« 祝!石原慎太郎知事再々選確実 | トップページ | 「貞操義務」発言の意義は大きい »

2007年4月10日 (火)

反日マスコミに選挙民が騙される時代は終わった

昨日の各紙社説を読んでみましたが都知事選一色。でもなんかつまらん。特に浅野氏の敗因について、朝日毎日は全然的はずれなことがうだうだと書いてある。

『手堅いが、首都の顔としては華がなく物足りない。そんな印象も有権者に持たれたのではないか』(朝日社説
『浅野史郎氏の敗因は準備不足ばかりではない。浅野氏が詳しくマニフェストに盛り込んだ福祉や情報公開の諸政策は有権者に強く迫れなかった。』(毎日社説
どちらも浅野氏を理解しない有権者が悪いといいたげです。自分の思うとおりにならないと「○○ちゃんが悪い」と泣きわめく幼児のようです。
未練がましい記事、みっともないことこの上なし。

産経「主張」は浅野氏のことは相手にしていないし読売社説はさっと流しています。浅野氏の敗因を真っ当に書いたのは「産経抄」のみ。

『浅野史郎氏(59)は、そんな有利な状況を生かせず、宮城県のような風を起こせなかった。勝手連といえば聞こえはいいが、「国旗国歌」反対どころか、北朝鮮による拉致はなかった、とまで主張するメンバーまで含まれていたというから、警戒感をもたれたのかもしれない。』

遠慮がちに書いていますがその通りです。朝日サマ毎日サンという反日マスコミさん方は、「選挙民を騙そうとしても無駄で部数を減らすだけ」という当たり前の事実に、いつまで気づかないふりを続けるのでしょうかね。

(続きに産経抄だけ保存しておきます。当面はリンク先をご覧下さい)

昔の日本映画を見ていると、ほとんどの男性が帽子をかぶっている。『サザエさん』の波平だって出勤するとき帽子を欠かさない。なのに今、街で帽子姿の人をほとんど見かけないのはなぜか。

 ▼『諸君』5月号の座談会「されど、『昭和』は遠くになりにけり」の中で、川本三郎さんが、「犯人は石原慎太郎だった」と指摘している。髪の毛を短く刈り込みながら、前髪は切りそろえず額にたらしておく。いわゆる慎太郎刈りの流行した昭和31年ごろから、男も髪形を見せる時代が始まったというのだ。

 ▼当時23歳の石原氏は『太陽の季節』をひっさげて文壇に躍り出たばかり。それから半世紀以上たっても、「石原ブランド」は健在だった。きのう東京都知事3選を決めた石原氏(74)は、久しぶりに慎太郎節を全開させていた。

 ▼もっとも、今回の選挙は、「反省」から始める異例の展開だった。四男の重用問題や高額の海外出張費に対する批判の声の大きさは本人の予想を上回っていたからだ。ここを先途と、一部の新聞、雑誌が繰り広げる露骨なネガティブキャンペーンにも苦しんだ。

 ▼浅野史郎氏(59)は、そんな有利な状況を生かせず、宮城県のような風を起こせなかった。勝手連といえば聞こえはいいが、「国旗国歌」反対どころか、北朝鮮による拉致はなかった、とまで主張するメンバーまで含まれていたというから、警戒感をもたれたのかもしれない。

 ▼都知事選は世代間戦争の様相も呈していた。石原氏が、高度経済成長を牽引(けんいん)した昭和1桁(けた)世代に属するのに対して、浅野氏はそれに異議申し立てをしてきた団塊の世代。都民は、「五輪でもういちど夢を」と主張する石原氏の「昭和の明るさ」を選んだともいえる。

|

« 祝!石原慎太郎知事再々選確実 | トップページ | 「貞操義務」発言の意義は大きい »

コメント

こうしたまともな分析が産経だけとはお粗末ですね。
少しでもネットを見ていたらわかることなのに。ネットをバカにしている新聞社はどんどん世論から取り残されますね。

投稿: milesta | 2007年4月10日 (火) 12時16分

milestaさん
他の新聞社は書くのが怖いんでしょうね。反日だけが存在価値みたいなところが多いから。危機が迫ると頭を隠すダチョウのようなもんでしょう。(実際はダチョウはそんなバカではないそうですね)

投稿: 練馬のんべ | 2007年4月10日 (火) 19時33分

◎ 台湾立法院 趙党派で決議 ◎

http://japanese.rti.org.tw/Content/GetSingleNews.aspx?ContentID=68152
 中央廣播電台 2008/11/12

 立法院が日本に従軍慰安婦で謝罪求める決議

 立法院本会議は11日、日本政府に対し「明確かつ曖昧でない態度で、
 第二次世界大戦中の日本軍性奴隷制度の歴史責任を正式に認め、
 謝罪し、責任を取るべきである」と要求する決議を採択した。

http://news.shikoku-np.co.jp/national/international/200811/20081111000232.htm
 台湾、慰安婦で日本に謝罪要求/立法院が決議
 2008/11/11 13:50

 【台北11日共同】台湾の立法院(国会)は11日、
 第2次大戦中の旧日本軍の従軍慰安婦問題をめぐって、
 日本政府による公式謝罪と被害者への賠償などを求める決議案を全会一致で採択した。

 決議案は超党派の立法委員(国会議員)らが提出。
 同委員の1人は「決議が現在の日台関係に影響するとは思わない。
 慰安婦だった女性はいずれも高齢で、1日も早く日本政府に謝罪してほしい」と述べた

投稿: れーずん | 2009年3月21日 (土) 15時58分

れ-ずんさま
台湾で「馬鹿永久」と呼ばれる馬政権のあがきですね、「従軍イアンフ」ネタとはどっかの国と同じ(笑)

投稿: 練馬のんべ | 2009年3月21日 (土) 16時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166239/14625045

この記事へのトラックバック一覧です: 反日マスコミに選挙民が騙される時代は終わった:

« 祝!石原慎太郎知事再々選確実 | トップページ | 「貞操義務」発言の意義は大きい »