 | トップページ | 人権擁護法案を切り捨てた読売社説GJ! »

コメント

お世話になっております。
博士の独り言様にもお世話になっている、
ネトウヨのブログの管理人でございます。

今回、私もこのクラスター爆弾廃止には
非常に大きな危機感をもっております。
そこで左右とらわれずに、
議論をしてはいかがだろうかと
考えています。
よろしければ、こちらもあわせて
今後ともよろしくお願いいたします。

http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/news/4357/1212217703/

投稿: roughnecksr | 2008年5月31日 (土) 16時28分

同感です!
福田首相の今回の判断は余りにも甘く、楽観的に過ぎると思います。

投稿: P@RAGAZZO (Pの視点) | 2008年5月31日 (土) 18時59分

兵器の目標は人を殺傷することで、すべて非人道的です。
クラスター爆弾だけが非人道的兵器だから廃棄だなんて解説を聞いていると腹が立ちます。安全保障は大丈夫か?心配です。

投稿: のびぃ太 | 2008年5月31日 (土) 19時59分

のびぃ太さま
>兵器の目標は人を殺傷することで、すべて非人道的
それが一番の本質ですね。軍服を着ている同士で殺し合いをするのは良い、というのが現代の「国際法」だけど、それが「人道的」などとはとても思えません。どうせ兵器なんて非人道的に決まっているけど、その中で順番を付けるとしたら、一番は核兵器に決まっています。核を持っている英仏がこの条約を推進するなど、偽善もいいところ。

>安全保障は大丈夫か?心配です。
心配ですね。人民解放軍は喜び勇んでいるでしょう。本当に調印する前に、フクダ首相が退陣して真っ当な方が調印をやめることを祈るのみ。

投稿: 練馬のんべ | 2008年5月31日 (土) 20時42分

roughnecksrさま
国防に本来左右はないはずなのですが、我が日本の「左」は要するにシナの走狗に過ぎないこと、日本の不幸です。

ついでながら、のんべは「リベラルやや左」を自認しています。日本と伝統と天皇陛下を大切にすることに左右はなく日本人なら当たり前のこと。経済面での右「新自由主義」には断固与しない、という立場。

投稿: 練馬のんべ | 2008年5月31日 (土) 20時50分

P@RAGAZZO様
フクダ首相はどういう神経をしているのか、我々にはとてもわかりませんね。あまりにも不思議で、怒るより呆然としてしまいます。

投稿: 練馬のんべ | 2008年5月31日 (土) 20時52分

「自分の主義で、国民の武器の選択肢を勝手に一つ減らしたッテ事でしょうか。

 ホントに莫迦な爺ですね、「自爆する新型爆弾には反対していないのだから、良いじゃないか」とでも思っているのだろうが、問題はそんな処にはない。

 武器なんて、元々人殺しの道具ナンだから、その「性能」とは、如何に人を効率よく殺せるか、とか、無力化できるかと言う、悪魔的な基準を持っているのは当然だ。

 地雷でも、拾おうと腰をかがめた人間の姿勢を対象に、飛び上がった爆弾が破裂、中に仕込んである小さな鋼球で人間の生命や自由度を奪うと言うタイプのモノがあるが、何に偽装するかで、飛び上がる高さを設計されたモノまである、つまり、相手を完全に子供と仮想したモノまであるワケだ、こんなモノが何千万発も有るのに、クラスター爆弾も新型が既にあるのに、旧式の爆弾一つ悪者にして廃絶する事に何の意味があるのか。

 フフンは「武器は非人道的が当たり前」なのがワカラン様だ。

 処で、どんな武器でも政治家は外国との武器の削減交渉に措いて、如何に小さなモノでも、核の場合と同じく、基本的に相手と同じ条件下で所持できる情況を維持するようにそのタイミングも含めて留意しなくては成らない。

 ソウでなくば、前線の味方の兵士には、自らの作戦行動や装備に制限を与える事になる一方で、敵方の兵士には、それらの脅威に対する対策に拠る装備・作戦上の制限を解除する働きをする。

 オマケに、クラスター爆弾に関しては、「既得権」だったのに、ワザワザ金を掛けて放棄・廃棄すると宣言したわけですから、自動的に相手にその爆弾に関する対処措置を、端から省略させる働きを与えた事になるワケで、敵方の作戦自由度を広げさせた、つまり、今まで考えられなかった作戦展開が可能になる。

