« 石油高騰の危機こそ好機 | トップページ | 消石灰が危ないからやめろって、あほくさ… »

2007年11月10日 (土)

温暖化反対で食べ物を無駄にするな

トリュフチョコで巨大地球儀作製 温暖化の現状訴える』(朝日)

こういう馬鹿なパフォーマンス、止めてほしい。温暖化を主張するのなら、それをもっとも進行させるのは「無駄遣い」ということを知らないのでしょうか。こんなの、どう考えても食べ物の無駄遣いです。あーあ、もったいない。それとも後で食べるの?

だいたい、チョコレートの材料のカカオは、年平均20度以上の多湿の環境が必須、温暖化すれば大増産が可能です。チョコレートは融けてもカカオは増えるわけで、温暖化反対のパフォーマンスに向いていません。

無駄遣いをしない、物を大切にする、という心が大切です。その心を持つこと、それが日本人ができる一番の温暖化対策でしょう。

(続きは記事の保存です、当面はリンク先をご覧下さい)

 約3万5000個のトリュフチョコレートで覆われた直径約3メートルの地球儀が9日、大阪市中央区の大手前製菓学院専門学校の学園祭に登場した。

 延べ500人の生徒が1カ月かけて完成させた。テーマは地球温暖化。地球にとって危機的な温度といわれる34~40度でチョコが溶けることに目を付けた。

 色とりどりのチョコが溶け出す様子を想像すれば、温暖化の危機が実感できる仕掛け。製菓学科2年の河瀬恵さん(19)は「この地球儀も地球も長持ちしてほしい」。

|

« 石油高騰の危機こそ好機 | トップページ | 消石灰が危ないからやめろって、あほくさ… »

コメント

溶けなかったら腐るだけやと思いますが…それこそ今流行の偽装・偽造になりかねないよぉ!

投稿: ひろふみ | 2007年11月11日 (日) 02時15分

ひろふみさん
>溶けなかったら腐るだけ…偽装・偽造になりかねない
ははは、仰せの通りですね。

ところで、どうでもいいけど、バレンタインデーまであと3ヶ月ちょい。左巻きのオバサンたちが巨大チョコレートを怨念を込めて贈る相手は誰でしょうか。また食べ物を粗末にするわけですが…
2007年:柳沢厚労相(産む機械)
2006年:中川(酒)農水相(米牛肉輸入解禁)
2005年:安倍官房長官(NHK圧力)
2004年:石破防衛庁長官(自衛隊イラク派遣)
2003年:石原都知事(ババア発言)
(「韓流から我に返る」さんに感謝。http://dobarans.jugem.jp/?eid=400)

投稿: 練馬のんべ | 2007年11月11日 (日) 09時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166239/17031061

この記事へのトラックバック一覧です: 温暖化反対で食べ物を無駄にするな:

« 石油高騰の危機こそ好機 | トップページ | 消石灰が危ないからやめろって、あほくさ… »