« 北京五輪ボイコットカードは温存せよ | トップページ | 効果大の?!ヒートアイランド対策(笑) »

2007年5月24日 (木)

わかりやすい政界再編を期待

参院選:民主・谷岡氏、離党も視野に改憲反対 愛知選挙区』(毎日)

皮肉でなく、素晴らしい。この方と立場は明らかに異なるけど、かくあるべき。護憲の強い意思を持った方が、党が改憲を推進するなら、離党する。大いに結構です。

今は自民も民主も「政策の総合商社」状態。なにがなんだかわかりません。これでは選挙民はどうしたらいいかわかるわけない。

自民も民主もさっさと分裂し、再編した方がよい。全く思想信条の異なる人たちが選挙のためという1点で集まっているのは、国民にとって非常に迷惑です。やはり「政党」というのは思想信条の同じくする人たちが集まってほしいものです。

ぜひ分かりやすくしてほしい。護憲vs改憲、左派vs右派、革新vs保守、反日売国奴vs偏狭なナショナリスト。なんでもいいけど、すっきりしてほしいものです。

PS.なお、この方を支持するものではありません。全然知らない人なのでちょっと調べたら、事実婚の人前結婚式を開くと言って見知らぬ人にまで招待状(3000枚)を送りつけた方。中京女子大学学長、女子大という名前のまま男子学生の受け入れを決断なさった方。なんかいかにもフェミっぽいですね。

(続きは記事の保存です、当面はリンク先をご覧下さい)

『参院選:民主・谷岡氏、離党も視野に改憲反対 愛知選挙区』(毎日)

 7月の参院選愛知選挙区(改選数3)に民主党から出馬する谷岡郁子氏が20日、名古屋市内での会合で、自身が当選しても民主党が改憲に賛成する方針を決めた場合、離党も視野に反対する考えを示した。同党内には改憲派も多く、公認候補による離党含みの発言は波紋を呼びそうだ。

 谷岡氏は、市民団体主催の会合に出席。護憲の立場を表明した上で、出席者に「民主党が憲法改正の方針を示したら、どうするのか」と問われ「逆らいます」と明言した。さらに「党議拘束がかかったらどうするのか」との質問に、「外せないようなら党を割る」と述べた。

|

« 北京五輪ボイコットカードは温存せよ | トップページ | 効果大の?!ヒートアイランド対策(笑) »

コメント

名前は女子大でも男性を受け入れている学校は他にもありますよ。
武蔵野大学が「武蔵野女子大」と名乗っていた当時、通信教育課程は男女共学でした。
親和女子大(兵庫)も通信制だけ共学です。
聖徳大学も確か以前は通信制だけ共学でした。

で、本題の中京女子大ですが・・・
中京大学系列を運営する梅村学園は東海地域でも数多くの高校・大学を経営しております。
(甲子園の常連高校としても有名ですが)
その為、支持基盤や集票力は相当なものがあると思います。

※今日は体調不良なのでこの程度で失礼します

投稿: ひろふみ | 2007年5月24日 (木) 19時08分

ひろふみさん
体調不良とのこと、お大事に。

武蔵野大学は地元です。うちから一番近いのは安倍首相の成蹊大学、実にどうでもいい話でした、失礼(笑)。

さて、通信制ならキャンパスに毎日通うわけではないので男子がいても不思議ではなさそうですね。でも、女子大のまま通学の男子学生を受け入れるのは違和感があります。

ついでながら、昨日の練馬の座り込み、関越道側道の車止め撤去だったのですね。のんべ家からは遠いので車でしか通りませんが、その立場で言えばあれは邪魔者、きっとまわりの住人は抜け道を使う車に迷惑していたはずです。

投稿: 練馬のんべ | 2007年5月24日 (木) 20時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166239/15155286

この記事へのトラックバック一覧です: わかりやすい政界再編を期待:

» 自分の夫の浮気を直せるなら... [子育て]
自分の夫の浮気を直し、結婚当初のような幸せな家庭に戻れるのなら・・・3年前から夜の営みも減り、 旦那の浮気が原因で、少しうつ状態になり暗い毎日を過ごすようになり、 挙句の果てには離婚届けまで突きつけられるようになってしまいました それでも、離婚の危機を作った原因が旦那の浮気にあるとはいえ、 子供の将来を考えると、とても離婚に踏み切ることができなかったのです。 旦那と離婚したくない思いででワラにもすがる気持ちでしたが、 出会った頃のように私を愛してくれる光景が 私の心に流れて...... [続きを読む]

受信: 2007年5月24日 (木) 11時41分

» お寺で味噌作り [味噌]
お寺と言うと、ほとんどの方は仏事があるとき訪れるぐらいに、なってしまっていますよね。昔は、近くのお寺で盆踊りがあったり、夏休み、冬休みには学集会をしたり、肝試しがあったり、いろいろ利用していました。 地域と交流しながら、コミニュケーションをはかり、楽しいことも、悲しいことも話せるお寺にしたいと今頑張っている住職さんがおられます。 埼玉県川口市の「善行寺」の吉井誠光さんです。浄土真宗本願寺派の支援を受けて自坊を設けました。 リビングに阿弥陀如来像をおき、第1回は浄土真宗の教え...... [続きを読む]

受信: 2007年5月24日 (木) 18時32分

« 北京五輪ボイコットカードは温存せよ | トップページ | 効果大の?!ヒートアイランド対策(笑) »