« フクダ首相はどこまで脳天気なんだ… | トップページ | 日本で農薬混入と仰せの朝日ル社説 »

2008年2月29日 (金)

プリンスホテルの苦渋の選択は評価されるべき

プリンスホテル―少し勇気を出したなら』(朝日社説2/28)

プリンスホテルの対応、未だに新聞は叩きます。朝日は再度の社説、さすがにしつこいですねえ。日教組の教研集会をキャンセルした対応、そこまで批判されるべきものでしょうか。私は苦渋の選択をしたプリンスホテルを断固支持します。

『街宣車で騒音をまきちらし、威圧的に走り回れば、集会をつぶせるという悪い前例を残してしまった。』

集会が脅迫にあって一時的に中止される、などごく普通の話でしょう。会場に爆弾を仕掛ける、という電話があれば、脅しに屈せずがんばれ、と言いますか?飛行機に乗ったとき、この荷物には爆弾が入っているとお客が冗談で言ったら、飛行機は離陸しますか?

街宣車を繰り出す「右翼」は、周辺で入学試験が行われることを知っていて、街宣車が来れば試験を妨害できることを知っていたわけです。つまり子供達を人質に取ったのです。会場に爆弾を仕掛ける、という電話並みの脅迫です。それでも「やれ」という裁判所。私には理解できません。文句を言うなら、「右翼」に文句を言うべきで、プリンスホテルに非はありません。

『ホテルに影響があるにしても、悪いのは日教組の集会ではない。』

そんなことはありません。日教組も日教組です。周辺で子供達が試験を受けるのだから騒ぎになったら子供達に迷惑がかかることはわかりきっています。過去の経験上、「右翼」の街宣車が来ることを知らないとは言わせません。集会を行うとき、そんなまわりに迷惑をかける場所でやろうとしますかねえ。言論の自由は保障されるべき。しかし、無制限ではない。人間として当たり前の「配慮」をすべきなこと、議論の余地がありません。

たとえば、リゾート地でオフの時期に集会を行えばいい。それくらいの配慮は当然です。それでホテルが街宣車を理由に裁判所の命令に従わなかったらそれはさすがにおかしいでしょう。

だいたい、普段は「国旗国歌法」を無視して卒業式で歌いたい歌を歌え、などと言っている連中が、他人には法律を守れ、ですからねえ…。また、槇枝元委員長は北朝鮮を理想の国としており、その体質は綿々と引き継がれています。日教組は生徒を人質に取った反社会的集団であり、「右翼」を非難する資格があるとも思えません。

『ホテルが挙げる混乱についても、裁判所は「日教組や警察と十分打ち合わせをすれば、防げる」と判断した。』

逆説的に言えば、プリンスホテルは裁判所の命令に従い集会をやらせる手もあったかも。まず大きな声で「裁判所の命令があり、マスコミも従え、と言っています。とても責任をもてる状況ではありませんが、やむなく従います。混乱が起き周辺に迷惑がかかるのは必定ですが、すべては裁判所と日教組、そしてマスコミに責任を取ってもらいます。」と宣言する。混乱が起きるのは必定ですから、「右翼」が批判され、日教組と裁判所とマスコミは笑い物になります。

もちろん、社会的責任を負った企業にこんなことはできません。書いてみただけ。悪いのは脅迫者たる「右翼」。しかし、無責任を助長する裁判所、マスコミ、日教組に、非がないはずありません。

繰り返します。プリンスホテルが混乱を避けて集会を断ったこと、非難覚悟で苦渋の選択をしたこと、評価されるべきものと思います。

(続きは記事の保存です、当面はリンク先をご覧ください)

PS.真っ当な右翼と、暴力団と変わらない街宣車右翼を一緒にされたくはないので、街宣車右翼を「右翼」と記載しました。なお、のんべは右翼ではなく単なる中道やや右程度の保守派です。

『プリンスホテル―少し勇気を出したなら』(朝日社説2/28)

