« 武「道」で教えるべきは礼と心 | トップページ | 参院選後の政治は子供の喧嘩以下 »

2007年11月26日 (月)

政府は国民の安全を守る策を推進せよ

日本人置き去り成り済まし入国 無謀手口も見極め困難 日中にブローカー組織か』(千葉日報)

ネトウヨのブログ』さんの記事(感謝!)で知ったニュースです。こわー。

最近、不法外国人の入国阻止のため指紋押捺を始めましたが、このような事件は今後も十分に起こりうる話です。置き去りにされた日本女性は助かってまだ幸運でしたが、助かったほうが不思議、グルではないかと疑われるほど。普通なら殺されて発覚すらしません。

不法入国した中国人はそのまま。この日本女性達は、結果的に日本国民への加害者になっています。ウィルスメールの踏み台にされたコンピュータが加害者呼ばわりされるのと同じ理屈です。

対策として、パスポートのICカードに生体認証機能を設け、出入国時の確認を至急行うべきです。銀行ATMでごく普通に使用されている、例えば指や掌の静脈認証、または指紋などです。本来、偽造旅券対策としても行われて当然でした。

生体認証の場合エラーが発生することがありますが、その場合のみ厳密な確認を行えば対応できる話でしょう。指紋と静脈認証の両方登録しておき、静脈認証を基本としてエラーの場合は指紋で行う、などの方法も考えられます。

私にはちょっと思いつかない手口でしたが、テロの専門家から見ればごく当たり前の手口と思われます。当然対策もいろいろあるでしょう。

テロリストが国内に潜伏、と法務大臣が公言しているのです。最近外国人の入国に指紋押捺制度を始めたことは大いなる前進です。これに止まらず、政府はさらに国民を守るための策を推進すべきです。「市民」がわあわあ言うかもしれませんが、安全と水がただでない世の中になっている以上、大多数の国民は納得すると思います。

もちろん、国民も自分を守る努力が必要なこと、言うまでもないことです。

(続きは記事の保存です、当面はリンク先をご覧下さい)

中国籍の女が日本人女性のパスポートをだまし取って中国に置き去りにし、入れ替わりに顔の似た中国人の女を成田空港から不法入国させていた事件が明らかになった。一見無謀な手口だが、入国審査を行う東京入管成田空港支局は「女性の場合、髪型や化粧を似せれば判別しづらい」と見極めの困難さを明かす。県警は日中両国にブローカーがおり、組織的に同様の手口を繰り返していたとみて全容解明を急いでいる。

 同事件で入れ替わり入国を手引きしたとされる中国籍の李惠娟被告(44)=旅券法違反の罪で起訴=は「仕事を手伝ってほしい」と知人の日本人女性三人を誘い、今年四月三日、一緒に成田空港から中国山東省の青島空港へ向かった。

 李被告は青島市内のホテルで三人からパスポートを預かり姿を消すと、二日後、パスポート写真と顔が似ている中国人の女三人を連れて帰国。一方、置き去りにされた日本人女性三人は北京の日本大使館に助けを求めた。

 県警は、二日間で“入れ替え”が完了していることなどから、中国側のブローカーがあらかじめ密航希望者を用意していたとみている。李被告は一九八八年に来日後、一度オーバーステイで強制送還されたが、二〇〇四年に偽造旅券で再来日していた。

◆入国審査パス  
 成田空港に降り立った中国人の女三人は入国審査をパスした。東京入管成田空港支局は「厳しく審査しているが、女性の場合、髪形や化粧を似せれば通過はありえる。日本人と思っている相手に『中国人ですか』とは聞けない…」と話す。
 今月二十日、入国審査で指紋と顔写真の提供を義務付ける改正入管難民法が施行されたが、“日本人”は対象外。この手口では、密航者たちがブラックリストと照合されずに入国してしまう恐れがある。

◆密航費は数百万か
 県警によると、李被告の不正な出入国回数は二〇〇四年以降、少なくとも十二回に及ぶ。今年一月にも日本人女性を香港に置き去りにし、米国ホノルル空港で中国人の女と一緒に上陸拒否されたことが確認されており、同様の手口で不法入国援助が繰り返されてきた可能性は高い。

