« 今日は九人の乙女の命日 | トップページ | やっぱり面白い社説読みクラーベ »

2007年8月23日 (木)

安倍首相、パル博士の長男を訪問

訪印の首相、東京裁判・パル判事の長男と面談』(読売)

Nichi_in_kokki 素晴らしい。パル博士こそは東京裁判が単なる復讐劇に過ぎないことを判事としてただ一人主張なさった方。いわゆる「A級戦犯」の孫である安倍首相がパル博士の長男を訪問なさったこと、実に意義深いことと思います。

Yasukuni_pal パル博士の判決文より

時が熱狂と偏見とを
やわらげた暁には
また理性が虚偽から
その仮面を剥ぎ取った暁には
その時こそ正義の女神は
その秤の平衡を保ちながら
過去の賞罰の多くに
そのところを変えることを
要求するであろう。
(写真は靖國神社の石碑)

瑞穂弁護士曰く「東京裁判は無効だと言うための政治的プロパガンダだ」…はっはっは、嗤うしかありません。社会党の大先輩である堤ツルヨ衆議院議員が、『戦犯の遺族は国家の補償も受けられないでいる。しかも、その英霊は靖國神社の中にさえも入れてもらえない!』と熱弁をふるったことは当然ご存じでしょうに…

PS.のんべは夏バテにやられました。しばらく更新の頻度が落ちそうですがご勘弁を。

(続きは記事の保存です、当面はリンク先をご覧下さい)

 【コルカタ(インド東部)=中沢謙介】安倍首相は23日午前(日本時間23日午後)、日本の首相として初めてコルカタを公式訪問し、同市内のホテルで、第二次大戦後の極東国際軍事裁判(東京裁判)のインド代表判事を務めたパル判事の長男、プロシャント・パルさん(81)と面会した。

 首相は「お父様は、今も多くの日本人の尊敬を集めている」と述べ、判事団でただ一人、被告全員の無罪を主張したパル判事への敬意を伝えた。

 同判事は東京裁判後も3度来日し、亡くなる前年の1966年にはパルさんも同行、首相の祖父、岸信介元首相と親交を深めた。パルさんは当時の写真を手に「首相も岸さん同様、日印関係発展に尽くされると確信する」などと語った。

 今回の面会は、「東京裁判は無効だと言うための政治的プロパガンダだ」(社民党の福島党首)との批判もあったが、同行筋によると、双方とも歴史認識への言及はなかったという。

 首相は同市内でその後、戦前の日本政府の支援も受けてインド独立運動を主導したチャンドラ・ボースの記念館を訪れ、両国の因縁に思いをはせていた。

|

« 今日は九人の乙女の命日 | トップページ | やっぱり面白い社説読みクラーベ »

コメント

あらら~夏バテですか~お大事にしてくださいね。

それにしても、マスコミの扱い方がハッキリしてますよね~。

安部総理は就任後、インドに一番先に行くべきだったのですよね~。。。
初外遊だったらもっとインパクトがあったでしょう。負け戦のあとでは、印象が。。。

投稿: ことだま | 2007年8月23日 (木) 22時10分

ことだまさん
ありがとうございます。まあのんびりします。

確かに安倍首相が最初に訪問すべきはインドでした。この際だから、台湾に寄ってくればいいのに。

投稿: 練馬のんべ | 2007年8月23日 (木) 22時20分

みずぽタン、惜しい!
「東京裁判は、政治的プロパガンダ」なら大正解だったのに。

ラニーニャ現象の影響で来月も猛暑だそうです。
練馬のんべさん初め読者の方々、くれぐれも、ご自愛を。

投稿: ハーグ竹島 | 2007年8月24日 (金) 08時35分

やることなすことすべてが裏目に出ている感がある安倍総理。今回、インドを訪問して、パール判事のご長男と懇談したことは非常によかったのではないかと思います。今までの総理は東京裁判に関係した方もしくは遺族の方に面会などしたことがなく、安倍総理が初めて面会したということだけでも、これが総理の言う「戦後レジームからの脱却」の行動の一つの表れではないかと思います。

投稿: かついち | 2007年8月24日 (金) 08時55分

のんべさん、
まだ暑いのですか?こっちはもう完全に秋の気配です。
さて今日の読売は、「日米豪が来月8日、初の首脳会談へ…対中朝・安保で連携」という記事をあげています。今回の各国歴訪とタイミングのあったグッド・ニュースです。
安倍総理は目立たずひっそりと足場を固めるのがお得意のようです。

投稿: マルコおいちゃん | 2007年8月24日 (金) 18時34分

ハーグ竹島さん
お気遣い有り難うございます。
>みずぽタン…「東京裁判は、政治的プロパガンダ」
確かにそう言っていればみずほちゃんの株は一変したのに、残念ですね(笑)

投稿: 練馬のんべ | 2007年8月24日 (金) 21時33分

かついちさん
今までの首相は何をやっていたのですかね。情けない。安倍首相がシナやら左巻きやらに配慮するときは必ず(失礼ながら)行動が間が抜けてしまうので、今回のように自分の信念を貫けば多くの国民は支持するでしょうに…

投稿: 練馬のんべ | 2007年8月24日 (金) 21時36分

マルコおいちゃんさん
暑いですよ…いい加減にしてほしいのですけどね。そう思ってさっきまで「いいかげん」というそば屋で一杯やってました(笑)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20070824i501.htm
この記事ですね、教えて頂き有り難うございます。うん、これはGJ、コキントウ君は苦虫か段ボールをかみつぶしだろうなあ(笑)

投稿: 練馬のんべ | 2007年8月24日 (金) 21時39分

まだまだ、内地は蒸し暑い日が続く模様です。 兎に角、水をがぶ飲みし、バテを防いで下さい。
さて、総理がインド訪問とパール氏面会を実行し、一安心しました。一歩後退二歩前進で、政策実行に相まって靖国神社に参拝して頂きたいものです。 周辺諸国牽制の為、3軍+海保整備、憲法や防諜・情報保全法規整備、など喫近の課題を粛粛と処理して頂きたいものです。

投稿: アル中やもめ | 2007年8月24日 (金) 22時04分

アル中やもめさん
ビールをがぶ飲み、といきたいけどそれは夏バテ悪化確実ですね(苦笑)
>一歩後退二歩前進で、政策実行に相まって靖国神社に参拝して頂きたい
おおいに賛成!帰国したら内閣改造ですが、新閣僚全員を引き連れて靖國参拝、を期待しましょう。

投稿: 練馬のんべ | 2007年8月24日 (金) 22時17分

 パル博士の長男訪問にも大きな意義を感じましたが(日本国内向け)、チャンドラ・ボース氏の記念館への訪問、対インド外交上画期的な一手だともいました。
 インド国民に、インド独立への日本の支援を思い起こさせ、昨日今日始まったのではない日印のつながりを示すことが出来たのではないでしょうか。(現地でどんな報道になっているのかよく解りませんが?)
 事なかれでその場対応であった日本外交が、大きく変わりつつあるのを感じます!

投稿: 山本大成 | 2007年8月25日 (土) 08時37分

山本大成さま
仰せの通りと思います。ただ、外務省は旧態然の感じ。有能な若手は多いのだからチャイナスクールを全滅させるべきですね。

投稿: 練馬のんべ | 2007年8月25日 (土) 09時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166239/16215661

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍首相、パル博士の長男を訪問:

« 今日は九人の乙女の命日 | トップページ | やっぱり面白い社説読みクラーベ »