« 昭和節! | トップページ | 日本政府はパンダ>>チベット人の命か! »

2008年4月29日 (火)

愛国の赤旗 ちょっとひいちゃう(笑)

「聖火応援隊」やっぱり動員 中国当局が旅費負担』(朝日)

こんなのは誰もが知っている事実とはいえ、朝日ル新聞に載るあたりが情けない話ですね。

それにしてもあの五星紅旗、でかかったなあ…、あれ「留学生」とやらの下宿に置いたら、竿だけでも邪魔で仕方ないでしょ、物干し竿にでも流用するのかしらん(笑)

「体を張って妨害を食い止めてもいいが暴力を振るってはいけない」というのも笑えますね。実際は日本人はずいぶん被害に遭っている様子。暴力場面を見ていても警察は全く逮捕しない。日本人のけが人はなかったような報道でしたが、実際は骨折程度の大怪我をなさった方もいるらしい。つまり「体を張るが暴力なし」というのは捕まらないように気をつけて叩け、という意味だったようです(怒)

しかしまあ、「業火護送」は大成功でしたね。人類の敵である中国共産党の動員力、シナ人の不気味さが日本中に知れ渡りました。「日中友好」とは日本中を五星紅旗で埋めること、というのが一般にまで浸透しました。

今まで日本の世間一般では、中国毒食品は嫌だ!だけで済んでいたのが、中国人は嫌だ!ということになってしまいました。私も別にシナ人は嫌いではありません。しかし、さすがにあの品もへったくれもない敵愾心むき出しの連中とは、仲良くなりたいなどとは全く思いません。

朝日ル新聞は、日本で右翼に走る若者(笑)の「偏狭なナショナリズム」とやらが大嫌いですが、このシナ人のナショナリズムを日本で見せつけられた感想はどんなもんですかね。一面の「沿道赤く愛国の旗 違う国みたい。ちょっとひいちゃう」でしたか(笑)

あんな連中と戦うハメになった、シナノ合戦に参戦なさった勇士のみなさん、まことにお疲れ様でした。

PS.当日の合戦で悔しい思いをした方の日記(動画あり)

miximixiの読めない方は「山田高志日誌」さまをどうぞ

(続きは記事の保存です、当面はリンク先をご覧ください)

 【北京=峯村健司】北京五輪の聖火リレーへの妨害を防ぐため、各地の中国大使館側が旅費を負担するなどして、現地の中国人留学生らを大量動員していたことが関係者の話でわかった。「人間の壁」による妨害対策を指示するなど、対処マニュアルも作成。各地で赤い中国国旗を振っていた「聖火応援隊」は、やはり当局主導だった。

 長野市を走った26日の聖火リレーでは、約5千人の中国人留学生らが日本各地から集まった。東京から参加した複数の留学生によると、前日から夜行バスで向かい、1人2千円の交通費を負担したが、残りの費用は、すべて大使館側が負担してくれたという。

 配られたマニュアルでは、(1)聖火が引き継がれる地点にそれぞれ20人ずつ集まって「人間の壁」をつくり妨害者の進入を防ぐ(2)自分たち以外の大人数の団体を見つけたら責任者に報告する(3)不審な物を発見したらすぐに新聞紙や服で包んで排除する、などと書かれている。

 さらに「体を張って妨害を食い止めてもいいが暴力を振るってはいけない」「大声を出してもいいが、相手を侮辱するような言葉は使わない」など、法律やルールを守るよう呼びかけ、現場でも注意されたという。中国のイメージが損なわれないよう配慮していることがうかがえる。

 関係者によると、パリやロンドンで聖火妨害が相次いだため、各大使館が中国人留学生や華僑を動員し、聖火を防衛することを決めたという。オーストラリアのキャンベラでは1万人以上が、アルゼンチンのブエノスアイレスでも数千人の留学生らが動員された。リレーが通過しなかったカナダやニュージーランドなど15カ所でも、現地中国人による大規模な「北京五輪支持集会」が開かれている。

