« 「暴動」を捏造する中共(嗤) | トップページ | 入学金未納に罰則は当たり前 »

2008年4月13日 (日)

安倍ご夫妻、GJ!

安倍前首相夫人、昭恵さんがダライ・ラマ14世と会談』(産経)

Akie_darairamaダライ・ラマ14世(左)と握手を交わす安倍晋三前首相の昭恵夫人=10日午後、千葉県成田市内のホテル』

ちょっと旧聞で多くのブログでも取り上げられていますが、のんべも敬意を表す意味で取り上げます。安倍ご夫妻、GJ!

Tibet_flag 安倍前首相は、一応フクダ首相を支える立場、ダライラマ猊下と表だって会見するわけにもいかなかったでしょう。そこで昭恵夫人が代打とは、実に素晴らしい。世界に対し、日本はチベットを決して見捨てていないことを証明しました。安倍夫妻がぎりぎりのところで日本を救った、と言っても言い過ぎではありません。ありがとうございました。

PS.
しかし、せっかく救われた日本ですが、このままではフクダ首相が日本の信用を地に墜とすのは確実です。コキントウ皇帝が来日し、フクダ首相が満面の笑みでおべんちゃらで歓迎、恐れ多くも天皇陛下に宮中晩餐会をさせて乾杯させる。皇太子殿下の北京五輪開会式出席を約束する。世界にその場面が配信される。もう最悪。そうならないように頑張りましょう。

(続きは記事の保存です、当面はリンク先をご覧ください)

 安倍晋三前首相の昭恵夫人は10日午後、訪米途中に日本に立ち寄ったチベット仏教の最高指導者、ダライ・ラマ14世と千葉県成田市のホテルで面会した。昭恵さんは、「チベット人の人権を保護する活動をされていることに敬意を表します。現在のチベットの状況に対し、心から同情している。チベット人の人権が改善されるために、私も努力します」とする安倍氏のメッセージを伝えた。

 一方、政府はチベット騒乱などをめぐり中国が非難するダライ・ラマに対し、「政府関係者が面会する予定はない」(町村信孝官房長官)と接触を避けた。政府が欧米諸国に比べ突出した中国への配慮を示している中で、安倍夫妻がダライ・ラマの人権活動への評価を表明したことには、「日本が人権を軽視する異質な国ではないことを世界に発信する意味で、非常によかった」(外務省筋)との声が出ている。

 昭恵さんによると、安倍氏のメッセージに対し、ダライ・ラマは謝意を表明。チベットでは、漢民族の人口がどんどん増えていることを指摘し、「このまま5年、10年とたてば、チベットはなくなってしまうのではないか。中国はチベットを中国化しようとしていて、チベットの中でチベット人はマイノリティー(少数派)になりつつある状況だ」と述べた。

 また、その上で「チベットの独立を今の時点で要求するつもりはない。チベット人の命や文化、魂を守りたい」と強調。中国政府側と直接対話する考えがあるかに関しては「もちろん、いつでもその用意はある」と語った。日本に望むことについては「(チベットに対する)薬品や医療面での援助がほしい」と話した。

 自民党の太田誠一人権問題等調査会長も同日、ダライ・ラマと会談した。

|

« 「暴動」を捏造する中共(嗤) | トップページ | 入学金未納に罰則は当たり前 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166239/40859164

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍ご夫妻、GJ!:

« 「暴動」を捏造する中共(嗤) | トップページ | 入学金未納に罰則は当たり前 »