« 偽だの嘘だのとは縁のない日本へ! | トップページ | 初詣は氏神様と靖國へ! »

2007年12月13日 (木)

大嘘つきが大阪知事選出馬とは…

自民に「出馬」、番組では否定 橋下氏「有権者が判断」』(朝日)

うーん、偽だの嘘だのとは縁のない日本へ!と書いたばかりなのに…早速「嘘」の大活躍。この人「20000%ない」とか言っていたのですけど。百分率で20000%ってなんのことかわかりませんが、それを「うそではない」というのでしょうか。弁護士サマに「嘘」という言葉はないのかな。全国の弁護士諸氏もこんな風に思われては迷惑でしょうね。

こんなうそつきを擁立するなんぞ、自民も情けない。私は自民支持…フクダ氏の積極支持ではなく、民主よりはわずかにまし、と思っている程度…ですが、いくらなんでもこれではねえ。

いくらなんでも酷すぎ。きっと落選するでしょう。当然、選挙対策委員長の古賀誠氏は責任を取って詰め腹を切るんでしょうね。それなら災い転じて福だ、かな(笑)

(続きは記事の保存です、当面はリンク先をご覧下さい)

『自民に「出馬」、番組では否定 橋下氏「有権者が判断」』(朝日)

 「うそではないです」

 橋下徹氏は記者会見で、府知事選への立候補の意向を自民党側に伝えておきながら、テレビ番組では「出馬の意思はない」と繰り返し否定したことを問われ、厳しい表情で答えた。

 「法律的な話ですから。解除条件付きですから。(報道された時点で)当初から合意がなかったものと判断した」

 橋下氏によると、今月3日に自民党の古賀誠・選挙対策委員長と堺屋太一氏と東京で会い、知事選への立候補の意欲を伝えた。出演している番組をキャンセルするなどの調整が必要なため、事前に報道で事態が明るみに出れば、会談がなかったことにすることで出席者間で合意したという。

 その2日後、朝日新聞が橋下氏の擁立の動きを報じたことで、番組の調整がつかなくなると判断し、「全部なかったことにした」と話した。

 その後、7日ごろに騒ぎが一段落し、周囲の人に相談を始めた。番組の調整にもめどがついたことから、番組で共演しているやしきたかじん氏らにも相談し、立候補表明に踏み切った。

 会見で答えに詰まったのは、テレビ関係者に迷惑をかけたと繰り返す橋下氏に、「テレビを見た府民に対してはどう思っているのか」との質問が出た時だ。

 「それで……、こいつの言うことは信用できないなと言われれば、それは有権者の判断になる。……そこを覆せるだけの大阪を変えたいという、今からの気持ちを府民にアピールして、翻した部分をご了承していただきたい」と釈明した。

|

« 偽だの嘘だのとは縁のない日本へ! | トップページ | 初詣は氏神様と靖國へ! »

コメント

私は橋下氏の対応は悪くないと思います。
まあマスコミ対策と考えればよくあることです。
そんな程度の事で彼を100%批判するのは大人気ないと思いますよ。
重要なのは政策や実行力です。

大阪の実情は東京の方には良く分からないと思います。
東京のマスコミは大阪の実情を知らずに彼を批判しています。
タブーだらけの東京メディアがどれだけ大阪を報道するのか・・・
幾らクリーンを装っても自治労や同和利権の絡んだ民主党候補に期待できる訳がありませんよ。

投稿: ひろふみ | 2007年12月14日 (金) 21時10分

ひろふみさん
そう思われるのは結構かと。ただ、あのマスコミ対策、はっきり言って下手くそです。有権者のイメージダウンを図ったとしか思えません。偽だの嘘だのに誰もが敏感になっているときに、KYそのものの行動を取るようでは、彼の力量に期待するのは無理ですよ。
大阪の同和利権などは酷いですね。ミンスには渡したくないのは同感。でも、大阪府民の選択によりミンスの悪行が一般に流布してくれれば不幸中の幸いかと。

投稿: 練馬のんべ | 2007年12月14日 (金) 22時18分

 「橋下さんの立候補は時期尚早」是が私の結論です。

 喩え今、知事になっても多分何もできません、あの関前市長でさえ、その職責を賭けて迄、改革を行ったのに、肝心な選挙で敗北してしまいました、原因は組織票が有効に働いたワケですから、投票率の水準の低さでしょう、それに、創価票の減少か。

 大阪で利に聡いのは、何も役人だけではありません、充分に一般人も聡いのです、唯、役人の場合「自分の」と言う副詞が定冠詞の様に付いているが、一般人の場合判断の基準は、広く云えば「社会の為になるカ、ならんカ」ですが、簡単に云えば、その結果が「早く、安く、判り易く」無いと、「善い悪い」は別にして、具体的な答えさえ返ってこないウチにお終いに成ってしまう、反応が全く還ってこない漫才のようなモノに成ります。

 政策を実現するためには、知事の手足となって働く部下=公務員が必要ですが、彼は弁護士ですが、そういう公的な機関に知り合いでもいるのでしょうか、多分居ないと思います、すると、東国原流にやれるかと言うことになりますが、田舎ならまだしも、特に大阪は複雑に絡んだ利権が存在し、敵も複雑怪奇で一つではない、無手勝流で通用するほど甘くはないでしょう。

 然るに、彼は大阪の北野高校の出身だそうで、「大阪の北のドブ」十三のど真ん中で育ったのなら間違いなく大阪人の彼が、そんな、計算が立たん事はしないと思いますがね。

投稿: ナポレオン・ソロ | 2007年12月16日 (日) 23時03分

ナポレオン・ソロさま
大阪市で関氏の選挙応援に池田大作氏が大阪に乗り込んだお陰で反感を買ったという説もありましたね。真偽は知りませんが。

>大阪は複雑に絡んだ利権が存在し、敵も複雑怪奇で一つでは
>ない、無手勝流で通用するほど甘くはない
なるほど、そうでしょうね。

ところで、今更になって350人の「市民」が懲戒請求したそうですね。選挙の妨害してやろう、という意図しか感じられません。でも、「市民」サマ方の意思とは逆効果になりそうな感じもします。どうなることか…

投稿: 練馬のんべ | 2007年12月16日 (日) 23時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166239/17350989

この記事へのトラックバック一覧です: 大嘘つきが大阪知事選出馬とは…:

« 偽だの嘘だのとは縁のない日本へ! | トップページ | 初詣は氏神様と靖國へ! »