 「日教組(日本教職員組合)に会場を貸すことはけしからんと知らしめることが一つの目的。我々が迷惑だという理由で貸すのを断念したとしても、それはそれで結果が出た」

 これはある右翼幹部の言葉である。

 東京のグランドプリンスホテル新高輪が日教組に教育研究集会の会場を貸すのを断ったことは、右翼団体の思うつぼだったのだ。街宣車で騒音をまきちらし、威圧的に走り回れば、集会をつぶせるという悪い前例を残してしまった。

 そうしたことをプリンスホテルはいくらかでも反省しているのかと思っていたのだが、そうではなかった。ホテルの社長や親会社の社長が初めて会見し、「ホテル業としての安心安全を考えることも道義的責任」と述べ、会場使用を断ったことの正当性を改めて主張した。

 会場を使わせよ、という裁判所の命令についても、プリンスホテルは「正しいとは思っていない」と述べ、命令を無視したことの非を認めなかった。

 ホテルの周辺に街宣車が押しかければ、泊まり客や結婚式の客だけでなく、周辺地域にも迷惑となる。当日は多くの学校で入学試験が予定されており、道路が封鎖されれば、会場に向かう受験生らが混乱する。それらが、いったん受け付けた予約を取り消した理由だった。

 ホテル側の心配はわからないわけではない。しかし、社会の一員として考えてもらいたいことがある。

 ホテルに影響があるにしても、悪いのは日教組の集会ではない。わがもの顔で走り回る街宣車こそ、批判されるべきものだ。右翼の横暴に屈すれば、集会を開けるところがますます少なくなってしまう。それは健全な社会とはいえない。

 ホテル側は「集会の自由」について「民間に会場提供を強制するものではない」と主張している。そうだとしても、言論や集会の自由とはまったく無関係という顔をしていいのだろうか。

 ホテルが挙げる混乱についても、裁判所は「日教組や警察と十分打ち合わせをすれば、防げる」と判断した。

 世の中の理不尽な行為に対しては、警察の協力を得て、立ち向かう。日本を代表するホテルの一つであればこそ、そうした姿勢を示してほしいと思うのだ。

 ふだんは日教組に辛口な新聞も含め、多くのメディアがプリンスホテルの姿勢を厳しく批判したのも、著名なホテルの社会的責任を重く見てのことだろう。

 驚いたのは、集会参加の教師らの宿泊予約も取り消していたことだ。ホテル側は「会場使用と一体」というが、風紀を乱す恐れがある場合などを除いて宿泊は拒否できない。旅館業法違反の疑いが濃いと厚生労働相が述べたのも当然だ。

 もしプリンスホテルが右翼の横暴に対して少しの勇気を見せたなら、広く社会の共感を呼び、応援する市民や組織も出てくるだろう。それは健全な市民社会に勇気を与えることにもなるはずだ。

|

« フクダ首相はどこまで脳天気なんだ… | トップページ | 日本で農薬混入と仰せの朝日ル社説 »

コメント

全く同感です。このテレビ報道を見ながら全く同じことを女房と話していました。あまりにも嬉しくなってまたまたコメントしました。

投稿: おっさん | 2008年2月29日 (金) 09時58分

本当にそうですね。
ルールを守れない、守らない連中が
どの口で言うのか、憤りを感じます。
彼等は子供達の事など考えていない
というのがよーくわかりました。
自分達のイデオロギーが大事で
自分達の人権だけが大事なのでしょう。
ホテル側にだって断る権利はあるはずです。

投稿: 翡翠 | 2008年2月29日 (金) 11時31分

おっしゃるとおりだと思います!

実はこのニュースの件、幣ブログの記事にすべきかどうか迷ってたました。
同意見の方がいらっしゃってホッとしたところです。

PS:ブックマークの件ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いします!

