« 善光寺を守れ! | トップページ | 人権擁護法案をたたきつぶそう »

2008年4月20日 (日)

陛下の韓国行幸啓など論外

天皇訪韓には依然、難関 李大統領とご会見へ』(産経)

李明博大統領閣下の訪日を歓迎いたします。

しかし、陛下の韓国行幸啓など、とんでもありません。日韓関係は決して良くありません。さらに、新聞などでも天皇陛下のことを「日王」と書いています。そんな国に陛下が行幸啓なさるなど、許されないことです。

陛下に行幸啓なさって頂くべき国は、日本と関係がよく、陛下を心から歓迎して頂ける国だけです。

(続きは記事の保存です、当面はリンク先をご覧ください)

【ソウル=黒田勝弘】日本を訪れている韓国の李明博(イ・ミヨンバク)大統領は21日、福田康夫首相との日韓首脳会談の後、午後に宮中で天皇・皇后両陛下と会見する。会見では、李大統領の方から儀礼としてあらためて韓国への招きがあるとみられているが、日韓の懸案として残っている天皇訪韓問題は依然、難関が多く、李明博政権下でも実現は不透明だ。

 韓国側からは元首の大統領が日本を公式訪問しているため、その答礼としての天皇陛下の韓国招請が歴代大統領から行われてきた。李大統領も日本メディアとのインタビューで実現に向けての努力を語っている。

 李明博政権は反日色の強かった盧武鉉(ノ・ムヒヨン)前政権とは異なり、日本との関係改善、強化の方針を強調し「過去にとらわれるべきではない」「もう日本に謝罪や反省は求めない」など、未来志向的な日韓関係を目指している。

 しかも大統領選で圧勝し、最近の国会議員選挙でも与党が過半数を占めるなど政権の安定度は高い。韓国世論も歴史を背負った昭和天皇とは異なり、今上陛下には拒否、否定の感情はほとんどない。こうした背景から「政権初期に懸案の天皇訪韓を実現させてはどうか」との声が内外にあるのは事実だ。

 したがってこの問題は基本的には日本側の判断、決断にかかっているが、日本側には「まだ積極的に推進しようという雰囲気はない」(ソウルの外交筋)のが現状だ。

 以前から最大の難関は「安心して訪韓できるのか」「不祥事はないか」という安全問題といわれてきた。その意味で最近の「北朝鮮」をめぐる情勢は大きな障害とみられている。

 拉致問題などを背景に日朝関係は依然、よくないし、韓国との南北関係も北朝鮮は李明博・保守政権の誕生で「逆徒・李明博」などと韓国非難を高め雰囲気は悪化している。こうした状況下では、北朝鮮が韓国世論に対し“天皇訪韓反対”を扇動する可能性は強い。「北朝鮮情勢の安定がない限り天皇訪韓は難しい」(同)というわけだ。

 陛下は日韓共同開催だった2002年サッカーW杯を前に、古代史にさかのぼって「韓国とのゆかり」を語られるなど韓国へのご関心は高い。「『できれば陛下のお心を生かしてさしあげたい』との声が日本側の一部にはある」(同)というが、やはり政治的に情勢はまだ熟していないようだ。

|

« 善光寺を守れ! | トップページ | 人権擁護法案をたたきつぶそう »

コメント

陛下の行幸など時期尚早。陛下がお隣と友好の絆を結びたいというお気持ちは大切にしなければいけないと思いますが、やはり陛下の安全が確かに確保されなければ意味がありません。なんならフクダ総理が行けばいいだけのこと。中国ご訪問の失敗を繰り返して欲しくないですね。

投稿: かついち | 2008年4月21日 (月) 12時08分

かついちさん
そう、あの日本史上最大の恥と言っていい平成4年の天皇皇后両陛下中国ご訪問を繰り返してはなりません。
当時の外相は渡辺美智雄、首相は宮沢喜一、鬼籍には入られた方々なのでいまさら批判しませんが、官房長官は加藤紘一。未だに非を認めないあたり、中共と同じ精神構造をしているようです。

投稿: 練馬のんべ | 2008年4月21日 (月) 20時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166239/40943535

この記事へのトラックバック一覧です: 陛下の韓国行幸啓など論外:

« 善光寺を守れ! | トップページ | 人権擁護法案をたたきつぶそう »