« うそつきには鉄槌を | トップページ | 体育の日 »

2007年10月 7日 (日)

沖縄を反日サヨクから救おう

NHKドラマ「ちゅらさん」の沖縄言葉を指導した藤木勇人氏は、沖縄三大無責任言葉として「だからよぉ」「であるわけさぁ」「なんでかねぇ」を挙げています。ほとんどこの3語を繰り返すことで相手から何を言われようがはぐらかしてしまう。喧嘩にならないわけです。

それで済んでしまうのがのんびりおおらかな沖縄人。日本人でありながら、日本人らしくない。温暖な気候で自然に恵まれ、食うに困ったら海に潜ればいくらでも美味い魚が捕れ、そこらに生えている雑草のごとき草が実は美味しい、などという南の島ならではの気質でしょう。
(11/11補足:この4行、日本唯一とも言える恵まれた自然環境の中で暮らしている、という趣旨ですが、いささか表現は乱暴でした。下のコメント欄もご覧下さい)

戦争中は鬼畜米軍がやってきました。そして戦後は反日サヨクがやってきて、地方政治と教育を抑えてしまいました。全国から仕事もせず金も持たないサヨクどもが来てものんびりおおらかに迎える沖縄は、軒を貸して母屋を取られ、反日サヨクの牙城になってしまいました。

今回の騒ぎだって、多くの沖縄人は、そんなこと知ったことか、でしょう。でも、何も言えなくされている。

サヨクが来た、沖縄を占拠した、沖縄人を反日集会に強制連行。この文のサヨクを、サヨクが言う「日本軍」にすれば、ぴったり当て嵌まります。要するに、サヨクが捏造した「日本軍」とは、自分らの姿を写しただけ。

沖縄をサヨクから救い出さないと、沖縄の将来、ひいては日本の将来はありません。

PS.サヨクは自分のやっている悪行を「日本軍」に転嫁して大宣伝しています。これは、中共が自軍の行動を「日本軍」に投影した、つまり、シナの歴史的伝統の「虐殺」「破壊」だのを「南京大虐殺」「三光作戦」に転嫁して大宣伝したのと同じ構図です。近隣諸国条項の真似をして沖縄条項を要求してくるのも同じ。中共もサヨクもアサヒる公式HPがドンドン充実!のが得意技。日本人は騙されてはいけません。

|

« うそつきには鉄槌を | トップページ | 体育の日 »

コメント

このブログに同調される沖縄の方のコメントを期待します。大東亜戦争は日露戦争とあいまって、世界史的に見れば、植民地解放の大成果を挙げた事象です。国際連盟の時代はせいぜい60カ国しかなかったのが、国際連合では200カ国ほどの国と地域が加盟しています。日露戦争、大東亜戦争は沖縄の方を含めた日本が世界に誇れる大事業ではないでしょうか。数百万の尊い命を捧げて、植民地解放という成果を挙げたことを忘れたら、連合軍の無差別の空襲で亡くなられた方々を含めた英霊に申しわけが立ちません。私は毎日昔の方々に感謝して生活しています。決して戦争を美化するつもりはありません。真実は真実として認めなければならないということです。

投稿: おっさん | 2007年10月 7日 (日) 21時27分

おっさん様
フォロー有り難うございます。
諸先輩方の命と引き替えに世界史を大きく進めたわけですね。ほんとに有難いことです。

投稿: 練馬のんべ | 2007年10月 7日 (日) 21時52分

先のコメントを少修正させてください。
「沖縄の方を含めた日本が」を「沖縄の方、台湾の方、朝鮮の方を含めた日本が」と
沖縄の方が気になっていて、当時は日本人として闘われた台湾、朝鮮の方々を忘れそうになっていました。

投稿: おっさん | 2007年10月 8日 (月) 13時46分

おっさん様
そうですね。もうすぐ(17日~)靖國神社の秋の例大祭なので、沖縄、朝鮮、台湾の英霊にも祈りを捧げてきます。もちろん、李登輝前台湾総統の亡兄・李登欽さん、日本名「岩里武則」さんにも。

投稿: 練馬のんべ | 2007年10月 8日 (月) 16時07分

TB有り難うございます。
集団自決を扱った番組やニュースを見ますけど、「軍に命令されて自決した」と言ってる人を見たことがありません。
言ってるのはマスコミだけです。
米軍が迫ってきたら自決するようにと手榴弾を渡されたとかです。
多くの人が米軍に捕まって何をされるか分からないことより、自ら自決の道をとるほうが良いと考えていたのではないでしょうか。
この当時の考えを抜きにして、現在の規準で判断する事自体が間違いです。
反日左翼にまだ染まっていない沖縄の人達はその事が分かっていると思います。
冷静に見れば今回の集会は本土からもかなり参加しています。
東京でやる集会を今回は沖縄でやっただけと考えれば、教科書検定がどうのこうのと思わないはずです。

