« 8月15日には終戦せず | トップページ | 今日は九人の乙女の命日 »

2007年8月19日 (日)

勤務終了後の巡査が自殺志願者を救助

自殺しようと男性線路に 帰宅中の巡査が救助 東神奈川』(朝日)

『18日午前11時50分ごろ、横浜市神奈川区東神奈川1丁目のJR東神奈川駅で、横浜市中区の無職男性(69)が自殺しようと線路に飛び込んだところ、ホームに居合わせた神奈川県警緑署地域課の巡査(30)が気づいて線路に下り、男性をホーム下に避難させた。京浜東北線の普通電車が入ってくるところだったが、約50メートル手前で緊急停車。2人にけがはなかった。

 県警によると、巡査は駅員に緊急停止ボタンを押すよう伝えたうえで、「死なせてくれ」と抵抗する男性を抱きかかえて避難。男性は「生活ができず死のうと思ったが、助けてもらってよかった」と話しているという。巡査は交番の当直勤務が終わって帰宅途中だった。

(8/19朝補記:巡査のお名前は下田憲司さん、産経毎日に掲載された続報にて確認)』

先日の故・宮本警部を彷彿させる快挙、大手柄、お見事。

0704240005_2 きっと、宮本警部を始めとした多くの殉職なさった警察官諸氏が、下田巡査に力を与えてくれたのでしょう。(写真は殉職警察官を祀る弥生慰霊堂)

Hinomaru下田巡査、故・宮本警部、そしてすべての勇気ある警察官のみなさまに、最敬礼!

また、本記事をいち早く掲載した朝日新聞さん、GJ!、普段は批判ばかりだけど今回ばかりは感謝。

|

« 8月15日には終戦せず | トップページ | 今日は九人の乙女の命日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166239/16160474

この記事へのトラックバック一覧です: 勤務終了後の巡査が自殺志願者を救助:

« 8月15日には終戦せず | トップページ | 今日は九人の乙女の命日 »