« 重陽の節供 | トップページ | 秋祭り »

2007年9月10日 (月)

安倍首相、気合で靖國公式参拝を

退陣言及、言葉通り受け止めを 安倍首相』(産経)

『安倍晋三首相は10日夜、海上自衛隊の給油活動が継続できない場合の退陣に言及したことについて「職を賭して全力で取り組みたいという気持ちで言った。言葉通り受け止めてほしい」と述べた。』

うーん、よくわかりません。
・生殺与奪の権利をあえて民主に与えて死中に活
・(民主の誰ぞが言ってましたが)民主に反対させて政権担当能力無しを証明
・実は民主は安倍支持なのでよもや退陣には追い込まれまい、という読み
・民主を混乱させようという作戦
・実は疲れ切っていて本気で退陣するつもり
・数日の空白期間の後、衆院で再可決を行って、継続と主張
などなどいくらでも考えられますが、真意不明です。

安倍首相はまだまだすべきことは山とあります。KYだろうが何だろうが、国家百年の計として、今辞めるべきではないでしょう。

ひょっとして、最後の切り札、衆議院で日本国憲法の無効宣言でしょうか。日本国憲法は大日本帝国憲法の改正の形を取っているのですが、明らかに大日本帝国憲法違反。従って、衆議院にてその無効を宣言することができる、という意見は有力です。

まあ真意は全然わかりません。しかし、安倍首相には最後まで頑張ってほしい。これだけ苦戦している以上、いつも言うことですが、まずは開き直って靖國神社公式参拝して反攻に転じてほしいものです。

|

« 重陽の節供 | トップページ | 秋祭り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166239/16407032

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍首相、気合で靖國公式参拝を:

« 重陽の節供 | トップページ | 秋祭り »