沖縄は日本にとっても自由主義諸国にとっても位置的存在は重要です。沖縄の左翼化は大きな問題ですね。

投稿: まさ | 2007年10月 8日 (月) 23時44分

まささん
どの部分も実に仰せの通りです。特に、現在の基準で判断することが間違い、には激しく賛成。樺太でも、ソ連軍に陵辱されることが必至と考えて親が子供達を自決させた例などごく普通。日本中がそういう「空気」に包まれていたのでしょう。その「空気」が広義の強制、と言い出したらキリがありませんが、多分その空気を作ったのは軍だけではなく日本人全体の問題、とりわけ朝日新聞の功績は大でしょう。

>沖縄は日本にとっても自由主義諸国にとっても位置的存在は重要
シナの太平洋進出を抑え日本のシーレーンを確保し、自由と繁栄を保障する急所中の急所ですね。

投稿: 練馬のんべ | 2007年10月 9日 (火) 05時19分

すみません.たまたまキーワードで引っかかり,通りかかったものです.私は海外に住んでいます.今,以下の,貴方のブログの4行を読んで,とてもびっくりし,同僚にも読んでもらいました.全員一致の意見ですが,これはちょっと沖縄県の方に対して特別な感情(見下した感情)を持ってるんではないですか?日本にそういう人がまだいるとは信じられませんでしたが,そうでないことを願います.

以下,引用:
それで済んでしまうのがのんびりおおらかな沖縄人。日本人でありながら、日本人らしくない。温暖な気候で自然に恵まれ、食うに困ったら海に潜ればいくらでも美味い魚が捕れ、そこらに生えている雑草のごとき草が実は美味しい、などという南の島ならではの気質でしょう。

以上

日本人でありながら,日本人らしくない,という風な考え方は,むしろ世界的に見ても珍しい考え方(受け入れがたい考え方)だと思いますが.つまり,なぜ,国家の一員の行動様式(文化)が,同じでなくてはならないのでしょうか.沖縄の方方が,日本人であると同時に,独特な文化・言葉・価値観を持っているのは歴史的な背景から当然のことです.政治のボーダーと文化のボーダーが一致する必要はないはずです.ここは,日本人らしくない,という言い方ではなく,日本の中でも独特の文化を有する,という表現が一番しっくりくると思います.
どうでしょうか.

一番びっくりしたのは,「雑草・・・」の部分です.この部分は,それ以降の本論をサポートするのに必要だったでしょうか?ブログは,インターネットを通して,世界中に向けてキャストするものです.おそらく,これを見て,愉快に思う沖縄の方方はあまりいないでしょう.ここは,少し気をつけたほうがいいと思います.

投稿: cree | 2007年11月11日 (日) 04時56分

creeさま
ご意見ありがとうございます。

この辺の文章は「美味しんぼ(28巻P150)」(明らかに左巻きのマンガ)が宮古島を描いた「ツナラーの葉…驚いたねえ、こんなのがそこらに勝手に生えているんだから…肴だって白保の海にはたくさんいる…だから俺たちあくせくしないでも暮らしていける…本当の豊かさ」という文章が頭に残っていて記載しています。

また「沖縄は…豊かな環境の島…「働かざるもの食うべからず」という諺がありますが、沖縄にはその諺は当てはまらない」(藤木氏のNHK「日本語なるほど塾」P129)という記述も頭に残っており、そのような趣旨で記載しています。
(なお、両著作とも、原文は今調べ直しました)
「行動様式(文化)が,同じでなくてはならない」とは全く思っていませんが、沖縄以外では日本中殆どどこでも通じる諺である(と思う)以上、文化が異なるのは事実と思います。

日本唯一に近い豊かな自然環境、そこから生まれるのんびりした気質、というような趣旨で記載しています。そしてこのことを早々に見抜いた連中に、沖縄のみなさんが騙されたことを嘆いた文章です。沖縄を貶めよう、という趣旨はありません。

そのようなところはこの文章からは読みとれない、ということでしたらお詫びいたします。

投稿: 練馬のんべ | 2007年11月11日 (日) 08時35分

creeさま
補足。雑草云々、左巻きの書き方をさらに強めたような書き方は、冷静に考えれば確かに失礼ですね。あとで本文に補足します。ご指摘有り難うございました。

投稿: 練馬のんべ | 2007年11月11日 (日) 09時13分

こちらこそ,コメントを汲んでくださり,どうもありがとうございました.

