« 珍しく朝日サマ社説に大賛成 | トップページ | 日中首脳会談は日本の完敗 »

2007年4月11日 (水)

「300日特例法案、提出見送り」に安堵

与党「300日特例法案」見送りへ、政府・自民で反対強く』(読売)

やはり自民党の保守派議員はこの法案に含まれるジェンダーフリーの香りを敏感に感じ取ったようで、なによりでした。

稲田氏、西川氏の話が載っています。
『稲田朋美衆院議員は「(離婚前に妊娠するような)法律婚の間の不貞行為は不法行為だ。(実質的に別居しているケースなど)例外を保護する場合は裁判上の手続きで認めるのが民法の原則だ」と述べた。西川京子衆院議員も「『アリの一穴』のようになって婚姻制度が崩れていく危険性をはらんでいる」と語った。』
のんべも大いに賛成、その通りと思います。

公明党は残念でしょうね。当然これから反撃が予想されますので、まだ油断はできません。

自民保守派議員の方々にはジェンダーフリー・フェミニストの跳梁跋扈を許さないように頑張って頂きたいと思います。もちろん、真に困窮している人を救うことは必要であり、検討は続けるべきですが、家族崩壊推進法にならない、DV法の轍を踏まない、という大原則は絶対に崩してはなりません。拙速は危険極まりないことです。

それにしても、安倍首相はこの法案に、フェミニストの香りを感じなかったのかなあ…心配です。

(続きは記事の保存です、当面はリンク先をご覧下さい)

 与党は10日、離婚後300日以内に出産した子を一律に「前夫の子」とする民法規定を見直す特例法案の今国会提出を見送る方針を固めた。

 政府・自民党で反対論が続出し、意見集約が難しくなったためだ。法務省は月内にも、離婚後に妊娠したケースについては、医師の証明書で確認できることを条件に「再婚相手の子」などとする出生届を認める方針で、与党ではこの影響を見極め、さらに制度を見直す必要があるかどうかを判断する考えだ。

 与党のプロジェクトチーム(PT)が検討している特例法案は、法務省が通達で実施する見直しに加え、再婚した場合にDNA鑑定で親子関係が証明されれば、「再婚相手の子」として市区町村が出生届を受理できるようにする内容だ。法務省の対応に比べ、再婚を条件に離婚前の妊娠も救済対象としたのが特徴だ。

 しかし、10日に自民党本部で開かれた自民党法務関係合同会議では、PTの要綱案に対する反対意見が相次ぎ、了承が見送られた。

 稲田朋美衆院議員は「(離婚前に妊娠するような)法律婚の間の不貞行為は不法行為だ。(実質的に別居しているケースなど)例外を保護する場合は裁判上の手続きで認めるのが民法の原則だ」と述べた。西川京子衆院議員も「『アリの一穴』のようになって婚姻制度が崩れていく危険性をはらんでいる」と語った。

 与党が今国会での処理を見送る意向を固めたのも、法務省が問題の一部を改善する方針を打ち出したことを受け、自民党で「喫緊の課題は解決する」という見方が広がり、反対論が強まったからだ。

 PTでも、こうした流れを踏まえ、作業部会を設置することを決めた。反対論を踏まえて特例法案の内容を再検討するのに加え、現行制度が続いた場合に裁判を迅速化できるかどうかなどを検討する。

 公明党にはなお、特例法案の提出を目指す動きもあり、10日の法務部会では要綱案を了承した。党PTの丸谷佳織座長は記者団に、「法的な離婚前の妊娠すべてが貞操義務違反ではない。法的に再婚して再スタートを切った家庭の救済が特例措置の目的だ」と強調した。ただ、公明党幹部は、提出を見送る自民党執行部の判断に同調する考えだ。

|

« 珍しく朝日サマ社説に大賛成 | トップページ | 日中首脳会談は日本の完敗 »

コメント

昼飯のとき、会社のテレビで「ピンポン」を見てたんですが、家田荘子氏が、貞操義務のみならず「婚姻中の~不法行為だ」という所に噛み付いてましたね。
「明治時代にできた民法は古い!」と、大きめにフリップに書いてありました。


まー、とりあえず安心です。
フェミの透明の薬の効き目がなくなって来ましたね。
でも油断は禁物!

投稿: NS大川 | 2007年4月11日 (水) 18時17分

NS大川さま
家田荘子さんですか…なんだかフェミっぽいおねえさまですね。古い、ですか。作家を名乗っていらっしゃるのですから、いくらなんでも万代不易という言葉くらいご存じでしょうに。

投稿: 練馬のんべ | 2007年4月11日 (水) 20時19分

こういう問題は女性が表に出ないといけない(意見表明などで)と思います。
もしそうでなければ「古臭い男に虐げられる女」っていうイメージ戦略にされる危険性が大ですし。

☆類似して「向井亜紀さんの問題」が報じられております。
御本人には本当にお気の毒だと思います。
しかしこれ以上事を荒立てるのではなく、静かに育児なさった方が良いと思います。
これ以上マスコミや左翼勢力に利用されてはいけません。
(向井さんは一時自民党から立候補なんていわれた人材でもありますからね。)

☆熊本の赤ちゃんポストの件、どうも解せません。
幾ら事情があるとは言え、ゴミみたいにぽいっと置いたまま去れるでしょうか?
議論不足の気がしてなりませんが・・・


投稿: ひろふみ | 2007年4月12日 (木) 22時38分

ひろふみさん
なるほど。そういう意味では稲田氏、西川氏が発言なさっていることの意義は大きいですね。
向井さんの件は思うところがありますので近日中に簡単な記事にする予定です。
赤ちゃんポストは…これは悩みに悩んでいます。絶対こんなのは認められない、とは思いながら、さりとて最後の逃げ道くらいは用意しないと…という思いもあり、困った…。いずれにせよ議論不足は明らかですね。

投稿: 練馬のんべ | 2007年4月12日 (木) 22時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166239/14640311

この記事へのトラックバック一覧です: 「300日特例法案、提出見送り」に安堵:

« 珍しく朝日サマ社説に大賛成 | トップページ | 日中首脳会談は日本の完敗 »