« 安倍前首相は拉致問題で再起すべき | トップページ | 新潮の南京事件記事(保存用) »

2007年12月18日 (火)

国会でUFO談義とは、おヒマなことで…

「絶対いる」「未確認」UFOの存在めぐり閣内不一致?』(読売)

うーん…こんなことを民主は国会で大マジメに質問しているのでしょうか…。小学校の学級会なみ。町村官房長官のコメントは記者へのサービスでしょうけど。

UFOがいるのかいないのか私は知りませんが、別に地球を攻撃する様子でもないし拉致被害者がいるとも思えません。仮に反重力船?を操れる宇宙人が攻撃してきたら人間の文明ではひとたまりもないでしょう。

それより、現実に存在する北朝鮮拉致被害者や、中共の原潜の領海侵犯のほうが喫緊直接の脅威。UFO談義を国会でする暇はないはずです。

まあ、それとも民主と自民は国会内でこれくらいの冗談を言い合える仲だから大連立できるよ、とでも言いたいのですかね(笑)

(続きは記事の保存です、当面はリンク先をご覧下さい)

 未確認飛行物体(UFO)の存在をめぐり閣内不一致か?――政府が18日に閣議決定した、山根隆治参院議員(民主)の質問主意書に対する答弁書で、UFOについて「これまで存在を確認していない」としたことをめぐり、閣内の反応が分かれた。

 UFOを信じるとして、答弁書とは異なる立場を示したのは、町村官房長官。

 町村長官は18日夕の記者会見で、「個人的には、UFOは絶対いると思っている」と述べ、記者団の笑いを誘った。その理由について、町村長官は「ナスカ(の地上絵)とか説明できないと思う」とも語った。

 一方、福田首相は同日夜、首相官邸で記者団からUFOの存在を問われると、笑みを浮かべながら、「私はまだ確認してません」と応じ、町村長官とは“不一致”の立場を取った。

|

« 安倍前首相は拉致問題で再起すべき | トップページ | 新潮の南京事件記事(保存用) »

コメント

 私的には「UFOは居るのか居ないのか」と訊かれれば、「勿論、居るでしょう」と答えるしかない。

 しかも、其れが地球外生物とは限らないと云う、「と」学会並のおまけまで付いて居ますが、所詮、人間が現在知り得ている事と未だ知らない事の比率は、コロンブスの時代と然程変わっていないと思っていますから。

 例えば、誰でも知っている重力の伝達は如何にして行われているか、つまり、2つの物体間で重力を伝達するモノとは波なのか、粒子なのか、はたまた電磁波なのか、その伝達速度は幾らなのか、否、そも時間や速度などがあるのか、という問題に未だ人間は答えていません、仮説はあっても検証が為されていません。

 UFOもその類のレベルから出ていない話でしょう、「現象は確かに認められるが、確かな説明や検証が出来ない」という事です。
 
 こんな取り止めの無い話を国会でするのは、唯のジョーク、息抜きだと思って良いのでしょうか、それより、共産シナへ朝貢に出かけた民主党批判はどうしたのでしょうか、幾ら、現自民党のイニシアティブが、守旧派と売国派の手にあり、民主党と然程変わらないとはいえ、一応、独立主権国を標榜する国の政権与党ですから、敵性的な行動をしている国に、国事行為を中断してまで、つまり、国事行為に優先してまで、三跪九叩頭をしに行くと云うのは、「国民の代表として国会議員に有る」事を疑われても仕方がないでしょう。

 何故、もっと大声で非難しないのだろう、福田さんは紳士的であろうとし過ぎて、唯の格好付けの爺ぃに成っている、顔を見ていても、何処かの元「おやま」かなと思う位線が細い、言いがかりを付けられても、小声で精々皮肉を言う位で、生涯一度も殴り合い所か、声を涸らして怒鳴り合った事すら無いように思える。

 こういうのを「頼りない」と云うのだと、この頃偶にしか看ないTVに出ている福田さんを看て、つくづく思います。

投稿: ナポレオン・ソロ | 2007年12月19日 (水) 11時57分

ナポレオン・ソロさま
一杯やりながらUFO談義にふけるのならいいけど、国会の場…多額の国民の税金を使う国権の最高機関…でするもんですかね。

>共産シナへ朝貢に出かけた民主党批判はどうした
そうですね。でも、実はフクダさんも行きたかったのかも…二大政党がどちらも媚中では、日本はお先真っ暗です。

投稿: 練馬のんべ | 2007年12月19日 (水) 19時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166239/17407967

この記事へのトラックバック一覧です: 国会でUFO談義とは、おヒマなことで…:

« 安倍前首相は拉致問題で再起すべき | トップページ | 新潮の南京事件記事(保存用) »