« 税金の使い道を批判=言論の自由の封殺?! | トップページ | 桜の入学式を守ろう! »

2008年4月 3日 (木)

皇室を中共王朝への使いにするな

北京五輪開会式 皇族の出席見送り 政府方針「不安定要因多く」 』(産経)

Bandeau_gb このニュース、産経しか報じていないのが気になります。北京五輪など当然ボイコットすべきも。皇室の方々にご苦労願うなんてとんでもない不敬千万な話であり、この方針は当然です。

しかし、コキントウ皇帝が日本に来てフクダ首相を恫喝し厳命したら、フクダ首相は「皇帝陛下、天皇皇后を参加させます」くらい言いかねません。なんせフクダ首相にとってシナの皇帝だけが「陛下」でしょうから。そして朝日や毎日は、「日王は中華皇帝に対し朝貢せよ」のキャンペーンを打つでしょう。

シナの害から皇室を守るのは日本政府の最低限の責務。それができないようでは、もはや日本政府は中共シナ王朝の朝貢国になってしまいます。あ、もうなっているかな(怒)

(続きは記事の保存です、当面はリンク先をご覧ください)

 中国が北京五輪開会式に、天皇、皇后両陛下をはじめとする皇族方の出席を要請していた問題で、日本政府は1日、この要請を受諾しない方針を固めた。中国製ギョーザ中毒事件や膠着(こうちやく)状態の東シナ海のガス田共同開発問題に加え、チベット騒乱など不安定要因が多く、時期尚早と判断した。開会式への出席では欧州各国に参加を辞退する動きがある。日本政府から開会式に誰を派遣するかは「全くの白紙状態だ」(外務省幹部)という。

 この問題には、宮内庁と外務省はもともと消極的で「2月のギョーザ事件以前から、皇族方にはご出席を要請しない方向だった。国際的に注目されるチベット騒乱が起きた今はなおさらだ」(政府関係者)としている。

 一方、首相官邸は態度表明を保留していたが、3月27日の参院内閣委員会で、岩城光英官房副長官が、自民党の有村治子氏の質問に「諸般の事情を踏まえつつ慎重に検討する」と慎重姿勢を明らかにしている。

 中国は昨年1月、当時の王毅駐日大使(現外務次官)らを通じ、政府・与党に、非公式に皇太子ご夫妻の開会式出席を要請。また同年4月には、訪日し、陛下と会談した温家宝首相が「ぜひ、陛下と皇族の方々においでいただきたい」と要請していた。これに対して陛下は通常通り「自分の外国訪問は政府で検討することになっています」と話されていた。

 北京五輪で中国側は「アテネ五輪の時に(集まった)各国の指導者、元首は六十数人だったが、北京はこの数を超える」などとして、元首招聘(しようへい)を進めている。

 両陛下は平成4年、天安門事件で国際社会から孤立していた中国を訪問された。これには「日中関係を非常にしっかりした盤石なものにした」(河野洋平衆院議長)との評価はあるが、中国の銭其●元外相が回想録で「中国が西側の制裁を打ち破る最も適切な突破口となった」と記したように、「ご訪問が中国に利用された」(閣僚経験者)側面は否定できない。

 さらに江沢民前国家主席は、両陛下ご訪問後も「反日教育」を強化し、反日デモが繰り返されてきた。

 北京五輪開会式では、ドイツやチェコ、ポーランドなどの首脳が欠席を表明しているほか、英国のチャールズ皇太子も不参加を明らかにしている。

●=「深」のさんずいを「おうへん」に

|

« 税金の使い道を批判=言論の自由の封殺?! | トップページ | 桜の入学式を守ろう! »

コメント

当然の配慮だと思います。
ボイコットしてもおかしくない状況なのですから。
皇室の方の外交は、どこでも行く性質のものではなくやはり、選ばれた場所が望ましいとも思います。

投稿: 芹田陽子 | 2008年4月 4日 (金) 02時10分

芹田陽子さま
そうですね。反日の国に行って頂こうなど、不敬千万です。

投稿: 練馬のんべ | 2008年4月 4日 (金) 07時08分

 あんな恐ろしいところに、御皇室に訪問頂く等、天地がひっくり返ってもあってはなりませぬ(#゚Д゚)ゴルァ!!
 拙ブログも
http://tonogodz.blog70.fc2.com/blog-entry-240.html

投稿: tono | 2008年4月 4日 (金) 17時19分

tonoさま
そうそう。皇室のみなさまに世界最凶の中共なんぞとんでもありません。

投稿: 練馬のんべ | 2008年4月 4日 (金) 21時11分

皇室は何としてもお守りせねばなりません。
陛下の中国御訪問が中国側にいいように利用された、というニュースはかなり激しい怒りを感じました。それは、裏を返せばいわゆる皇室外交が世界的にもかなりの影響力を持つということを証明したわけで、我が国の強みとするところだと思いますが・・・。

投稿: かついち | 2008年4月 4日 (金) 21時43分

かついちさん
そう、皇室はまさに日本そのものですから、皇室を「利用」されることは日本が「利用」されることですね。今回ばかりは外務省も宮内庁もGJです。

投稿: 練馬のんべ | 2008年4月 4日 (金) 22時00分

中国共産党 「日本解放第二期工作要綱」(博士の独り言)
http://specialnotes.blog77.fc2.com/blog-entry-54.html

投稿: 名無し | 2008年4月 4日 (金) 22時30分

名無しさま
紹介ありがとうございました。

投稿: 練馬のんべ | 2008年4月 5日 (土) 07時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166239/40741046

この記事へのトラックバック一覧です: 皇室を中共王朝への使いにするな:

» 徳仁天皇が国益を損ない,かつ女性・女系派を勢いづかせはしないか? [雅子皇太子妃殿下そして皇太子(東宮)御一家を憂う]
徳仁天皇が即位すれば皇室の権威や国民の皇室への崇敬の念が失墜することは火を見るよりも明らかでしょうが,懸念されるのはそれだけではありません. それは,特定アジア3国や反日・売国・左翼勢力による皇室の政治的利用にまんまと乗せられかねない,ということです. つい先日,中国の温家宝首相が天皇陛下に北京五輪の開幕式に陛下、皇族の出席を政府の頭越しに“直訴”しました.これに対して陛下は「自分の外国訪問は政府が検討いたします」と述べられましたので(少なくともその場は)事なきを得ましたが。 http://www.... [続きを読む]

受信: 2008年4月 3日 (木) 05時53分

« 税金の使い道を批判=言論の自由の封殺?! | トップページ | 桜の入学式を守ろう! »