« 家族の大敵は長時間労働とフェミニスト | トップページ | お知らせ »

2007年6月30日 (土)

久間防衛大臣の原爆容認発言は許し難し

原爆で終戦早まる、「しょうがないな」と久間防衛相』(読売)

うーん、これが初代防衛大臣ですか…すさまじいご発言ですね。

原爆投下→ソ連占領前の日本ポツダム宣言受諾早期化

という論理でしょうか。理解できません。原爆がなくとも、ソ連参戦(裏切り)でポツダム宣言受諾が決まったはずです。

仮に、あくまでも仮に、この論理が成り立つとしても、まず長崎原爆はこの論理には関係ない。また、広島に落とすのではなく、人のいない山の中に落として、原爆の威力を示せば、日本は即投了です。いずれにせよ、原爆による大虐殺を正当化することはできません。

ここまでしてアメリカに媚びたいのでしょうか。あまりにも我が日本の誇りを傷つける発言です。この御仁、防衛大臣として明らかに不適格です。

原爆投下は人種差別によるもの。ナチ、ソ連、文革などに並ぶ人類史上有数の大虐殺。世界史上最悪の出来事の一つです。

二度と原爆を食らわないために、平和を守るために、憲法9条と非核三原則を廃棄しよう!

(続きは記事の保存です、当面はリンク先をご覧下さい)

 久間防衛相は30日、千葉県柏市の麗沢大学で講演し、1945年8月に米国が広島と長崎に原子爆弾を投下したことで昭和戦争の終戦が早まったと指摘した上で、「間違えると北海道までソ連に占領されていた。原爆も落とされて長崎は本当に無数の人が悲惨な目にあったが、『あれで戦争が終わったんだ』という頭の整理でしょうがないなと思っている」と述べた。

 米国に対しては、「勝ち戦と分かっているときに原爆まで使う必要があったのかという思いがするが、アメリカは恨んでいない。国際情勢や占領状態からすると、そういうことも選択としてあり得る」と語った。

 久間氏は講演終了後、発言の真意について「当時の日本政府の判断が甘く、終戦が遅れるとソ連に占領されていた可能性があったことを指摘しただけだ。原爆を肯定したわけではない」と記者団に説明した。

|

« 家族の大敵は長時間労働とフェミニスト | トップページ | お知らせ »

コメント

久間氏はクビでよろしいですね?

もう一つ問題発言ネタを。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070702-00000115-mailo-l13
元毎日記者の問題発言を毎日新聞が報道しているのですが、どうも意図的な情報操作をしているのでは?と思えてなりません。
正当な抗議をしている市議に対し、逆に抗議をするプロ市民(としか思えません)の中に宮台氏や武者小路氏がいるのも変です。

投稿: ひろふみ | 2007年7月 2日 (月) 22時41分

ひろふみさん
久間さんは責任を取って辞めないと…だいたい前も酷い失言して日米間を嫌な雰囲気にしたオジサン…

職業に貴賤はない、とはいいながら、やっぱり風俗を議員が勧めるのは問題。こんなのは朝木直子市議が真っ当に決まっています。

東村山の朝木市議?となんかひっかかったので調べてみたら、自殺したとされている朝木明代市議(創価学会に殺されたという噂は非常に根強い)の娘さん、矢野穂積市議と共に頑張っていらっしゃるので、この二人を目障りに思う連中も多そうです。

投稿: 練馬のんべ | 2007年7月 2日 (月) 23時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166239/15608157

この記事へのトラックバック一覧です: 久間防衛大臣の原爆容認発言は許し難し:

» 辞職せよ、久間章生殿! [博士の独り言]
ランキング(政治)に参加中 日本のための真の政府を 米の原爆投下「しょうがない」=ソ連参戦防ぐため−久間防衛相  久間章生防衛相は30日午前、千葉県柏市の麗澤大学で講演し、米国の広島、長崎への原子爆弾投下が日本の無条件降伏に... [続きを読む]

受信: 2007年7月 1日 (日) 00時31分

» 久間防衛相は閣僚不適格者 [島谷的舞録゛]
悪意をもって発言の一部だけを抜き出すと発言の主旨とは全く違う内容にすることはたやすい。 政治家、圧力団体、暴力団などはこの手法を常套手段にしている。 易々とこの手法の餌食になる発言をするのは政治家として失格だろう。 久間防衛相の「原爆を落とされて本当に悲..... [続きを読む]

受信: 2007年7月 1日 (日) 07時54分

» 久間防衛大臣、原爆投下を是認 [反日勢力を斬る]
font size=5 color=blue久間防衛大臣、原爆投下を是認 font size=3 またまたfont color=red久間章生/font防衛大臣が失言した。 広島・長崎への米軍の原爆投下が大東亜戦争を終結に導いてソ連の参戦を防いだ講演で発言した。 原爆投下を正当化するアメリカ側の言い分を100%認めたということであり、許しがたい失言だ。 原爆投下とソ連の参戦の因果関係がまったく逆になっている。 ..... [続きを読む]

受信: 2007年7月 1日 (日) 22時17分

» 原爆投下、中川昭一氏が久間章生防衛相を国防部会へ [ネット社会、その光と闇を追うー ]
自民党の中川昭一政調会長は1日、フジテレビの番組に [続きを読む]

受信: 2007年7月 3日 (火) 07時05分

» 久間防衛相「原爆投下はしょうがない」発言の真実 [芸能情報と身近なニュース ]
マスコミで叩かれたこのニュース真実を読むには発言全体をみてみないと新聞記者のブログから真相を見つけました。《久間氏 ソ連、中国、北朝鮮と社会主義陣営、こっちは西側陣営に与したわけだが、欧州はソ連軍のワルシャワ条約機構とNATO軍が対立していた。そのときに...... [続きを読む]

受信: 2007年7月 5日 (木) 10時15分

« 家族の大敵は長時間労働とフェミニスト | トップページ | お知らせ »