« 駆け込み乗車をする乗客には電車に乗る資格なし | トップページ | お伊勢参り »

2007年6月15日 (金)

平沼先生の反「反日」議連を応援します

平沼氏ら超党派議連発足、「中国の反日写真撤去求める」』(iza)

中共サマはびっくりしているでしょうねえ。なんせ議連と言えば「北京オリンピックを支援する議員の会」のように忠実なる下僕ばかりの会と思っているでしょうから。平沼先生、素晴らしい議連を立ち上げて頂き感謝します。

さらに、反日写真を撤去しない場合は北京オリンピックをボイコットするぞ!と気勢を上げて頂ければ効果的と思います。ぜひ、「北京オリンピックに反対する地方議員と市民の会」とも連携を!

もちろん反日写真だけでなく、環境破壊、世界各地の虐殺(東トルキスタン、チベット、ダルフール、北朝鮮、そして法輪功…)をやめない限り北京オリンピックなんぞボイコットするしかありませんが。

(続きは記事の保存です、当面はリンク先をご覧下さい)

 中国各地の抗日記念館に展示されている反日写真の撤去を求める超党派の議員連盟が13日午前、発足した。会長には自民党を離党した平沼赳夫元経済産業相が就任した。

 議連は「中国の抗日記念館から不当な写真の撤去を求める国会議員の会」で、自民、国民新両党と無所属の国会議員計42人が所属。中国の愛国運動の拠点ともいえる抗日記念館の展示内容を精査し、事実誤認とみられる写真などを速やかに撤去することを求めていく。年内に中国・南京にある「南京大虐殺記念館」の視察も検討している。

 平沼氏はあいさつで「たくさんの抗日記念館で反日教育が行われ、間違った歴史観を植え付けることを許すことはできない」と述べた。

|

« 駆け込み乗車をする乗客には電車に乗る資格なし | トップページ | お伊勢参り »

コメント

「北京五輪を応援する議員連盟」みたいなモノがあるらしいですね。
この前のチャンネル桜で知りました。
メンバーを公表して欲しいです(大体見当は付きますがねぇ)。

この前チャンネル桜で外交委員会の様子が映っていました。
質問者は松原仁さん。
答える人は外務省関係者や麻生大臣。
麻生氏は良いとしても、外務省関係者の当たり障りの無いコメントはどうしようもなかったです。
松原さん、是非与党へ来て下さい。
西村真悟さんもね。

投稿: ひろふみ | 2007年6月15日 (金) 21時21分

ひろふみさん
江の傭兵を会長に仰ぐ会ですね。二階、中川(女)、北側一雄、鳩山由紀夫、野田毅…どうしょうもありません。
ついでながら、
北京五輪を支援する議員の会
でyahoo検索すると、人民日報、北京週報、朝日新聞というまさにシナの御用新聞が並びます(笑)

投稿: 練馬のんべ | 2007年6月15日 (金) 21時44分

平沼先生がんばってください。
そして早く自民党に復党され真性保守党の要になってください。

投稿: ponko | 2007年6月16日 (土) 13時56分

ponkoさま
仰せの通り!今の自民ではなく、民主も巻き込んだ政界大再編後の要になっていただきたいですね。

投稿: 練馬のんべ | 2007年6月16日 (土) 14時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166239/15419976

この記事へのトラックバック一覧です: 平沼先生の反「反日」議連を応援します:

» 平沼赳夫氏、中国・抗日記念館写真撤去求め議連旗揚げへ [新・へっぽこ時事放談]
今回は、産経新聞(平成19年6月6日)より、平沼赳夫元経産相へのインタビュー記事を引用します。 単刀直言 平沼赳夫元経産相 ■「武士道精神」持て 経済至上より文化大切に  松岡利勝前農水相があのような形で死を... [続きを読む]

受信: 2007年6月19日 (火) 13時30分

» 北京オリンピックについて [北京オリンピック]
いよいよ北京オリンピックが2008年の8月8日から8月24日までの17日間にわたって開催されます。今回の北京オリンピックで夏季オリンピックは29回目。そんな北京オリンピックは中国の首都・北京を中心に行われます。中国でオリンピックが開催されるのは初めて。中国では8という数字が縁起の良い数字とされており、北京オリンピックが開催されるのも8月8日の、午後8時8分の予定になっています。ちなみに中国の午後8時8分は、日本時間で午後9時8分と1時間の時差と�... [続きを読む]

受信: 2007年7月14日 (土) 09時46分

« 駆け込み乗車をする乗客には電車に乗る資格なし | トップページ | お伊勢参り »