« 社保庁と自治労にすり寄る朝日社説 | トップページ | 菖蒲の節句 »

2007年6月17日 (日)

東京のお伊勢さま

Tokyo_daijinguu お伊勢参りできたことはまことにありがたいことでした。アマテル様とトヨウケ様にお礼申し上げたい…と考えて、思い出したのが東京のお伊勢さまと呼ばれて親しまれている東京大神宮飯田橋駅からほど近いところ(地図)にあります。

アマテル様、トヨウケ様、有り難うございました。これからもなにとぞ日本をお守り下さいますように。

なおこちらは日本で最初に神前結婚式をした神社としても知られています。一緒に祀られている「造化の三神(※)」様が縁結びの神様らしく、若い女性の参拝客が多いようでした。三神様、多くの若い男女に幸福をお与え頂き、日本を少子化からお救い下さい。

(※)天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)様、高御産巣日神(たかみむすびのかみ)様、神産巣日神(かみむすびのかみ)様

|

« 社保庁と自治労にすり寄る朝日社説 | トップページ | 菖蒲の節句 »

コメント

お久しぶりです☆
摂ブログにコメントを頂き有り難うございました。
東京大神宮の記事のご参考までに、略図ですがヲシテ文献からの系図をご紹介します。
http://julian.way-nifty.com/sophy/2005/11/post_2fcb.html
アメノミナカヌシさまは最初の人類(ですから、出現はたぶんアフリカ大陸)と記されていますが、タカミムスビさま、カンミムスビさまは古代の天皇さまのお血筋です。
特に、カンミムスビさまはアマテルさまの叔父上にあたります。タカミムスビはトヨウケさまの家号のようなもので、トヨウケさまは5代タカミムスビ。カンミムスビさまは6代タカミムスビです。
私見ですが、カンミムスビさまはお子さまが多く、なんと120人も儲けられたということで、そこから結婚の縁結び?にお力があるとされたのかも知れませんね。
お嫁さまは、あのシラヤマヒメ(ココリヒメ)です。

あ、それからこの東京大神宮は、
明治天皇が勧請なさったのです。
お伊勢さまが大好きでいらっしゃり、でも遷都によって伊勢から遠くなってしまうのが寂しいというお心で、首都のお伊勢さまが実現したそうです。

投稿: びーちぇ | 2007年6月17日 (日) 15時58分

カンミムスビさまの妃のココリヒメは、アマテルさまの産湯をつかい、また幼子の片言を聞き分けたお方。
古代は家族でも、一族でも、まことに親身に助け合っておられたのですね・・・
アマテルさまのご誕生については、真名さんのブログに何本もの記事がありますが、その中の一つをご紹介します。
http://blog.goo.ne.jp/manasanda/e/1182fedf88066f0178ef5d155346b37b
「産着に包まれたアマテル」

投稿: びーちぇ | 2007年6月17日 (日) 16時13分

びーちぇさま
詳細なご説明ありがとうございます。造化の三神も古事記ではちょっとしか出てきませんが、ヲシテだとよくわかりますね。
真名さんの記事も大いに参考になりました。

投稿: 練馬のんべ | 2007年6月17日 (日) 18時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166239/15410121

この記事へのトラックバック一覧です: 東京のお伊勢さま:

» 伊勢神宮「式年遷宮」川曳き行事のご紹介 [風水日記金運幸運大開運]
今年は「川曳き」の行事を実施する年にあたっています。御神体を祀る神木をそりに乗せて、五十鈴川の中を浦田橋から内宮の御神域まで曳く行事です。 [続きを読む]

受信: 2007年6月17日 (日) 09時53分

« 社保庁と自治労にすり寄る朝日社説 | トップページ | 菖蒲の節句 »