投稿: takefunky | 2008年2月29日 (金) 14時24分

実は、この件に関しては判断に迷っていました。
でも、今ではハッキリしました。

「朝日が日教組を擁護するなら、プリンス側が正しい!」

逆説的ではありますが、朝日新聞に感謝します(笑)。

投稿: ハーグ竹島 | 2008年2月29日 (金) 19時37分

おっさん様
そうですよねえ。私は庶民、自分の感覚で書いたのですが、裁判所やマスコミの言うことは理解できない…どういう神経しているんですかね。

投稿: 練馬のんべ | 2008年2月29日 (金) 22時48分

翡翠さま
>自分達の人権だけが大事
まさに「人権擁護法案」の世界ですね。

>ホテル側にだって断る権利はあるはず
そう思います。契約不履行でその損害賠償の問題はあるでしょうが…

投稿: 練馬のんべ | 2008年2月29日 (金) 22時50分

takefunkyさま
みなさんのコメントを拝見して、私も常識的な感覚なのかな、と安心しました。
今後ともよろしくお願いします。

投稿: 練馬のんべ | 2008年2月29日 (金) 22時59分

ハーグ竹島さま
>朝日が日教組を擁護するなら、プリンス側が正しい
ははは、まさに仰せの通りですね(笑)

投稿: 練馬のんべ | 2008年2月29日 (金) 23時04分

朝日新聞の人たちは、自分の子供や家族が、当日、ホテルの近くの学校を受験したり、近くの病院に入院したりしていて、迷惑をこうむっても、平気でいられる、ということなのでしょうか。
大きいイベントを開くときは、主催する日教組も、他の人たちに迷惑がかからないように、気を使うべきだと思います。

投稿: 芹田陽子 | 2008年3月 1日 (土) 00時31分

日教組やその取り巻きが、私企業の契約不履行に「憲法違反」を持ち出すとは思ひませんでした。

やはり頭がイカレてる。

↓支那毎も同類です。

http://www.shinmai.co.jp/news/20080203/KT080202ETI090004000022.htm

投稿: 葦原屋 | 2008年3月 1日 (土) 02時29分

芹田さま
日教組の集会は、次回はぜひ朝日ル新聞本社内にあるであろう大会議室でやってほしいですね(笑)

>大きいイベントを開くときは、主催する日教組も、他の人
>たちに迷惑がかからないように、気を使うべきだと思います。
社会の一員として当然の配慮ですね。ですが、自分の人権だけが守られるべき、という団体の典型だから、無理だろうなあ…モンスター教師団体ですから…

投稿: 練馬のんべ | 2008年3月 1日 (土) 07時23分

葦原屋さん
>日教組やその取り巻きが、私企業の契約不履行に
>「憲法違反」を持ち出すとは
呆れるしかありませんね。そんな理屈が通れば、私がブログ荒らしを消したら憲法違反になっちまう(笑)、憲法は公権力に対して適用される、という大原則を知らないのでしょうか。そんな調子で授業やられたらたまったものではありません。

>支那毎
紹介多謝!さすがはシナの毎日、ですね。長野では「シンマイさん」のシェア高いから困ったもんだなあ…

投稿: 練馬のんべ | 2008年3月 1日 (土) 07時32分

私はかねてよりホテル業という民間事業者の判断を政治的に解釈して執拗に責める日教組の姿勢に疑問を感じていました。彼等の「宿敵」右翼団体とやってることは本質的に一緒じゃないかと。
ホテルは日教組とスクラムを組んで右翼と戦えというならそれこそ傲慢、噴飯ものです。

投稿: 三四郎 | 2008年3月 1日 (土) 18時02分

 街宣活動を遣っている右翼は、職業で右翼を遣っている連中で、端に、保守のイメージを貶めるだけのネガティブキャンペーン屋じゃないかと思っているので、決して、日教組とは宿敵同士ではなく、寧ろ、その反対ではないかと、宿泊ホテル付近で我鳴り立てるのは、唯のパフォーマンスだと思っています。

 勿論、中には真正の右翼も居るのでしょうが、彼等は一体何で飯を食っているのか、と云うと、一部の有名人は別として、特定企業からの献金で、とか、総会屋ビジネスで喰っているとか、まことしやかに云われていますが、会社で一度もそんな連中観た事が無いのはどうしてかと常々疑問に思っています、顔も知らない連中から、電話一本懸かってきたから、ナン千万と言う金を振り込む奴は居ないんじゃないかと、それに、そう言う「ビジネス」は厳しく取り締まられている筈です、それこそ、電話一本で警察が動くでしょう。

