« 靖國「みたままつり」 | トップページ | 中共サマの教え:米国産はシナ産以上に危ない?! »

2007年7月16日 (月)

選挙など中断して地震の救助活動を!

『新潟・長野の地震受け与野党が対策本部設置』(読売)

被災者の皆様にお見舞い申し上げます。総理の仰せの通り、人命を第一に早急な救助活動を!

台風4号が派手な爪痕を残して去ったと思ったら、今度は地震か…日本中どこでもいつ災害に遭っても不思議ではないので、できるだけの準備はしておかないといけませんね。

それにしてもこのニュースは情けない。

『新潟県柏崎市などで震度6強の地震を観測したことを受け、自民党は16日、党本部に対策本部を設置した。
 本部長は中川政調会長。公明党も太田代表を総合本部長とする対策本部を党本部に設置した。
 民主、共産、社民、国民新の野党各党も16日午前、それぞれ地震災害対策本部を設置した。』

このドタワケども!こんなときに別々に動いてどうするんですか。

政治家たるもの、党利党略など後回しで与野党一丸となって救助にあたるべきです。この地震を奇貨として票を集めようとでも思っているのですか!この際与野党とも選挙活動を一時中断して、全国から議員候補と事務所の方々が集まって救助活動をしてほしい、と思うくらいです。

まあ、議員候補なんて連中、威張るばかりで役に立たないかも知れないけど、それはそれでその姿がわかれば誰も投票しなくなるだけですので、ぜひ実現してほしいですね。

|

« 靖國「みたままつり」 | トップページ | 中共サマの教え:米国産はシナ産以上に危ない?! »

コメント

これは明らかに野党が悪いですね。
与党が野党に声をかけずとも、「私達と一緒にやりましょう」と言えんかね、野党さんは。

先程眼科から帰ってきました。
本来なら明日行くべきはずなのですが、祝日でも診察をしている眼科があったので行ってまいりました(かかりつけではありませんが)。
コンタクトをしながらも目薬を一切しなかったので、眼球に酷く傷が付いているとのことでした。
「今後は気をつけねば・・・」と思いながら、暇潰しに本屋に入りました。
で、男性向け雑誌(多少エロ記事もある)を買いました。
そこに今度の参院選注目候補者の記事がありました。
その記事の内容プラス私の集めた情報からの私なりの意見を・・・
☆丸山和也弁護士(自民党)
面白キャラばかりが目立っているようですが、政治評論家の印象は良くない模様。
でも私は弁護士として長年弱者の見方をされてきた方なので、それなりにやってくれると期待しています。
杉村某よりはずっと役に立ちますよ。
☆丸川珠代元テレビ朝日アナウンサー(自民党)
評論家諸氏の印象はほぼ最悪。
「最下位でも当選すれば良い方」だとか。
でもこの方、母子家庭(母は医師)で育ち、東大を出てアナウンサーになり、その後は兵庫で暮らす祖母と母親に仕送りをしていたそうです。
常に社会的に不利な立場の方を見てきた方です(勿論マスコミ出身ですから)から、丸山氏同様やれば出来る人だと思います。
☆有田芳生氏
ジャーナリストとして常に様々な問題に取り組まれて来た方ですから、何が問題かは重々分かっているはず。
ただ、政治家はジャーナリスト以上に責任がありますから、今迄と同じ調子で行くかどうか疑問ではありますが、当選した暁にはお願いしますよ、有田さん。
☆横峯良郎氏(民主党)
評論家諸氏の意見は非常に手厳しいです。
「娘におんぶに抱っこで何の実力も無い」とバッサリ。
私もこの方が何故政治家を目指したのか全く分かりません。
丸川氏や有田氏が知名度云々と騒がれていますが、知名度のみで立候補したのはこの人ではないでしょうか?
特に目新しい政策も無いこの人には何も期待できませんね。
もっとも、「丸川氏立候補」に批判的だった民主党が横峯氏を担ぎ上げたのはお笑い以外の何者でもありません。

以上、勝手に自分の意見を述べましたが、知名度よりその人の育ってきた環境や取り組んできた事、目指す事が何よりも重要なはずです。
マスコミの方々にはそういう観点から報道して欲しいですが、期待するだけ無駄かな?

投稿: ひろふみ | 2007年7月16日 (月) 21時27分

ひろふみさん
確かに与党が官邸などと連携して対策本部を作るのは当たり前、野党が休戦を申し入れて参加すべきですね。
個別の候補に対するコメントはやめておきますが、一言だけ、これくらいなら書いていいでしょう、ということで…
みたままつりとその前日、靖國に行ったら某候補がいらっしゃいました、応援してます!

投稿: 練馬のんべ | 2007年7月16日 (月) 22時13分

私も「野党各党党首が現地入り(?)」というニュースをきいて「ばっかじゃないの?」と思ってしまいました。与党は実際に対策を練らなくちゃいけないから、そりゃあ行くべきです。でも、野党党首がばらばらに行って一体何の役に立つのでしょう?うちの主人も「これは確かに大地震ですぅ。とか言うために行くのか?」と怒っていました。
対策本部もバラバラに作ってたんですか?ほんとに選挙のことしか頭にないんですね。のんべさんのご意見に賛成です。

投稿: milesta | 2007年7月16日 (月) 22時31分

milestaさん
ほんと、野党は間抜けですね。休戦を申し入れるくらいの度量があれば国民の支持も上がるでしょうに…
総理の動きが早く的確なのと対照的です。

投稿: 練馬のんべ | 2007年7月16日 (月) 23時09分

 安倍総理が、すぐに現地視察に行った件につき、当地のラジオでは「邪魔でしょう、欲しいのは救助隊」と言った投書をわざわざ、そんな考え方も有りますと紹介していました。
 辻元はまた、ビラまきに行くのだろうか?
 土井は「自衛隊は違憲」と言いに行くのだろうか?

 自然災害だろうが、外的による攻撃だろうが、危機管理は、国防の重要な要素です。
 国民は、各党の動き、現政権の動きを見る機会をまさに天から与えられたと捉えて、よく見、よく考えるべきだと思います。
 それが、結果次なる危機・災害時に、より迅速効果的な動きを期待できる事に繋がると思うわけです。

投稿: tono | 2007年7月17日 (火) 17時53分

tonoさま
安倍首相がいち早く現地に視察に行き、激甚災害法適用を強く指示していること、敬意を表します。
仰せのように、野党連中はどうせまたあほなことをやらかして失笑を買うに違いありません。

投稿: 練馬のんべ | 2007年7月17日 (火) 19時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166239/15778989

この記事へのトラックバック一覧です: 選挙など中断して地震の救助活動を!:

« 靖國「みたままつり」 | トップページ | 中共サマの教え:米国産はシナ産以上に危ない?! »