 24日にあった中国外務省の定例会見で、「中国大使館が費用を負担して現地の中国人を動員しているのか」という記者からの質問に対し、姜瑜副報道局長は「そのような質問をして、どんな意味があるのか」と明言を避けた。

|

« 昭和節! | トップページ | 日本政府はパンダ>>チベット人の命か! »

コメント

あの長野「業火」護送リレーは虫酸が走りました。それに無理して作り笑いをするリレー走者も気の毒でした。あんな中で心から歓迎する気になんぞ誰がなりましょうか。赤いものを見ると気分が悪くなってしまいました。日本に住む中国人はとっとと母国にお引き取り願いたいですな。

投稿: かついち | 2008年4月29日 (火) 20時49分

かついちさん
世界中の人を呆れさせて、日本人には嫌悪感を催させただけの業火リレーって、いったい何のためにやったんでしょうね。
今日ある方と話していたのですが、毒ギョウザ、せい火、と続いたおかげで日本の一般人が中共を見る目が間違いなく変わりました。毒ギョウザで重症になった女の子やシナノ合戦でけがなさった方には申し訳ない言い方ですが、これらで日本人の目が覚めたこと、まことにいいことでした。

投稿: 練馬のんべ | 2008年4月29日 (火) 20時56分

 長野の報道は何を伝えたのでしょう?

 ・中国は何処でも傍若無人であること
 ・日本警察の警備は優秀であること
 ・日本の政府は現在「媚中」であること
 ・留学生と言う名の工作員には気をつけろということ

 でしょうか?

 TBさせていただきます。
 が、一応↓
http://tonogodz.blog70.fc2.com/blog-entry-257.html
 

投稿: tono | 2008年4月30日 (水) 10時46分

 こんにちわ〜。中国政府が、中国人による、中国人民のための、中国式オリンピックを演出している感じですね。中国の面子にかけて成功させようとしているオリンピックが、現在起きている中国の問題を表面化させ、中国自体にダメージを与えています。まさに、「諸刃の刃」状態。皮肉としか思えませんね。
 こんなんだったら、最初からオリンピック候補地として立候補しなければよかったのに(苦笑)

投稿: 紙飛行器 | 2008年4月30日 (水) 17時12分

tonoさま
素晴らしい「せい火リレー」でしたね。まさにせい火とやらが日本も焼き尽くす業火であることが日本中に知れ渡りました。
PS.なんだかTB利かないみたいですねえ…すんません

投稿: 練馬のんべ | 2008年4月30日 (水) 19時20分

紙飛行器さま
>中国政府が、中国人による、中国人民のための、中国式オリンピック
ははは、まことに上手い仰せで(笑)ここの「中国人民」とは、共産党員等の不当利得享受者でしょうね。

投稿: 練馬のんべ | 2008年4月30日 (水) 19時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166239/41028634

この記事へのトラックバック一覧です: 愛国の赤旗 ちょっとひいちゃう(笑):

» 再開十八回目 今俺達がやるべきこと [ネトウヨの呟き 〜気ままにつれづれ〜]
 長野での出来事はかなりショックだった。  よくもまあ、こんだけ警察が、ひいては政府が赤く染まったもんだと呆れた。そんだけ俺たちの国の内部に連中が深く食い込んでるのだろう。  が、これで俺達がやるべきことがわかったような気がする。  のっけから「俺達」なんて勝手に仲間にしてもうしわけないが・・・・・・。  こんなところにまで来てくれてる保守派の皆さん。  あるいは右派の皆さん。  民族派の皆さん。  俺達は国を取り戻す必要があるようです。  左の連中は、暴力革命による「外部からの変革」「外部... [続きを読む]

受信: 2008年4月29日 (火) 20時54分

« 昭和節! | トップページ | 日本政府はパンダ>>チベット人の命か! »