« 安倍首相叩きに忙しい朝日社説(笑) | トップページ | 大切な命を守るには勇気が必要 »

2007年5月22日 (火)

参院選の争点は、当然「改憲の是非」

参院選で憲法改正争点化、公明政調会長「理解しがたい」』(読売)

与党のご発言としては「理解しがたい」のですが公明党のご発言としては当然でしょうね。民主党の政調会長も嫌がっているようです。

安倍首相イヤイヤの朝日サマだって、安倍首相マンセーの産経さんだって、党首討論では憲法を議論すべきだった、と言っている(朝日社説産経主張、リンク切れ時はこちら)じゃないですか。 これ以上争点とすべき問題はありません。

要するに、公明党も民主党も、憲法改正をまともに争点にされて「改正が民意」となったらたら困る、ということ。非常に分かりやすいご発言、嬉しい限りです。

今回の参院選で、民主党が敗北して大混乱し、自民党まで混乱に巻き込んで、自主憲法制定賛否による政界大再編がなされる、ということを期待しています。もちろん、そのときは自民党の護憲派・媚中派はその本性を隠すでしょうからそうはならないでしょうが…

(続きは記事の保存です、当面はリンク先をご覧下さい)

『参院選で憲法改正争点化、公明政調会長「理解しがたい」』(読売)

 公明党の斉藤政調会長は20日のフジテレビの報道番組で、安倍首相が夏の参院選で憲法改正を争点にする意向を示していることについて、「改正の中身を争点にするなら理解できるが、憲法改正そのものを争点にするのは理解しがたい。争点ではなく、各党が冷静に議論するのが先だ」と述べ、争点化に慎重な姿勢を示した。

 民主党の松本政調会長も「憲法については、与野党の争点にすべきではない。参院選は医療、年金などの社会保障を一番の争点にしたい」と語った。

|

« 安倍首相叩きに忙しい朝日社説(笑) | トップページ | 大切な命を守るには勇気が必要 »

コメント

>公明党政調会長「理解しがたい」
なにいってんのん♪
ふざけたこと、いってんじゃないよん♪
そんなら、あんたが、よとう、はなれなさいよん♪♪
粛々と進みますから、嫌だったら下野すればいいじゃん。
さすれば、政界再編が進展します、政権党に金魚の糞は不必要どころか、害ですから。

投稿: ばんばん | 2007年5月22日 (火) 18時47分

ばんばんさま
そうそう。さっさと居なくなればいいんですよね。でも最近は「自民党池田派」らしく、なかなかそうもいかないようで…(苦笑)

投稿: 練馬のんべ | 2007年5月22日 (火) 21時36分

共産党辺りに自主憲法作らせたら面白いんじゃないのでしょうか(別の意味で)?
「天皇追放!」とかやりかねないから。
(この前チャンネル桜で話題になってましたよ)

私学助成の問題など、9条以外でも大事な案件は沢山あります。
どうも「憲法改正=9条の廃止?」に矮小化しているだけにしか思えないのですが・・・

投稿: ひろふみ | 2007年5月22日 (火) 22時08分

ひろふみさん
共産党による自主憲法って笑えますね。人権の抑圧が盛り込まれそうだ(笑)
私も9条だけでいいなんて全く思っていません。まず、国旗国歌の尊重、伝統の尊重を憲法前文(?)に明記してほしい。もちろん、日本国は万世一系の天皇之を統治する、も。これらはコメント欄ではとても書ききれませんから、そのうち記事にしたいと思っています。

投稿: 練馬のんべ | 2007年5月22日 (火) 23時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166239/15145106

この記事へのトラックバック一覧です: 参院選の争点は、当然「改憲の是非」:

« 安倍首相叩きに忙しい朝日社説(笑) | トップページ | 大切な命を守るには勇気が必要 »