« 中山恭子さんの当確を祝う | トップページ | 相変わらず社説は紙面の取りすぎ »

2007年7月29日 (日)

「家族がいちばん」政権を期待

見事な自民惨敗の様相。あれだけ安倍足引っ張り隊が活躍すれば、やむを得ないことでしょう。

そして、公明も惨敗らしい。まさに、自民・公明連立政権のが惨敗。もはや創価学会が集票マシンとして役に立たないことが判明しました。自民の方々も目が覚めたのではないでしょうか。

ぜひ、自民は公明との連立を中止し、自民内部の媚中勢力を切り、民主の中に埋もれている憂国派議員を引き込めれば、これ以上いい結果はありません。

Hinomaruこの敗戦を奇貨として、日本人の先祖から子孫へのつながりを大切にする、伝統と文化を大切にする、そして日本を大切にするという政策を行う政権、あえて自ブログの名前を付けてみますが、「家族がいちばん」政権に生まれ変わることを期待します。

Yasukuni_asa_2 まずその第一歩は、靖国参拝ではないかと考えます。ぜひ明日にでも参拝して頂きたい。我々の諸先輩に敬意を表すること、その姿を国民に見せることが、信頼回復への道かと思います。

|

« 中山恭子さんの当確を祝う | トップページ | 相変わらず社説は紙面の取りすぎ »

コメント

考えようによれば、「政界大再編の足がかりをつかめた」とも思えませんか?
そうなると民主党大ピンチ?
ついでにマスコミの正体も・・・

投稿: ひろふみ | 2007年7月29日 (日) 23時51分

ひろふみさん
ぜひそうなってほしいものです。ヌエみたいな怪しげな自民ではなく、しっかりした保守政党に生まれ変わってほしい。
そうなれば民主もぐちゃぐちゃになるから、しっかりした(反日ではなく真っ当な)リベラルになってほしい。
日本を大切にする、ということに、保守もリベラルもないはずです。

昔から、勝ったときこそ最大のピンチ、負けたときこそ最大のチャンスです。今回、安倍政権は負けました。安倍首相の初心に戻るために、これ以上のチャンスはありません。

投稿: 練馬のんべ | 2007年7月30日 (月) 00時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166239/15942129

この記事へのトラックバック一覧です: 「家族がいちばん」政権を期待:

» 参院選に思う [三四郎の日々]
民主・菅氏、首相続投を批判=共、社は退陣求める (時事通信) - goo ニュース 大方予想されたこととはいえ、結果は自民党大敗、民主党独り勝ち。しかし選挙戦の経過をみると、きちんと政策論争がなされ、マニフェストが検証されたうえで、国民が判断したとは言い難い。それをすべきマスコミは実際のところ、閣僚の言葉狩りやスキャンダル探しに血道をあげていた。同じような失言をしても与党議員、閣僚であれば針小棒大に追求し、野党議員であればほとんどスルー。麻生外相の「アルツハイマー」発言は批判するが、田中真紀子氏が... [続きを読む]

受信: 2007年7月30日 (月) 09時50分

» 保守大敗の戦犯たちを糾す【選挙終了に伴い全面改訂】←続「国家こそ,第一」 [雅子皇太子妃殿下そして皇太子(東宮)御一家を憂う]
自民党大敗,民主党大勝…これが現実とは信じたくない選挙結果だ. 落胆と怒りと将来の不安に私は襲われている. 敗北したのは自民党・公明党だけではない. 維新政党・新風も,私たちが軽蔑する9条ネットにさえ敗れる超大惨敗だった. そしてそれらは支持者たちの敗北でもある. つまり今度の選挙は,きわめて悔しいが, 反日の勝利であり, 保守の敗北であ る. と認めざるを得ない. もちろん決着がついたわけではないが. その戦犯を以下に列記した. 1.反日の本心を隠し耳に心地よい言葉で国民を篭絡した民主党 2.ヒス... [続きを読む]

受信: 2007年8月 3日 (金) 17時01分

« 中山恭子さんの当確を祝う | トップページ | 相変わらず社説は紙面の取りすぎ »