« 年金問題、民主こそが諸悪の元凶 | トップページ | 日韓歴史研究など無駄 »

2007年6月27日 (水)

平沼先生の発言に一安心

平沼氏ら、米慰安婦決議に「憂慮」 事実に基づく歴史研究必要と』(産経)

真っ当な政治家もいる、ということは実に心強い限り。安倍首相はこの問題に関してもへたれ気味なのが極めて残念です。

平沼先生や民主の松原先生には、ぜひ媚中を追い出して後の「真・自民党」に加わってほしいですね。

(続きは記事の保存です、当面はリンク先をご覧下さい)

 平沼赳夫元経済産業相(無所属)と自民、民主両党の有志議員らは27日、国会内で記者会見し、米下院外交委員会の従軍慰安婦決議案可決について「事実に基づかない対日非難決議は、日米両国に重大な亀裂を生じさせ、両国の未来に暗い影を落とす」と憂慮する声明文を発表した。

 声明文では「事実に基づく自由主義的な歴史研究を行い、未来に向けた歴史認識を持つことが必要」と指摘。(1)日米両国での慰安婦問題に関する共同歴史研究(2)決議案の根拠となった平成5年の河野洋平官房長官談話の検証-を提案した。今後、政府に米国の有力シンクタンクとの共同研究などの対応を求めていく考えだ。

 記者会見には自民党の島村宜伸元農相、民主党の松原仁衆院議員らが同席。平沼氏らは14日付の米紙に掲載された「従軍慰安婦として強制的に動員した事実はなかった」との意見広告の賛同者で、この日の会見に同席しなかった賛同者約40人も声明文に同調した。

|

« 年金問題、民主こそが諸悪の元凶 | トップページ | 日韓歴史研究など無駄 »

コメント

とにかく慰安婦問題については、小林よしのり著『戦争論2』の「総括・従軍慰安婦」を読んでみてほしい。
あらゆる関連本の中で最も良い。
この問題の全容も把握できる。

投稿: 加藤 | 2007年6月28日 (木) 01時02分

加藤さま
良書の紹介ありがとうございます。
小林よしのり氏の著作は(私とはやや立場は違いますが)大いに納得できるところが多いですね。

投稿: 練馬のんべ | 2007年6月28日 (木) 06時48分

この声明で河野談話のことをはっきり明記してあるのは凄いです。
これまでの議員で、ここまで追及姿勢を鮮明にした議員はいなかったのではないでしょうか。頼もしいです。

投稿: milesta | 2007年6月28日 (木) 21時51分

milestaさん
まさに。震えるくらいです。この宣言、ヘタレ気味の安倍首相に「喝!」でした。

投稿: 練馬のんべ | 2007年6月28日 (木) 22時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166239/15577343

この記事へのトラックバック一覧です: 平沼先生の発言に一安心:

» 『閉された言語空間―占領軍の検閲と戦後日本』 江藤 淳 [本からの贈り物]
閉された言語空間―占領軍の検閲と戦後日本江藤 淳 (1994/01)文藝春秋この商品の詳細を見る 「何だか怪しい。」と思ったのは、私がまだ学生の頃のことである。ハーシーチョコレートはおいしいかどうかで、母と意見が食い... [続きを読む]

受信: 2007年6月30日 (土) 22時21分

« 年金問題、民主こそが諸悪の元凶 | トップページ | 日韓歴史研究など無駄 »