« 戦え!福田康夫vs麻生太郎 | トップページ | 9.17から5年、事態は改善せず »

2007年9月16日 (日)

死者に敬意を持たない奴は人に非ず

日本兵遺骨が見世物に トラック環礁』(産経)

Aikokumaru_ikotsu 今日の産経新聞一面トップはこれでした。「博士の独り言」さんなどでも取り上げている話題。(写真は水深45メートルの海底に眠る愛国丸の上甲板に置かれた観光用のプレートと日本兵の遺骨:井上達昭さん撮影)

死者に対して敬意を抱かない、酷いもんです。人間以下、野蛮人とも呼べない人面獣、人非人。ガイドもガイドなら、それで喜ぶ欧米のダイバーもダイバー。

他国のことは言えません。厚労省はトラック環礁での遺骨収集の終結を宣言しているそうです。我々の諸先輩方の遺骨を放置し、見せ物となっている状況を放置している。厚労省も知っていて放置しているなら同罪、知らないなら職務怠慢の税金泥棒です。

他にも人非人はいっぱい居そうですね。この遺骨は靖國に祀られている英霊のもの。諸先輩を貶め靖國を貶める連中もやはり人非人。反日人非人は日本にわんさか闊歩していますね。

日本政府はミクロネシアに対して厳重に抗議をするとともに、世界中の新聞へこの実態を告発する意見広告を出すべき。もちろん、遺骨を引き上げ日本に持ち帰るのは当たり前のことです。

(続きは記事の保存です、当面はリンク先をご覧下さい)

 世界有数のダイビングポイントとして知られるトラック環礁(ミクロネシア連邦チューク州)で、日本兵の遺骨が見せ物にされている-。こんな情報を耳にした国際協力機構の職員が現地に赴き目にしたのは、現地のガイドが沈船の中に眠る遺骨を甲板に並べ、欧米のダイバーを案内してチップを得ているという現実であった。

 連合艦隊泊地であったトラック環礁は昭和19年2月17、18日の両日にわたってアメリカ軍の空襲を受け、艦船43隻が沈められた。戦後、日本政府によって遺骨の一部は引き揚げられたが、大半は船の中に眠ったままだ。

 戦没者慰霊と遺骨収集に関心を持つ国際協力機構の井上達昭さん(41)が休暇を取って現地に入ったのは8月末。

 「私の関心は愛国丸のご遺骨の状態を確認することでした。ガイドに案内されてたどり着いた愛国丸の上甲板には、船の名前を記したプレートが置かれ、その前にご遺骨が並べられていました」

 現地で情報を収集すると、ガイドたちがいくつかの沈船に自分だけの遺骨の隠し場所をつくっていることがわかった。また、ホテルのポスターや沈船観光を手配する旅行会社のホームページには、必ずといってよいほど遺骨の写真が使われていた。

 「ガイドたちは欧米のダイバーをそこに案内し、多めのチップを得ているそうです。さすがに日本人とわかるとそこに誘うことはないようですが」

 沈船を重要な観光資源と考え、遺骨の引き揚げを“墓あばき”と感じるミクロネシア側は、遺骨の持ち出しを固く禁じている。そのため、日本政府が要請し、相手の承認を得ないかぎり、見せ物となっている遺骨に手が出せないのが現状だ。

 「トラック環礁の遺骨の収集については、厚生労働省が終結を宣言しています。予算がつかないというのなら、ボランティアのダイバーを動員するなど、政府には何らかのアクションを起こしてほしい」と、井上さんは話す。そして、自身のできることとして、世界最大のダイバー養成機関「PADI」の機関紙に戦没者と遺族の尊厳を踏みにじる猟奇的なダイバーの趣味を告発する手記を投稿する予定という。

 「女ひとり玉砕の島を行く」の著者であるジャーナリストの笹幸恵さん(32)はこう話す。「遺骨を見せ物にするなんて、ダイバーの良識以前に、人間としての良識の問題。その観点から、遺骨の引き揚げを“墓あばき”と感じるミクロネシア側に、日本政府は粘り強く働きかけて、一刻も早く見せ物にされているご遺骨を引き揚げるべきです」

|

« 戦え!福田康夫vs麻生太郎 | トップページ | 9.17から5年、事態は改善せず »

コメント

福田総理誕生ならまた遠のきそうですね、解決が。

投稿: ひろふみ | 2007年9月23日 (日) 01時33分

ひろふみさん
そうですね。きっと遺族が福田氏に遺骨収集を依頼しても「黙りなさい」、となることでしょう。

投稿: 練馬のんべ | 2007年9月23日 (日) 07時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166239/16463858

この記事へのトラックバック一覧です: 死者に敬意を持たない奴は人に非ず:

» 日本兵の遺骨が見せ物に・・・ [株式会社トクガ - 社長ブログ]
今日の朝刊の一面に「日本兵の遺骨が見せ物に」と、何とも衝撃的な記事が・・・ 読ん... [続きを読む]

受信: 2007年9月16日 (日) 16時49分

» 人倫に悖る [三四郎の日々]
日本兵の遺骨見せ物に トラック環礁 (産経新聞) - goo ニュース ミクロネシアは戦後、米国を受任国とする国連信託統治領であった。独立国となった現在も、経済的には米国に大きく依存している。従って旧日本軍への意識もまた米国の影響を色濃く受けているであろうことは想像に難くない。 しかしこれは、太平洋戦争への考え方や過去史、現在の政治情勢などとは全く別次元の問題である。およそ文明国であれば、どこの世界に死者を見世物にする興行が許される国があるのか。死者への冒涜以外の何物でもなく釈明の余地なしで、人... [続きを読む]

受信: 2007年9月16日 (日) 17時54分

« 戦え!福田康夫vs麻生太郎 | トップページ | 9.17から5年、事態は改善せず »