投稿: cree | 2007年11月11日 (日) 19時16分

creeさま
今後ともよろしくお願いします。

投稿: 練馬のんべ | 2007年11月11日 (日) 19時21分

なんかネットに差別があまりにも多いんで、私ほとんどグローバルな商品ばかり買うようにしてるんですよ。車もインターネットのショッピングも、銀行も、そうでないのは家電ぐらいです。家電も中身は外国製ばっかりですけどね。

投稿: 皇室の友 | 2010年1月23日 (土) 00時28分

皇室の友さま
コメント有り難うございました。

投稿: 練馬のんべ | 2010年1月24日 (日) 10時01分

流れ着く椰子のみのごとく、ここに辿り着きました。
沖縄のことを、そこに住む我々のことを
気にかけて頂きありがとうございます。
沖縄では、2つある新聞がどちらも極左であり、左旋回の角度を競い合い、中立的な意見は、掲載しない自由とやらで封殺されてしまいます。
出てくる「識者」なるものは、極左で名高い学者で
「市民」とは、教職員組合や平和団体の構成員。
そんなマスコミが、沖縄のほんとうの姿を本土に発信するわけではありません。
彼らは意図的に、差別を煽り、本土と沖縄の間に溝を作り出そうと画策しています。
私たちは、その行為の後ろに誰がいるのかに気づいているのです。
それに乗せられ、我々沖縄県民をひとから揚げにし、卑下するような論調が本土の保守と呼ばれる方々に見かけられるのが、心から悔しい。
それと美味しんぼのこと・・・
あの漫画の作者はサヨクですよ。
沖縄のごく一部の、それも特異な地域のことを沖縄全域のことのように思われないでくださいね。

投稿: 沖縄県民 | 2011年9月24日 (土) 01時48分

沖縄県民さま

>そんなマスコミが、沖縄のほんとうの姿を本土に
>発信するわけではありません。
>彼らは意図的に、差別を煽り、本土と沖縄の間に
>溝を作り出そうと画策しています。
そのようですね。騙されないようにしないと。

>沖縄のごく一部の、それも特異な地域のことを
>沖縄全域のことのように思われないでください
はい、仰せの通りです。洗脳されていました。

投稿: 練馬のんべ | 2011年9月24日 (土) 18時49分

2012年

朝鮮民主党政権になり経済や外交も最大の不幸ばかり、巨大地震もあり日本人最大の危機をむかえています
北朝鮮のパチンコマネーと南朝鮮カルト宗教と在日電通会長にテレビメディアがおさえられ、

沖縄は極左の島となりました
平和教育のいきすぎで、アメリカ軍をおいだせ と子供達も叫びます
そのあとのことは 

中国軍がシーレーンも制覇し沖縄全土を支配するでしょう

解散総選挙を
隠れ民主党をつぶしましょう
民主党の残党は無所属かみんなの党へ逃げかくれます
民主党はアカの社会党で支配されています
民主党の支持母体は日教組、民団、総連、ソフトバンク、組合、朝鮮やくざ、革まる派

在日幹部、左翼テレビは民主党を守ります

投稿: 沖縄は危険 | 2012年1月 3日 (火) 19時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166239/16686917

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄を反日サヨクから救おう:

» 「人権」無き中国 [博士の独り言]
「中国」は他国を云々できるのか? 米の日系紙で従軍慰安婦報道をめぐる論争 【ワシントン=古森義久】米国カリフォルニア州の伝統ある日系新聞が慰安婦問題について「日本軍の強制徴用ではない」という日本側の見方を紹介したとこ... [続きを読む]

受信: 2007年10月 8日 (月) 01時44分

» 話を聞かない左巻き、未来の読めない総理 [偕楽園血圧日記]
 まったくNHKは何とかならないか。  日曜日の「海外ネットワーク」で日中国交樹立三十五周年を取り上げていたのはいいのだが、ここで「南京大虐殺」のプロパガンダ映画を作った陸川氏を出して、いかにも「客観的に作った」かのごときいいわけを垂れ流させる。これは「まず虐殺... [続きを読む]

受信: 2007年10月 9日 (火) 19時20分

» NYタイムズ「11万人以上の沖縄県民が参加したのは、右傾化が進む日本政府への怒りの表れ」 [ネトウヨのブログ]
 案の定、朝日や特定平和団体の事件化を、NYタイムズがとりあげました。  いつもの捏造の流れですね。  琉球新報をソースとするYAHOO!ニュースより転電です。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071009-00000005-ryu-oki 県民大会参加者の怒り、政府の衝撃報道 NYタイムズ 10月9日16時17分配信 琉球新報  米紙ニューヨーク・タイムズは7日付で「沖縄県民、歴史改ざんに抗議」と題する記事を掲載した。9月29日の「教科書検定意見撤... [続きを読む]

受信: 2007年10月 9日 (火) 23時49分

» 沖縄に荒れ狂ふ「全体主義」の亡霊 [新・へっぽこ時事放談]
今回は、沖縄での集団自決の教科書記述を廻る問題で、実際に沖縄へ取材に行かれた多久善郎氏(日本協議会理事長)のレポートを引用します。沖縄の現状がよく分かるレポートです。 日本会議10周年大会の時にお話しました沖縄教... [続きを読む]

受信: 2007年10月11日 (木) 15時10分

« うそつきには鉄槌を | トップページ | 体育の日 »