 ババ抜きで、「ババヲ引いた」と宣言する様なモノだから、前線の兵士にとってダケでなく一般の国民に対しても完全な利敵行為になる。

 自分の政治生命自体風前の灯火なのに、こんな処で、エー格好するなんて、何をしてくれるんじゃ!しかも税金を100億も遣ってダカラ、此奴は紛れもなく国賊ですね。

 仄聞するに、サマータイムの導入も言い出したそうな、ホ~ント莫迦なサルだ事、脳天かち割って、豚のエサにでもしてやりたい。

投稿: ナポレオン・ソロ | 2008年6月 1日 (日) 06時46分

ナポレオン・ソロさま
敵の武器だけを一瞬にして無力化する「武器瞬間冷凍ガス」
人は傷つけずに一瞬にして眠らせる「超催眠ガス」
我々の知らないところで我が自衛隊はそのような「人道的武器」を大量保有。ゆえにフクダ首相の英断!!

現実は…フクダ首相の脳内にだけ存在、だろうなあ…(怒)

投稿: 練馬のんべ | 2008年6月 1日 (日) 08時12分

 インド洋の給油についてもそうなのですが、物事表面だけで事の是非を判断している、政治家が多すぎるのではないでしょうか?
 物事には必ず利点と欠点という二面性があります。日本がクラスター爆弾を導入しているということは、利点があるからですが、それを無視して欠点のみを取り上げているんでしょうね。物事を一方向からしか見れない人は、お政治にも政治家に適しているとは言えません。
 また、「クラスター爆弾が非人道的だから廃止するべき」という意見についてですが、私は「あくまで個人の意見の範囲であれば、否定すべきではない」と考えています。これは、個人の意見には理想論も混じりますし、理想無くては物事が良い方向に進みません。しかし、クラスター爆弾を保有する国の国政を預かる立場の人間では話が異なります。必要なのは、理想や期待ではなく確実、堅実です。そのため、一般の人とはどうしても判断が異なりますが、それは仕方が無いことだと考えています。

投稿: 紙飛行器 | 2008年6月 4日 (水) 00時38分

紙飛行器さま
>物事を一方向からしか見れない人は、お政治にも
>政治家に適しているとは言えません。
うん、まさにそうですねえ…フクダ首相はハマヨツオバサンにダメを押されて決断したようですが…

>必要なのは、理想や期待ではなく確実、堅実
うまいこと言いますね。賛成!

投稿: 練馬のんべ | 2008年6月 4日 (水) 07時03分

すでに日本では対人地雷を廃止しています。ある人にとっては、地雷は子供までも殺傷する悪魔の兵器と言うことで、廃止に到ったそうですが、こういう主張をする人は、いま、どういういくさが多いか学びなおしたほうがいいです。
内戦やテロが多いじゃないですか、そういった環境では、おのずと兵士と民間人の区別なしで殺傷にいたる傾向が多く、地雷による子供の死傷もそうしたいくさの形態で生じるひとつでしかありません。
かように、単に地雷を廃止することに意義があるとは思えません。ましてや、専守防衛で兵器の輸出もしない日本がクラスター爆弾まで廃止したところで、よその国に迷惑がかかるはずもないでしょうに。

投稿: DUCE | 2008年6月 4日 (水) 09時41分

DUCEさま
仰せの通りですね。
「日本は9条で護られているから非人道的兵器どころか自衛隊なんて不要です!」
要するにその延長線上にすぎません…

>専守防衛で兵器の輸出もしない日本がクラスター爆弾まで廃止
>したところで、よその国に迷惑がかかるはずもないでしょうに
そうですね。どうせなら、武器輸出をすべて禁止する条約!とでもいうのなら(それが正しいかどうか別にして)筋は通っているかも知れません。

投稿: 練馬のんべ | 2008年6月 4日 (水) 19時25分

同感です。

マスコミがこぞってよくやったと褒めてるのが気持ち悪いです。

こうゆう一見いいことのようなものって、ええかっこしいには、飛びつきやすい話なのかもしれないけど、これって、本当に日本の防衛を考えると、凄い恐怖、危機感感じる話ですね。

投稿: わらべ | 2008年6月 8日 (日) 12時23分

 実は私、地雷除去のNPOを友人に誘われて立ち上げようと計画に加わった事があります。

 地雷って、モノに拠れば一個500円位なんですね、それでも充分相手の行動の自由を制限できる、反対に言えば、人間の躰がそれだけ脆いと言うことです、足の指一本千切れたらモゥマトモに走るどころか、歩けない場合が多い、相手が戦闘員ならその戦闘力は大きく削がれます。

