« 敗戦の日 | トップページ | 花火 »

2007年8月15日 (水)

敗戦の日に靖國に参拝

今朝、靖國に参りました。

九段下の駅で降りた瞬間、なんとなく空気が重い。去年にはなかったことです。首相が元気に参拝するのと、曖昧に誤魔化すのとの差でしょう。英霊も怒っておいでなのでしょうか。

途中、『外国人参政権に反対する会』『映画「南京の真実(仮称)」政策委員会』『河野談話の白紙撤回を求める市民の会』『北京オリンピックに反対する地方議員と市民の会』『台湾出身戦没者慰霊の会』などがビラ配りを行っていました。のんべとしてはどの団体にも心の中で熱烈応援(河野談話…は協賛ブロガーのはしくれ)です。でも、始業時間が迫っているのでビラを貰うだけで失礼いたしました。

20070815yasukuni_1 神門には日の丸が掲揚されていました。あれ?と思ってよく見ると半旗、それなら納得です。そう、今日は半旗を掲げるべき日です。

20070815yasukuni_2 いよいよ英霊にお参りです。献花を購入して献花台(拝殿向かって左側)に供え、お賽銭をわずかばかりですが投げてお参りいたしました。

「困った連中の跳梁跋扈を許して申し訳有りません。日本をお守り下さい。」と、みなさまの分もお祈りしたつもりです。

本日、安倍首相が参られなかった(と思われる)こと、残念無念です。きっと英霊もお怒りでしょう。のんべは、安倍首相支持の旗を半分くらい引っ込めます。これで秋の大祭に参られないようなら、全面的に引っ込めざる得ません。

|

« 敗戦の日 | トップページ | 花火 »

コメント

のんべさん、

わたしの分、ありがとございました。

「戦後レジームからの脱却」をポリシーに掲げる総理が、敗戦の日、すなわち「戦後」が開始された日に英霊の眠られる靖国神社に参拝されないのでは、その志を疑います。(もしや、こっそりと参拝されている?それじゃあまるでこそ泥ですね・・・。)

秋の大祭に参拝されるとして、それでは総理就任後一年以上参拝されないことになります。総理は毎年一度は参拝されるべきではないでしょうか?
あるいは平沼氏がいわれるように毎日参拝されてもいいでしょう、時間が許せば。

いずれにせよ安倍氏の掲げるポリシーには賛成です。しかしどなたでもその政策を実行されるなら支持します、安倍氏に限ったことではありません。ううむ、しかし残念至極の一日でした。


投稿: マルコおいちゃん | 2007年8月15日 (水) 23時31分

マルコおいちゃんさん
仰せの通りですね。ほんと、がっかり。
今回、安倍首相の掲げる理念を強く応援している支持層が一気に離れたものと思います。絶好の反攻のチャンスだったのに。
英霊も怒るどころか、きっと呆れて、それこそ「空気嫁よ」と思っていらっしゃるに違い有りません。
首相が堂々と参拝なさった去年は25万人、今年は急減して16万人、首相の曖昧戦略はただでさえ苦しい靖國の財政も痛めつけました。

投稿: 練馬のんべ | 2007年8月16日 (木) 05時56分

16万人だったのですか…。
私は近所なので8/15に参拝することに今までこだわったことはありませんでしたが、そんなに人が減ったのならば昨日行けばよかったです。
諸外国に配慮もいいですけど、日本政府として日本という国の為に亡くなられた方への最低限の礼儀は見せて欲しいです。外交問題もあるでしょうが、第一には日本人の為の政府だという事を忘れて欲しくありません。
今年は危うく閣僚が一人も参拝しない前例を作るところでした。高市さんが参拝されてよかったです。

投稿: asayake | 2007年8月16日 (木) 12時52分

 今年意識して、「半旗」が掲げられているかどうかを見ていましたが、高速道路関係は目に入った全ての施設で「半旗」でしたが、消防署や郵便局などかなりの確率で通常の国旗掲揚でした。
 安倍首相の参拝。
 小泉元首相が道を開き、これで定例行事化でき、妙な外交カードからの脱核が出来ると私も結構期待していたのですが、残念でした....。

投稿: 山本大成 | 2007年8月16日 (木) 16時04分

 私も参拝出来ませんでしたが、その分は、のんべさんに託したから良し←ヾ(゚Д゚ )ォィォィ カッテニタクスナヨ!
 私は、13日ですが、福岡県護国神社の「みたままつり」に行ってきました。
 まだ「献灯」の受付やってましたから、それじゃあ!と一灯献上!
 
 8月15日は、如何に最多の英霊が祀られる大東亜戦争に因む日とはいえ、靖國神社創設以来の意義からすれば、例大祭がやはり最重要だと思いますし、祀られているのが一つの戦争の英霊だけではない事を示す為にも良い日でしょう。
 小泉さんは、靖國神社が政争の具に使われているから、いろいろパフォーマンスの挙げ句、対TOKUA対処として8月15日に参拝したのでしょう。
 春には真榊を奉納した安倍さん、もう政界再編に向けて、ぶっ飛び保守内閣を作って、秋の例大祭に参拝でどうでしょうか?