 この中国人の女は成田空港経由で中国に強制送還されており、途中、東京入管職員に「ブローカーに数百万円払った」などと話したという。

 県警は、国内には就労先のあっせんブローカーがいるとみて詳しく調べているが、不法入国援助や不法就労助長で摘発するには、密航者の特定が必要。日本人に成り済まし、四月に不法入国した中国人の女三人の行方は依然不明だ。

|

« 武「道」で教えるべきは礼と心 | トップページ | 参院選後の政治は子供の喧嘩以下 »

コメント

お世話になります。
ネトウヨのブログの管理人でございます。

拙ブログの記事を取り上げていただき、誠にありがとうございます。

この中国人の事件は、実に恐ろしい話だと思います。今回は発覚して本当によかったと思いますが、現時点でも発覚していないケースが多数あるように思います。
日本政府にももっと抜本的な対策をとってほしいのですが。

投稿: roughnecks | 2007年11月27日 (火) 02時46分

roughnecksさま
国民の生命を脅かす事件(しかも大手マスコミはスルー)を取り上げて頂きありがとうございました。これは少しでも広めないとまずいと思い、当方でも紹介した次第です。
発覚していないケースはきっと多いのでしょうね。観光の日本女性を拉致して売り飛ばし、替え玉を日本に入国させればダブルで稼げる、と思う輩がいないはずがありません。

投稿: 練馬のんべ | 2007年11月27日 (火) 07時28分

関係ないネタで申し訳ありませんが・・・
こんなバカを見つけました。
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/20071124/20071124_025.shtml
富士山五合目でアジビラ配るな、バカ!
折角のハイキング、登山気分ぶち壊しや!
それに500支部で参加者1000人ってのが最大のツッコミどころ。

どうもすみませんでした。

投稿: ひろふみ | 2007年11月28日 (水) 01時26分

ひろふみさん
ははは、確かに富士山にまで遊びに行ってアジビラはほしくないですね。まさにKY。
ときどき神保町交差点でアジビラ配ってますので私は見かけたら必ず貰って笑ってます。

投稿: 練馬のんべ | 2007年11月28日 (水) 18時53分

この記事を見てふと思いましたが、ネットを見ていないごく普通の人は、中国や中国人が危険だという認識が全くないのでしょう。こんな誘いについていってパスポートを渡してしまうなど、中国について少し予備知識があれば、考えられないことです。
日本政府も、国民の安全のために、この辺りの広報活動をすべきじゃないでしょうか。
以前、東京の実家にいたとき、お巡りさんが一軒一軒巡察に来て、「最近この辺りで、中国人によるピッキングが増えていますので、ご注意下さい。」と教えてくれました。こういうときに「外国人」でなく「中国人」と限定すると文句を言う人がいますが、危険を予防するためには、なるべく具体的な詳しい情報を出してほしいですよね。

投稿: milesta | 2007年11月29日 (木) 22時26分

milestaさん
そうですね。中国人にも素敵な人はたくさんいるけど、犯罪者もたくさんいます。どんなに信頼できる相手でもパスポートを渡すのはあまりに不用意。
日本に不法入国している犯罪者も非常に多い、ということは国民によく広報すべきですね。

投稿: 練馬のんべ | 2007年11月29日 (木) 22時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166239/17193246

この記事へのトラックバック一覧です: 政府は国民の安全を守る策を推進せよ:

» 九条の会『すべての小学校区に会をつくり運動を前進させよう』 [ネトウヨのブログ]
 悪名高い九条の会が、小学生を政治利用しようとしているようです。  西日本新聞より転電です。 ソース元:西日本新聞 「9条守る運動全国に」 東京で1000人が交流集会  憲法9条を守ろうと、作家の大江健三郎氏らの呼び掛けで2004年から全国各地に広がった「九条の会」が24日、東京都内で全国交流集会を開き「すべての小学校区に会をつくり運動を前進させよう」とする訴えを採択した。  集会には全国に約6800あるとされる九条の会のうち510の会から約1000人が参加。「地域の新聞に意見広告を出した」「... [続きを読む]

受信: 2007年11月27日 (火) 02時41分

« 武「道」で教えるべきは礼と心 | トップページ | 参院選後の政治は子供の喧嘩以下 »