« 毒餃子は日本で混入とアサヒリ | トップページ | 今日は北方領土の日 »

2008年2月 6日 (水)

真心のこもった赤福が楽しみ

「赤福餅」販売再開、開店時に300人の行列』(読売)

食の「偽装」問題の象徴のような赤福。なんでもいいから多く売ればよい、という金儲けの象徴だった赤福。私が伊勢市駅で食べたパサパサで酷く不味い赤福。それはもう去年のこと、忘れましょう。

Akafuku_sekisinkeihuku さあ営業再開。今年からは、真心のこもったしっとり美味しい赤福、嘘偽りとは縁のない正直な赤福、トヨウケさまアマテルさまも喜ばれる赤福になっていることでしょう。いつになるかわかりませんが、今度伊勢に行くのがまことに楽しみです。

(続きは記事の保存です、当面はリンク先をご覧ください)

Takeshima2

消費期限などの偽装問題で営業禁止処分を受けた老舗和菓子メーカー「赤福」が6日、三重県伊勢市内の本店など直営3店舗で約4か月ぶりに看板商品「赤福餅(もち)」の販売を再開した。

 本店では午前5時の開店時に約300人の行列ができ、浜田典保社長が「迷惑をおかけしたことを改めておわびします。再開させていただきます」とあいさつすると、拍手が起き、「頑張れよ」と声があがった。

 店頭には20個入りから2個入りまでの4種類の商品が並んだ。包装紙からは「ほまれの」の文字が消え、箱の中には四季の風景などを描いた「しおり」に代わって、おわびと改善内容を記した紙が入れられた。

 浜田社長は午前6時過ぎに本店前で記者会見し、「大勢に来ていただき感謝している。裏切ることのないよう、緊張感を持って励みたい」と語った。

 一人で110箱を買った三重県松阪市中町、会社員安保和哉さん(39)は「友達や親類を驚かせてやるつもり。これからは偽りなく営業してほしい」と話していた。

|

« 毒餃子は日本で混入とアサヒリ | トップページ | 今日は北方領土の日 »

コメント

伊勢神宮の支社である東京大神宮に新年お参りすると、去年は赤福の振る舞いがありました。福を分けてもらうということで、本当に新年早々縁起良い気持ちがしました。あれも古いものだったかも知れませんが、振る舞いの気持ちは温かいものでしたし、今後、伊勢神宮のお膝元でさらに発展するものと思います。

投稿: 芹田陽子 | 2008年2月 7日 (木) 13時12分

 私は昔からの左党で、甘いモノは見向きもしない質なんですが、赤福は甘いモノの中では、少ない気に入ったモノの中の一つでした。

 「不味い赤福」に当たったことが無かった所為も有るのでしょう、「勿体ない」気持ちが裏目に出たのかな、と思っていましたから、あんまり悪い印象がないんです、寧ろ、気の毒な気がしていました。

 でも一罰百戒と云います、今回の騒ぎは今後の百年の赤福の為の試金石と捉えて、活かして欲しいですね。

 改めて、復帰おめでとう御座います。

投稿: ナポレオン・ソロ | 2008年2月 7日 (木) 18時40分

芹田陽子さま
東京のお伊勢さま、とても洒落たことしていたのですね。ぜひ来年は再開してほしいですね。

投稿: 練馬のんべ | 2008年2月 7日 (木) 20時08分

ナポレオン・ソロさま
去年私が食べたのは相当な外れ、食い物の恨みは怖いもので…(苦笑)
これから誠実で地道な家業としてやってほしいですね。昔から食い物やと屏風は広げると倒れる、といいますから。

投稿: 練馬のんべ | 2008年2月 7日 (木) 20時11分

私も赤福は好きです。
単純に食べられるのはうれしいですね。
これからこのようなことのないように、またマスコミの必要以上な批判などないように。
ただそれだけですね。

投稿: ○○○ | 2008年2月 7日 (木) 22時59分

○○○さま
確かにマスコミは異常な叩き方でした。私は…去年の不味かった恨み…ですが、今度は昔のように美味しい赤福に戻るでしょう、まことに楽しみです。

投稿: 練馬のんべ | 2008年2月 7日 (木) 23時05分

赤福の再開の状況をテレビで見て、安心しました。確かに、賞味期限の改ざんというやってはならないことをしたわけですが、考えて見ると、この間赤福を食べて身体に異常をきたしたという話は全く聞いていません。「もったいない」ということを考えると当然のことであったと言ってもいいのかもしれません。賞味期限についてもっと踏み込んで考え、「もったいない」精神にかなった手法を考えるべきではないでしょうか。私は、食あたりなどと言うことは自分自身で判断できるようにならなければならないとも思います。何でも他人任せの世の中がおかしとも思っています。

投稿: おっさん | 2008年2月 8日 (金) 08時41分

おっさんさま
あの赤福でお腹を壊すとしたらよほどのことですね。巻きなおししたっていいけど、ちゃんとそう表示して安くしてくれないと。パサパサ赤福(我ながらしつこい…不味かったんですよ…)はもう勘弁です。
>「もったいない」ということを考えると当然の
>ことであったと言ってもいいのかもしれません
その通りです。正直に申告して少し安くする、などの方法なら、何の問題もないことでした。
賞味期限ぎりぎり品を正直に申告して安く売るスーパーがとてもはやっているそうですね。

投稿: 練馬のんべ | 2008年2月 8日 (金) 21時56分

某デパートの店員ですが、赤福餅を買いにくるお客さん沢山います。
賞味期限切れ営業再開して店員は肩身が狭そうにしてましたが。最近は賞味期限切れの餅を売ったことを忘れてお客さんも店員も完全復活しています。
私は絶対に御餅買いませんがねー(゚ー゚)v赤福セコイからー

投稿: 赤福店員の赤パンチら | 2008年11月 6日 (木) 14時38分

赤福店員の赤パンチら様

>私は絶対に御餅買いませんがねー(゚ー゚)v赤福セコイからー
そうなんですか…中の人にそう言われると、辛いですね。

投稿: 練馬のんべ | 2008年11月 6日 (木) 22時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166239/40020924

この記事へのトラックバック一覧です: 真心のこもった赤福が楽しみ:

« 毒餃子は日本で混入とアサヒリ | トップページ | 今日は北方領土の日 »