« 新聞仲良し社説は「しょうもない」 | トップページ | 人民日報の社説? »

2007年7月 4日 (水)

アメリカの本音が見える特使発言

米特使、「原爆使用が何百万人もの日本人の命救った」』(朝日)

小池防衛相就任 原爆投下「人類にとって全くの挑戦」』(朝日)

アメリカの核不拡散問題特使、まるでシナ元皇帝・江沢民なみのトンデモ発言。そう思っている連中はアメリカに多いのでしょうね。いつものことながら不愉快千万。もし911が原爆でも、同じ発言が出来たのでしょうか。

アメリカの核の傘の下にいることはまことに残念だけど、今はしょうがない。

日本は被爆国。二度と核を落とされないようにすべきです。そのためには、なんとしても自前の核か、それ以上の強力防衛兵器を持たなければなりません。

小池新防衛大臣は日本を守るために、まずは非核4原則(持たず作らず持ち込ませず議論せず)を完全廃棄するように努力なさってほしいものと思います。

(続きは記事の保存です、当面はリンク先をご覧下さい)

『米特使、「原爆使用が何百万人もの日本人の命救った」』(朝日)

 米政府のロバート・ジョセフ核不拡散問題特使(前国務次官)は3日の記者会見で、広島・長崎への原爆投下について「原爆の使用が終戦をもたらし、連合国側の万単位の人命だけでなく、文字通り、何百万人もの日本人の命を救ったという点では、ほとんどの歴史家の見解は一致する」と語った。

 米国とロシアの核軍縮枠組みづくりに関する会見での発言で、久間前防衛相の発言問題と直接絡んだものではない。ジョセフ氏は、「原爆を使用した米国が核不拡散について訴える道義的な根拠があるのか」との質問に対し、「米国は核不拡散で指導的立場に立ってきた」などとかわした。

 米国の歴史学者の間では、原爆使用と終戦の因果関係は必ずしも明確ではない、という学説が有力だ。だが、特使発言のような見方は、保守派を中心に米国内でなお根強い。米政府はこれまで原爆使用について謝罪したことはなく、ジョセフ氏もこれまでの流れに沿って原爆投下の正当化論を繰り返したものとみられる。

--------------------------

『小池防衛相就任 原爆投下「人類にとって全くの挑戦」』(朝日)

 小池百合子首相補佐官が4日、女性初となる防衛相に就任し、防衛省で記者会見した。久間前防衛相が原爆投下を「しょうがない」と発言したことについて小池氏は「日本が核廃絶の旗振りをし、核不拡散でリード役を務めるうえで、『しょうがない』と言えば、そこで終わってしまう」と批判。原爆投下の評価については「人類にとって全くの挑戦で、人道的に認められないことは明らかだ」と語り、被爆国としての立場を強調した。

 また、米政府のロバート・ジョセフ核不拡散問題特使(前国務次官)が「原爆が終戦をもたらし、何百万人もの日本人の命を救った」と発言したことについて「ジョセフ氏は前から言っているので目新しいとは思わない」と指摘。そのうえで「米国もイラン問題などで核拡散が脅威をもたらすことをよく認識している」と米国政府の立場に理解を示す一方、ジョセフ氏の発言に関しては「日本の見解とは異なる」と語った。

 ただ、日本の見解を米国に主張するかどうかについては「米国は日本の立場を重々承知のうえで、米国の戦術の観点から分析している。日本が原爆の悲惨さを様々な場面でアピールする積み重ねが大事だ」と述べるにとどまった。

 「初めての女性ということで、これまでになかったオンリーワン大臣をめざしたい」。辞任した久間前防衛相の後を受けて就任した小池防衛相が4日夕、防衛省で記者会見した。

 小池氏は4日午後、防衛省で儀仗(ぎじょう)隊による栄誉礼を受け、防衛省職員や自衛官に訓示し、「我が国の防衛に全身全霊で取り組むことを固く誓う」と決意を語った。当初の原稿には「初の女性防衛相として」という下りがあったが、訓示ではその部分を削った。

 小池氏は会見で「こちらからあまり女性を強調しても意味がない。国民からすれば『男性であれ、女性であれ、防衛相は国をしっかり守ってよ』という気持ちが先にくるのではないか」と話した。

 また「年金、医療、介護などはソーシャル・セキュリティー。安全保障も安全、財産にかかわってくるセキュリティーだ」と強調。「国家の安全保障の根幹を担う防衛省・自衛隊の長としてしっかりとやっていきたい」と抱負を語った。

 また、小池氏はかつて沖縄担当相として培った沖縄とのパイプを強調。地元との協議が膠着(こうちゃく)状態となっている米軍普天間飛行場移設問題について、「潤滑油のような役割ができるようにしたい。地元の理解を得ながら、負担の軽減が実現できるように努力したい」と語った。

|

« 新聞仲良し社説は「しょうもない」 | トップページ | 人民日報の社説? »

コメント

今高校の参考書【日本史B】を見ていたら、「創始改名の強要」「従軍慰安婦の存在(「女子挺身隊」として)、日本各地への朝鮮人の強制連行・・・などと書いてありました。
私には何処から何処までが事実なのか疑わしくて、近代史をやりたくなくなってきました。
(高校の参考書は大学の歴史の勉強の為に購入しました)

投稿: ひろふみ | 2007年7月 6日 (金) 23時14分

ひろふみさん
高校の日本史B教科書でまともなのは「明成社」のだけです。あとは反日教科書と言っても良いですね。山川版は
http://nonbe.way-nifty.com/blog/cat6579067/index.html
に連載した通り、一通りのんべも読んで呆れました。
近現代史は「近現代史の必須知識」がまずわかりやすいかと。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4569645089/ref=sib_rdr_dp/249-5090855-7948350

投稿: 練馬のんべ | 2007年7月 6日 (金) 23時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166239/15652654

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカの本音が見える特使発言:

» 原罪に胡坐をかく傲慢 [三四郎の日々]
米特使、「原爆使用が何百万人もの日本人の命救った」(朝日新聞) - goo ニュース 何度でも言うが、人類史上初めて核兵器を使用、それも文民の上に投下したことは弁明の余地の無い大量殺人であり、明白な戦争犯罪だと俺は認識している。米国は地球上で唯一、核兵器を使用した国として大きな原罪を背負っている。「何百万人の日本人の命も救った」? 傲慢な開き直りでしかない。 米国議会の外交委員会が曖昧な証言のもとに瑕疵多き「従軍慰安婦」対日謝罪要求決議を採択したが、原爆投下は厳然たる事実である。対抗措置はとる... [続きを読む]

受信: 2007年7月 6日 (金) 12時09分

« 新聞仲良し社説は「しょうもない」 | トップページ | 人民日報の社説? »