« 安倍首相は今からでも靖國参拝を | トップページ | JUDOとは縁を切り柔道の心を取り戻せ »

2007年9月18日 (火)

福田氏の「拉致解決」って何だ?

福田氏、拉致解決に意欲 「圧力」必要と麻生氏』(産経)

福田氏が拉致解決に意欲ですか。うそでしょ。日朝国交正常化に意欲、でしょ、

福田氏の解決シナリオは、どうせ、
まず拉致問題:北朝鮮訪問→全員死亡の宣告で「遺骨」が出てくる→家族に渡して「黙れ」と言う→ちゃんちゃん
核・ミサイルは、同じときに将軍サマが「核ミサイル問題はすべて片づいたので心配ない」と言明→ちゃんちゃん
くらいでしょ。そして、我々と我々の子孫の税金を際限なく中共と北朝鮮に注入…福田民主政権になれば必ずや大増税が待っていることを国民は知らないのでしょうか。

麻生氏の言う方が絶対正しい。圧力圧力圧力圧力圧力対話圧力圧力…、くらいでちょうどよい。

これで、ふふ福田氏の総裁選勝利は確定的なんですからね。困ったもんです。

Blue_ribbon_image 北朝鮮は拉致被害者全員を即刻日本に帰国させよ!

(続きは記事の保存です、当面はリンク先をご覧下さい)

 自民党総裁選に出馬した福田康夫元官房長官と麻生太郎幹事長は17日午前、大阪市内で初の地方での街頭演説を行った。福田氏は5年前の17日に当時の小泉純一郎首相が電撃的に北朝鮮を訪問したことに触れ「拉致された方が帰ってきたが、残念ながらその後の進展がない」と指摘。「私の手でこの問題を解決していきたい。拉致被害者が帰国し、核、ミサイル問題が解決すれば国交正常化ができる」と強調、日朝交渉の進展に意欲を示した。

 麻生氏は北朝鮮の核問題をめぐる6カ国協議の交渉が進展しつつあると成果を強調した上で「拉致被害者が取り残されているが(事態が)後退したわけではない」と反論。「対話、対話と言うが、圧力なくして対話が成り立ったことは一度もない。過去の経験則を学ばなければならない」と述べた。両氏は17日午後、高松市で街頭演説を行う。

|

« 安倍首相は今からでも靖國参拝を | トップページ | JUDOとは縁を切り柔道の心を取り戻せ »

コメント

福田「総理」、恐ろしい結末が待ってることは間違いありませんね。残念ながら、福田内閣でも民主党内閣でも日本の国益にかなうことはまずないと考えたほうがいいと思います。
私も麻生氏のように圧力圧力圧力圧力圧力圧力圧力圧力圧力圧力・・・対話・・圧力圧力圧力圧力くらいは必要だと思います。といいますか、拉致で話し合いができないなら6カ国協議離脱、経済制裁強化も辞さずくらいの意気込みで臨んで欲しいと思います。「主張する外交」日本もたまには北朝鮮みたいにだだをこねてみたらどうだろう・・・ってちょっと冗談ぽく言ってみました。

投稿: かついち | 2007年9月18日 (火) 09時55分

かついちさん
福田氏は「ものわかりがいい」ので特亜三国お喜び。こんなオタンコナスを担ごうっていう自民党、もうダメぽ…
日本が北朝鮮みたいにだだっ子になるってのはいいですね。拉致問題解決に協力しないと国連に金出さないぞ!とか。

投稿: 練馬のんべ | 2007年9月18日 (火) 19時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166239/16476964

この記事へのトラックバック一覧です: 福田氏の「拉致解決」って何だ?:

» 広島県高教組休職専従者、連合広島でヤミ専従 [教育正常化推進ネットワーク]
 毎日新聞に掲載されていたものです。いま発売中の「SAPIO」に八木秀次先生が書かれたヤミ専従についての論文が載っています。 ** 県教委:違法専従、処分 高教組執行委員の教諭、連合広島事務局長に /広島 ... [続きを読む]

受信: 2007年9月18日 (火) 09時51分

»  「お前は何を言っているんだ!」 [雨天の日本に虹を架けよ!]
今日から「中国地方」に出張中。 もちろん、「シナ」ではない。 一昨日、業界の運動会に参加した際、オーナーが声をかけてきた。 「君は四国担当だったかね。」 「いえ、中国地方です」 「そうか。だったら、ハルピンに行くのか?」 「・・・・・・・・・・・・・・」 すると、オーナーの周囲にいる取り巻き連中が、 「奉天には行かないの?」 「瀋陽は?」と口々に言い出した。 おもわず、 「http://2chart.fc2web.com/2chart/naniwo.html」 ... [続きを読む]

受信: 2007年9月18日 (火) 15時09分

« 安倍首相は今からでも靖國参拝を | トップページ | JUDOとは縁を切り柔道の心を取り戻せ »