« 中共映画をインチキ報道で大宣伝した反日マスコミを忘れない | トップページ | 天台宗僧侶、チベット問題を生放送で語る! »

2008年4月 5日 (土)

中川(酒)議員はダライラマ猊下と会談すべき

チベット問題で声明発表へ 自民党真保守研』(産経)

遅きに失しましたがやっと真っ当な行動に出るようです。中川(酒)さん、GJ!

Tibet_flag 4月10日にダライ・ラマ猊下が日本に(乗り換えのためとはいえ)いらっしゃるわけですので、声を出すだけではなく、ぜひ猊下を訪問し、会談なさるべきです。中共への相当な圧力になり、世界へのアピールになります。

(続きは記事の保存です、当面はリンク先をご覧ください)

 自民党有志の議連「真・保守政策研究会」(会長・中川昭一元政調会長)は4日、チベット出身の政治学者、ペマ・ギャルポ氏を講師に招き、チベット騒乱をテーマに勉強会を開いた。同研究会は近く中国当局の人権弾圧を憂慮する声明を発表する方針。

 ペマ氏は「騒乱は中国当局の挑発行為により発生した。中国は北京五輪をチベット支配を正当化するために利用している」と主張。

 出席議員からは「チベット問題でしっかりモノを言わないと『欧米と価値観を共有している』という日本外交のスタンスは信用されなくなる」(岩屋毅衆院議員)などの意見が出た。

|

« 中共映画をインチキ報道で大宣伝した反日マスコミを忘れない | トップページ | 天台宗僧侶、チベット問題を生放送で語る! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166239/40770565

この記事へのトラックバック一覧です: 中川(酒)議員はダライラマ猊下と会談すべき:

« 中共映画をインチキ報道で大宣伝した反日マスコミを忘れない | トップページ | 天台宗僧侶、チベット問題を生放送で語る! »