 アンブッシュ兵器と言うのは、確実に相手の戦闘力を下げる働きをするモノの総称で、火薬を使わないモノでも、ベトナムのジャングル戦でよく使われたブービートラップと言うモノが昔から有ります、猟師のワナを人間向けに応用したモノです。

 これらの特徴は、対象の致命を目的にしていないから、安価で、扱い易い事ですが、一旦仕掛けると、仕掛けたモノでなければ先ず安全な解除が難しく、戦闘終了後も「潜む危険」として、純粋な悪の装置として存在し続けます。

 「これらの除去は、仕掛けたモノがやる」と言う原則をを造って、強制力を持たせて呉れれば善いのです、除去を第三者に依頼しても善い事にする、すると、それこそ私達NPOの活躍の場が増える事になるわけです。

 約8年位前の話しですが、カンボジアに約1億発、中東にもアフリカ各地も合計するとそれぞれソレくらい、他の地域まで入れると世界中に大体四億発くらいの地雷が埋まっていて、その殆どが埋めた場所、仕掛けた場所が、既に植生や地形の変化などで判らなくなっているソウでした。

 そう言う意味で、クラスター爆弾も自爆する奴は後始末の負担は軽いと云えます。

 唯、手若しくは足を吹き飛ばすのには、たった1発で充分なんです、子供なら半身が吹き飛ぶことだって有ります、尤も、敵兵を対象としたクラスター防衛線がなければ、無傷の敵兵が上陸してくるダケのこと、そっちの方がずっと、危険だとは思わないのかな。

投稿: ナポレオン・ソロ | 2008年6月 8日 (日) 14時45分

ナポレオン・ソロさま
>「これらの除去は、仕掛けたモノがやる」と言う原則
うん、賛成。国際法に明記すべきですね。もっとも、中共にあるものはすべて日本製にされそうだ…

>クラスター防衛線がなければ、無傷の敵兵が上陸してくるダケ
>のこと、そっちの方がずっと、危険だとは思わないのかな。
シナ兵は日本を侵略するのではなく解放しにくるのだから傷つけてはいけない、とでもいうのでしょう(怒)

投稿: 練馬のんべ | 2008年6月 8日 (日) 18時23分

わらべ様
そうですね。日本の防衛<<「人道」とやららしいです。兵器なんぞ結局すべて非人道的なものなのです。非常時、日本国内で日本政府が使うことのは(他によほど優れた代替策でもない限り)しゃあないと思うのですが、多くのマスコミさんにはその論理は通じないようですね。

投稿: 練馬のんべ | 2008年6月 8日 (日) 19時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166239/41380284

この記事へのトラックバック一覧です: クラスター爆弾全廃で日本の防衛は…(泣):

» クラスター爆弾禁止が戦争を招く [ネトウヨのブログ]
 福田首相の「政治決断」が、クラスター爆弾の全面的禁止を招きました。残念ながら、これによって日本が戦争に巻き込まれる可能性が著しく高まったといわざるをえません。  産経新聞より転電です。 引用元:産経新聞 ===================================================================== 専守防衛に空白 クラスター爆弾全面禁止合意 (1/2ページ) 2008.5.29 23:00 このニュースのトピックス:自衛隊  日本侵攻阻止の切り札... [続きを読む]

受信: 2008年5月31日 (土) 16時26分

» 「クラスター禁止条約」への参加は憲法違反ではないか? [練馬区大泉学園・もんじゃ屋「わらべ」のつぶやき]
font+2今超党派議員が、クラスター爆弾禁止議連などを編成して、クラスター爆弾への反対運動などをやっていますが、 このクラスター爆弾禁止条約には日本は絶対に参加すべきではないと僕は考えます。 6月6日の産経新聞の正論でも、森本敏氏が、明快に述べてらっしゃいましたが、 僕は、このクラスター禁止条約に日本が参加するようなことは、国民の生命財産を守るという、日本の憲法違反ではないか?とすら思います。 まず、クラスター爆弾については、確か、自己破壊機能や誘導..... [続きを読む]

受信: 2008年6月 8日 (日) 12時24分

« 「まじょりー」の紹介 | トップページ | 人権擁護法案を切り捨てた読売社説GJ! »