 日教組は労働団体を超えた活動をして来ました、明らかに政治団体なんですから、集会を開くのなら、警察にも届け出るべきなんでしょうが、ソレが厳しくないのは、団体の解釈が曖昧になっているからです、警察とは同じ公務員と言う面も見逃せません。

 「右翼が圧力を懸けて、それに日教組が耐える」って、まるっきり茶番でしか有りませんワナ。

投稿: ナポレオン・ソロ | 2008年3月 1日 (土) 19時28分

三四郎さま
日教組と街宣車右翼が本質的に同じ、というのは大賛成。街宣車迷惑右翼を真っ当な右翼を一緒にされてはたまらないので、今後「右翼」と書くことにします。

投稿: 練馬のんべ | 2008年3月 1日 (土) 20時31分

ナポレオン・ソロさま
>「右翼が圧力を懸けて、それに日教組が耐える」って、
>まるっきり茶番でしか有りませんワナ。
うん、仰せの通りですね。ヤダヤダ…

投稿: 練馬のんべ | 2008年3月 1日 (土) 20時41分

私もプリンスホテルサイド全面支持ですがねぇ・・・

プリンスホテルサイドにも落ち度あるんですね。
1)一旦はホテルを会場として日教組に使用許可を認めた
2)一旦は日教組幹部の宿泊予約を承ってしまった。
最初から日教組の集会に対して「うちは貸しません」と断固突っぱねればいいものを、一度は許可出しているんですね。
それを後で「日教組の使用は良くない」と判断した為、日教組が怒った・・・
無理も無いでしょうね。
最初からプリンスホテル側が断固拒否していれば、こんなに大問題にならなかったはずなのに・・・・
そこの辺りで「初期対応が拙かった」と言われても仕方ないと思います。

(追記)
昨夜のチャンネル桜でこの件に関し、あのアホバカ集団日教組がプリンスホテル相手に3億円の損害賠償を求めて裁判を起こすそうです。
しかも何故そんなに金額が高いかと言えば「(プリンスホテルに)懲罰的な意味合いもあって高額にした」と。
アホです。

投稿: ひろふみ | 2008年3月15日 (土) 02時40分

ひろふみさん
全くの推測ですが…
おそらく最初は日教組と名乗らずに別名で申し込んだのでしょう。後から日教組の教研集会と判ったけど、その段階で日教組側はプリンスホテル担当者に「今から断ったらどうなるか判っているのだろうね」くらいは言ったのでしょう。担当が困っているうちに時間が過ぎ、最後はトップ判断で断った、ということでは。
いずれにせよ、判った段階で即時に断るべきだったのは言うまでもありません。
懲罰的云々は、日本では認められないはずですが、また裁判官が左巻きでしょうから心配ですね。どう転んでも最高裁まで争うことになるでしょう…

PS.コメントまとめました、ご了解ください。

投稿: 練馬のんべ | 2008年3月15日 (土) 07時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166239/40309081

この記事へのトラックバック一覧です: プリンスホテルの苦渋の選択は評価されるべき:

» プリンスの味方です [三四郎の日々]
プリンスホテルの不使用呼びかけ 連合(朝日新聞) - goo ニュース 連合は先の日教組集会をプリンスホテルが「一方的に拒否した」という理由で、参加の団体に同系列のホテル不使用を呼び掛けたらしい。 連合も民間団体だし、プリンスホテルも民間会社。それぞれに考えがあっていいし、その上で利用するしない、あるいは拒否するもしないも自由だろう。契約不履行は民事上のペナルティを払えばそれで終了する問題。 そもそもホテル側が集会使用を拒否したのは、妨害行為やこれを防止するための警備活動により「他の宿泊客への... [続きを読む]

受信: 2008年3月 1日 (土) 18時03分

« フクダ首相はどこまで脳天気なんだ… | トップページ | 日本で農薬混入と仰せの朝日ル社説 »