« 中共サマがチャイナフリーキャンペーンに参加(笑) | トップページ | 頂点を極めた選手こそが、北京五輪ボイコット宣言をしてほしい »

2008年4月 7日 (月)

聖火リレーは障害物競走(笑)

聖火リレー、妨害次々 ロンドン騒然』(朝日)

Bandeau_gb うーん、さすがはイギリス。ここまでやるのは違法でしょうけど、北京五輪マンセーにしてたまるか、という気分はよくわかります。さながら障害物レース、という朝日の記事には大笑いしました。

明日はフランス。どうなることやら。

血に塗れた北京五輪。どうなることやら。

Tibet_flag チベットに平和を!中共政府はチベット人虐殺だの拉致だのを中止せよ!

(続きは記事の保存です、当面はリンク先をご覧ください)

【ロンドン=土佐茂生】季節はずれの雪が舞うロンドンで6日、北京五輪に向けた聖火リレーが行われた。12年の次の夏季五輪開催地だが、祝福ムードはほとんどなく、開始直後から、リレーを阻もうと沿道から次々と飛び出す人たちを中国からの伴走者や警察官がかわし続ける異様な展開となった。

ロンドンは未明から雪化粧。聖火は午前10時半に西部ウェンブリー・スタジアムをスタートしたが、抗議はその直後から。チベットの旗を掲げた3人と警官隊がもみ合う騒ぎを皮切りに、抗議者たちは聖火を消そうとしたり奪おうとしたり。自転車で突っ込もうとする人や消火器を持ち出す人もいた。

ランナーには中国からの10人あまりの「警備要員」と英国の警官数十人が伴走する物々しさで、断続的に現れる抗議者を阻みながらのリレーはさながら障害物レース。その一方で、北京五輪を支持する中国人らのデモもあり騒然としたイベントになった。

リレー参加者は金メダリストや児童、著名人ら約80人。中華街やトラファルガー広場などを通る約50キロのコースにロンドン警視庁は約2千人を配置して警備にあたった。

警視庁によると、在英や欧州のチベット人や人権団体など少なくとも6団体が、1千人以上を動員する抗議デモを計画。このため最後まで一部区間の走者が公表されない異常事態になった。

ブラウン首相も首相官邸前で聖火ランナーを出迎え。しかし野党や人権団体からは「世界に誤ったメッセージを送る」と批判の声があがった。

聖火リレーは7日、やはり抗議行動が予想されるもう一つの「危険地帯」パリに舞台を移して続けられる。

|

« 中共サマがチャイナフリーキャンペーンに参加(笑) | トップページ | 頂点を極めた選手こそが、北京五輪ボイコット宣言をしてほしい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166239/40792615

この記事へのトラックバック一覧です: 聖火リレーは障害物競走(笑):

» 五輪精神を捨てるか [三四郎の日々]
不参加「辞書から消えたはず」五輪委側が反対声明(読売新聞) - goo ニュース 五輪委連合のバスケスラーニャ会長はチベット弾圧に関連付けた北京五輪ボイコットの動きを明確に否定した。五輪関係者としての立場を考慮しても、人間として到底受け入れ難い発言である。 >同会長は、チベット自治区での暴動と中国政府による鎮圧について、「死者、負傷者が出たことは心から遺憾で、あってはならないことだ。しかし、これは中国が長い間抱えてきた問題で、五輪が解決すべき課題でも、関与すべき問題でもない」と強調した 要する... [続きを読む]

受信: 2008年4月 7日 (月) 00時36分

« 中共サマがチャイナフリーキャンペーンに参加(笑) | トップページ | 頂点を極めた選手こそが、北京五輪ボイコット宣言をしてほしい »