« 選挙には必ず行きましょう! | トップページ | 日教組マンセーの朝日社説 »

2007年4月21日 (土)

安倍首相、日本の名誉を守れず

首相「慰安婦問題は人権侵害」、責任認め改めて米誌で謝罪』(読売)

安倍首相、いくらなんでもそれはないでしょう。これでは「イアンフを強制連行した」などと言われる英霊も浮かばれません。安倍首相は日本の名誉を守ることができませんでした。

とにかく、大失敗だったのは、最初に河野談話を否定しなかったこと。「そんなことは何の証拠もなく、後世の捏造である」とはっきり言わなかったこと。中途半端なことばかりするから図に乗る奴らが出てくるわけです。今回の発言で沈静化なんてあり得ないでしょう。こちらが引いたら相手も退く、なんて発想は日本人同士のことです。一歩退いたら百歩突っ込んでくるのがシナ朝鮮とその仲間達。

こんなことを言ったらまたアメリカの弁護士連中がわけのわからん訴訟を起こすでしょう。ネタがなくて困っていたのでしょうから。どうするんですか。下院で決議がでなければそれでいい、ってもんではないでしょう。

この分では春の例大祭はおろか今年中の靖国参拝は期待できないかも知れません。

(続きは記事の保存です、当面はリンク先をご覧下さい)

『安倍首相は、26日からの訪米に先立ち米ニューズウィーク誌のインタビューに応じ、いわゆる従軍慰安婦問題について「慰安婦の方々に人間として心から同情する。日本の首相として大変申し訳ないと思っている」と改めて謝罪した。

 さらに、「20世紀は人権が世界各地で侵害された世紀で、日本にもその責任があり、例外ではない」と述べ、慰安婦問題を人権問題と位置づけ、日本の責任を明確に認めた。

 また、「我々は歴史に常に謙虚でなければならない。彼女たちが慰安婦として存在しなければならなかった状況に我々は責任がある」と語ったうえ、1993年の河野洋平官房長官談話を継承する考えを重ねて表明した。訪米を前に、米メディアの批判の鎮静化を図ったものだ。

 一方、首相は米ウォール・ストリート・ジャーナル紙とのインタビューで、政府の憲法解釈で禁じられている集団的自衛権の行使の問題について「日米同盟をより効率的にし、強化するため、法的な整備をしなくてはいけない。憲法との関係においても研究しなければならない」と述べ、近く設置する有識者会議で具体的な事例研究などを行う考えを強調した。

 二つのインタビューは17日に首相官邸で行われた。』

|

« 選挙には必ず行きましょう! | トップページ | 日教組マンセーの朝日社説 »

コメント

僕もこのニュースを聞いて、愕然としました。安倍総理は何か「どんでん返し」でも、考えているのでしょうか? このままでは我が国は、そして英霊達は、他国から謂れもない犯罪者扱いは必至です。安倍総理、どうなっちゃったの??

投稿: パンプキン | 2007年4月21日 (土) 21時28分

この後にトンでもない秘策があると考えて、これからも安部さんを応援しましょうや!
小沢民主には絶対に政権を渡したくないから。


のんべ様へ
面白い迷惑メール見つけました。

投稿: ひろふみ | 2007年4月21日 (土) 21時46分

その迷惑メールがこれです。
http://blog.livedoor.jp/san_shin/archives/50074589.html
ココに出てくる語句等は全部デタラメでしょうか?

投稿: ひろふみ | 2007年4月21日 (土) 21時48分

パンプキンさま
ほんと愕然ですが、確かになんぞどんでん返しが…なさそうかなあ…まあ、まだ希望を捨てては居ません。

投稿: 練馬のんべ | 2007年4月21日 (土) 22時41分

ひろふみさん
そうですね。小沢民主よりはずっとましです。

迷惑メール話、面白いですね。確か、「熊沢天皇」は南朝系を名乗った実在の人物です。現在の天皇は北朝系ですが、(以下あまり詳しくないので推測です)南朝を正統とする神皇正統記を聖典とし、真の三種の神器を持っている(南北朝合一時に渡していない)というような主張なのかも。それが現行の皇室典範を認めているあたりちょっと苦しいけど、なかなか良くできて笑えます。

投稿: 練馬のんべ | 2007年4月21日 (土) 22時52分

正直、安部首相にはがっかりさせられることが多い。期待した反動なのかもしれません。首相の立場では正論一本やりでいかないことも重々承知していますが、あいまいな「謝罪」は論外です。折角、米国議会に事実検証を求め、中韓の捏造体質を知らしめるるいい機会だというのに。

投稿: 三四郎 | 2007年4月22日 (日) 09時45分

民主党の3バカトリオよりはマシでしょうが、安部総理に求めるハードルが低くなってるのは確かですね。
麻生太郎に路線を確立してもらってからのほうが良かったのかも。歳も違うし。

投稿: NS大川 | 2007年4月22日 (日) 09時53分

安倍さん、要らないセッテイッグですよね、外務省の役人でしょうか。
おいらね、勝手な妄想してみました。
こんなインタビューに応じるくらいならね、米国のメディアに米国のエージェント使って工作しなさいよ。
広告宣伝会社は何も商品の宣伝だけ請け負っているわけではないんですから、官房機密費はそんな為にこそ使うべきなんですよ。
米国大衆に日本と米国、韓国と米国どちらが真の同盟国か、共に血を流しても守るべき友情はどちらか、ってなイメージをマスコミの中に浸透させれば、慰安婦など問題の俎上にも上がらないと思うですがね。
本来、外務省がやるべき仕事なんですが、やらないどころか自らの足を引っ張っているんですからね。><

投稿: ばんばん | 2007年4月22日 (日) 10時58分

三四郎さま
確かに(小泉首相のような壊し一方ではない)本格的な骨太の保守政権が出来るかと思って大いに期待していたのに、ふにゃふにゃした感じがしますね。あいまい戦略をどこから切り替えるか、という作戦が失敗したのでしょうか。

投稿: 練馬のんべ | 2007年4月22日 (日) 14時20分

NS大川さま
そうですね。ちょっと早すぎましたか。
まさに今が正念場のはずなのに、読み誤っているのか裸の王様なのか…

投稿: 練馬のんべ | 2007年4月22日 (日) 14時21分

ばんばんさま
仰せの通りと思います。いかに戦後価値観を共有して民主主義を共に歩んできたのか、大いに宣伝すべきですね。

投稿: 練馬のんべ | 2007年4月22日 (日) 14時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166239/14798602

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍首相、日本の名誉を守れず:

» 日本 美術 展覧 会 [これ、いちおし!]
美術大学出身の友人に誘われて、都内のギャラリーに常設されている日本画の展示を見てきた。 私自身はこれまで、美術に興味を持ったことは特になかったし、美術の展覧会にも、ほとんど足を運んだことがなかったと思う。 [続きを読む]

受信: 2007年4月21日 (土) 21時01分

» 国思う政治家に支援を! [博士の独り言]
ランキング(政治)に参加中 憂国議員に良識の支援を! 「慰安婦の強制連行ない」 中山氏が発言  中山成彬・元文科相(自民・宮崎1区)は20日、教育再生特別委員会で質問に立ち、従軍慰安婦問題に関して「軍の強制連行による従軍慰安婦は存在し... [続きを読む]

受信: 2007年4月22日 (日) 20時16分

« 選挙には必ず行きましょう! | トップページ | 日教組マンセーの朝日社説 »