« 安倍首相、インド国会で実に立派な演説 | トップページ | 朝日の隠蔽工作記事→よーく見たら見落としでした、失礼しました »

2007年8月26日 (日)

中共の環境汚染は多国籍企業が悪い?!

日系も「汚染企業」中国各紙、外資100社を批判』(産経)

中共は、他人に責任を押しつけたり、他の国も悪いことやっている、と騒ぎ立ててみたりするのが得意技。今度、中共の環境汚染は多国籍企業のせいにしてくれました(笑)

多国籍企業は、抗議の意味で中共から一斉に引き上げたらいいんじゃないですかね。

>「中国は世界の工場のゴミ処理場ではない」
笑えないけど笑うしかありません。
地球は中国のゴミ捨て場、が正しいでしょう。世界の空気も海も中共の環境汚染のお陰でおかしくなっているのに、よくもまあこんなことぬけぬけと書くものです…


(続きは記事の保存です、当面はリンク先をご覧下さい)

 【北京=野口東秀】中国共産党機関紙、人民日報など中国各紙は25日までに、北京の環境NGO(民間活動団体)「公衆環境研究センター」が公表した「環境汚染企業ブラックリスト」をもとに、外資系企業が汚染物質を垂れ流しており、道徳心が欠如しているなどとする批判記事を掲載した。同リストの「汚染企業」には、日系も含む外資系企業100社が列挙されている。

 24日付の人民日報は、「多国籍企業の環境責任はどこに行った」と題し、「これら企業は、自国では環境基準を守っているのに、中国に進出したとたん、環境基準を守る能力があるのに(故意に)守らず、二重基準だ」などと批判した。

 上海紙の解放日報も同じく、「中国の環境保護水準が低いのは認める。国内企業の環境意識も低い。しかし、多国籍企業が、環境基準を守らない理由にはならない」などと非難、他紙も「中国は世界の工場のゴミ処理場ではない」と批判している。

 「汚染企業」にリストアップされたのは中国国内企業がほとんどだが、電子、化学工業、機械、食品系など外資系企業も100社を超え、日系は40社弱。ほかは米国、欧州の企業が占めている。

 米系では、清涼飲料大手「ペプシコ」、化学大手「スリー・エム(3M)」、自動車大手「ゼネラル・モーターズ」など。日系では、「花王」「吉野家」、「松下」「日清」系列などの企業が明記されている。リストに挙げられた「味の素」系列の会社の中国人元社員は、本紙の取材に「環境保護の基準順守に、同社は厳格だった。問題があっても、数値の問題で(中国企業に比べると)小さな問題ではないか」と話している。

|

« 安倍首相、インド国会で実に立派な演説 | トップページ | 朝日の隠蔽工作記事→よーく見たら見落としでした、失礼しました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166239/16240677

この記事へのトラックバック一覧です: 中共の環境汚染は多国籍企業が悪い?!:

« 安倍首相、インド国会で実に立派な演説 | トップページ | 朝日の隠蔽工作記事→よーく見たら見落としでした、失礼しました »