 
 

投稿: tono | 2007年8月16日 (木) 17時00分

 すみません。追記です。
 8月15日は、いつも祝日には屋上の国旗以外に、玄関に大国旗を出す簡易保険局?の建物は玄関に半旗。
 区役所は、かなり下げた半旗。
 いつも国旗を掲揚している某住宅建設会社も半旗でした。
 我が家も半旗。
 ついでに我が愛車も半旗掲揚でした。
 

投稿: tono | 2007年8月16日 (木) 17時08分

asayakeさん
そう、私が参拝したのは朝8時過ぎですが、それほど混雑していませんでした。
安倍首相はよくやっている非常に立派な首相と思いますが、日本の名誉を全く守れないことがあまりに続いています。これでは…
高市さんには唯一ほっとさせられました。

投稿: 練馬のんべ | 2007年8月16日 (木) 20時51分

はじめまして。
かっぱさんと、おtonoさんの弟子で、おしょうと申します。よろしく、お見知りおきくだされ。

>本日、安倍首相が参られなかった(と思われる)こと、残念無念です。きっと英霊もお怒りでしょう。のんべは、安倍首相支持の旗を半分くらい引っ込めます。これで秋の大祭に参られないようなら、全面的に引っ込めざる得ません。

激しく同意です。

また、遊びに来ます。

投稿: おしょう | 2007年8月16日 (木) 20時53分

山本大成さん
なるほど。通常の国旗、というのは情けないなあ…高速道路だけは立派ですね。
安倍首相は優しいのでしょうか。でも、シナに優しくしてどうする。首相たるもの、毅然としてほしいものです。

投稿: 練馬のんべ | 2007年8月16日 (木) 21時03分

tonoさま

>私も参拝出来ませんでしたが、その分は、のんべさんに託したから
ははは、ラジャー!

>13日ですが、福岡県護国神社の「みたままつり」に
>行ってきました。まだ「献灯」の受付やってましたから、
>それじゃあ!と一灯献上!
素晴らしい!

>例大祭がやはり最重要だと思います
それは大いに賛成です。

>小泉さんは…パフォーマンスの挙げ句、対TOKUA対処として8月15日に
そう思います。それが一番国民にもシナ朝鮮にも「わかりやすい」ですから。安倍首相の最大の難点は、非常にわかりにくい、ということです。

>春には真榊を奉納した安倍さん、もう政界再編に向けて、
>ぶっ飛び保守内閣を作って、秋の例大祭に参拝で
ははは、それなら下ろしかけた安倍支持の旗を再び掲げます。

>…我が家も半旗。
うちでは何もしませんでした。当然半旗を掲げるべしと思ってはいたのですが全く理解してもらえないかと思いまして…ちょっと弱気だったかな(苦笑)

投稿: 練馬のんべ | 2007年8月16日 (木) 21時15分

おしょうさま
ご訪問頂きありがとうございます。tonoさん、かっぱさんにはいつもお世話になってます。今後ともよろしく。
再度、本ブログにて安倍支持の旗を再度気分よく掲げられればいいのですけど、望み薄のような気がしています。

投稿: 練馬のんべ | 2007年8月16日 (木) 21時18分

のんべさん 

私の分もありがとうございました。


安倍総理にはもどかしさでいっぱいではございますが
今は、もう少し様子をみることにします。

投稿: ことだま | 2007年8月16日 (木) 22時49分

ことだまさん
安倍首相に対するストレスがピークに達している人が多そうですね(私も)。私は半分くらい支持の旗を引っ込めたのですが、逆に言えばまだ半分は見せています(半旗ではありません)。再び堂々と見せられる日を待ってます。

投稿: 練馬のんべ | 2007年8月16日 (木) 23時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166239/16126852

この記事へのトラックバック一覧です: 敗戦の日に靖國に参拝:

» 感謝と恩返し [雨天の日本に虹を架けよ!]
携帯電話のアラーム音で目を覚ます。 ぼ〜っとしている。 体がねちゃねちゃする上、臭い! これが噂の加齢臭か? どうやら汗とアルコールと少々の涙が混ざり合って数時間後に発する、通称「憂國談義の翌朝」という臭いだ(苦笑) しのぶさん、今度「学会」で発表してもいいからね。 「学会」と言っても「創価学会」ではないので、念のため(笑) 昨夜は時間を忘れて飲んだ。 愉快な話、勉強になる話、心に染み入る話・・・・・・ 途中、感極まって落涙した。 いかついおっさんが涙... [続きを読む]

受信: 2007年8月16日 (木) 00時53分

»  「終戦の日」の国旗は、「半旗」が作法。(正式呼称は『戦歿者を追悼し平和を祈念する日』:「終戦記念日」ではありません!) [山本大成 「かわら屋の雑記帳」]
 毎年この時期に思うのは、何故この時期に「終戦の日」があるのか?という不思議さです。  一年中で一番暑いこの時期、そして亡くなられた祖先の霊が帰ってくると言われているこの「お盆」の時期に、偶然か?必然か?「終戦の日」がやってきます。  もはや「終戦の日」が、別の季節にある状況など到底考えられないくらいにぴったり填り、日本の一つの風物詩と言っても良いくらいに年中行事としてとけ込んでいます。  私自身、かつての大戦を自分の身の回りに実際に起こったこととして認識でき、靖国神社や戦没者のことなどを「情」の世... [続きを読む]

受信: 2007年8月16日 (木) 15時54分

« 敗戦の日 | トップページ | 花火 »