« モンゴルは大切にすべき隣国 | トップページ | 安倍首相は北方四島に関して原則を曲げるな »

2007年3月 1日 (木)

藁にもすがる花粉症患者(のんべも)

こんなニュースがありました。のんべにとっては他人事ではありません。

花粉症用食品で意識不明に 厚労省と和歌山県が調査』(産経)

Sugi のんべも決して軽くはない花粉症、この時季になると体調を崩します。今年は実に早い。この写真を載せただけでクシュン…「季節感を大事にしよう」のカテゴリに入れましたが、これほど大事にしたくない(退治したい)季節感は他にありません。

多くの花粉症の人たちは(もちろんのんべも)藁にもすがる思いでいろいろ試していますが、このニュースはちょっとショッキングでした。確かに起こりうる話、花粉を摂取したことによるアレルギーによるショックです。

アレルギー対策の基本はその食品を摂取しないこと。のんべは無類のそば好きですが(のんべの裏ブログ)、親戚に重度のそばアレルギー患者がいます。そば屋でうどんを食べることも出来ません(同じ釜で茹でるから)。うっかりそば粉の入ったまんじゅうなんぞ食べたら、確実に病院に担ぎ込まれます。

花粉も当然同じことなのですが、アレルギーレベルが低い場合は抗原を身体に入れておくことで体を慣らしておくという荒技が効くようです。のんべは花粉症は軽くないけどアレルギーレベルは低いので、「杉エキス」を飲んでいます。でも、アレルギーレベルが高い場合には確かに危ない。

花粉症の場合、まずは季節の前に医者に行ってアレルギーレベルの高さを調べておくといいですね。対策ですか?医師の処方に従うのが一番効くと思いますよ。それが嫌なら平凡だけどマスクが一番です。甜茶は人によってはそれなりに効くようです。鼻をかむときは保湿ティッシュで片方ずつ。室内に入る前には服に付いた花粉を払って、顔をよく洗う。そんな基本的なことをするしかないでしょう。そんなに画期的に効くものがあるはずありません。(と、思いつつ、藁にすがる…)

(続きは記事の保存です、当面はリンク先をご覧下さい)

 厚生労働省と和歌山県は26日、同県内の40代の女性が花粉症対策用の健康食品を飲んだ後、全身にアレルギー反応が起こり、一時意識不明になったと発表した。既に快方に向かっているという。

 食品は「健森」(山形市)が製造、販売している「パピラ」で、通報を受けた山形県は24日、食品衛生法に基づき同社を立ち入り調査。因果関係が明らかになれば行政処分の対象となる。

 厚労省は、インターネット上で花粉症に効くと宣伝、通信販売していた7府県の10業者について、薬事法違反の疑いがあるとして各府県に通報。パピラ自体もアレルギー症状の緩和を目的としている場合には医薬品の無許可製造・販売を禁止した薬事法に抵触する可能性があるとみて調べる。

 厚労省は「この健康食品が原因と断定されてはいないが、原因が疑われるため予防的観点から公表した」としている。

 厚労省などによると、パピラはスギの若い雄花の芽を加工、カプセルに詰めたものでネット上などで販売されている。

 女性は昨年からパピラを使用。今年に入って初めて23日午後7時ごろ、パピラ1カプセルを飲用した後、友人とテニスをしていたところ、全身にじんましんができて息苦しくなり病院で受診。診療中、気管が閉塞(へいそく)し、一時意識不明になった。

 女性は花粉症の既往歴があり、「スギ花粉の抗原を摂取したことによるアナフィラキシーのような症状」と診断された。25日午後3時ごろ、意識を回復したという。

 山形県によると、健森は平成17年9月ごろからパピラを製造したとみられる。直接市販せず、関西の卸業者に卸しており、これまで2000箱程度を出荷したという。

 アナフィラキシーは特定物質が原因で起こる全身のアレルギー反応。急激に発症し、重症になると血圧低下を伴うショック状態に陥り、死亡するケースもある。

|

« モンゴルは大切にすべき隣国 | トップページ | 安倍首相は北方四島に関して原則を曲げるな »

コメント

今年は花粉症がひどいです…。
鼻は薬でなんとかおさまるのですが、目がどうしようもありません。仕事の打ち合わせ中に、目が猛烈にかゆくなってボロボロ涙が出てしまったり…^^;
この季節、ローションティッシュは本当に必需品です。鼻はもちろん、目の周りをふくのもこれがいいです。

投稿: asayake | 2007年3月 1日 (木) 03時49分

asayakeさん
今年は少ないというけど、まだ早すぎるから身体がついていかない(まことに非科学的)ような気がします。いずれにせよ私も辛いこと、お仲間ですね(笑)。

投稿: 練馬のんべ | 2007年3月 1日 (木) 06時56分

こんにちは、コメントありがとうございました。
わたしは、花粉症ではありませんが、アレルギー体質です。ハウスダストとか、薬とかに反応します。
じんましんが出たり、ぜんそくの発作を起こすます。この時期、花粉症の人は大変だなと思います。
今後ともよろしくお願いします。

投稿: yasutsuji【うつ病 その時あなたは】 | 2007年3月 2日 (金) 03時54分

yasutsujiさま
辛いですねえ、うちの子供もアレルギーで大変です。どうぞお大事に。

投稿: 練馬のんべ | 2007年3月 2日 (金) 06時52分

テレビで花粉が飛び散るシーンを映すのは止めてくれ!と患者さんから意見された、と聞いた事があります。
CM等で見られるこの様なシーン、酷い人になるとこのシーンを見るだけでクシャミが出るそうです。
のんべ様は如何でしょうか?

【追記】
ジェンダーフリーの市長がこんな事をしています。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070302-00000018-nnp-l41
だったら「女性が男性をボロクソに言う事」もNGにしてもらいたい。
「役立たず」とか「亭主元気で留守が良い」「粗大ゴミ」って言っていますよね、TVで。
あれについてはどう思っているのか、この市長の意見を是非聞きたい。

投稿: ひろふみ | 2007年3月 2日 (金) 20時38分

ひろふみさん
その患者さんの気持ち、分かります。私はそこまでではないけど、杉の木は見たくないですね。

「オイ・ワイ禁止条例」構想ですか。笑えました。ジェンダーフリーおばさんたちは、女性が男性をぼろくそに言うのは常にOK、というか、要するに常に一番自分が偉い、ってだけの話ですね。最近すっかり化粧…じゃない、メッキが剥げました。

投稿: 練馬のんべ | 2007年3月 2日 (金) 21時36分

皇太子御夫妻の話をしても良いでしょうか?

昨日私は母親を連れて滋賀県から中部国際空港(セントレア)まで観光に行ってまいりました。
新婚旅行以来久々に乗った新幹線(昭和45年以来:私の生まれる前の年)、まだ一度も乗ったことの無い飛行機を間近で見る(大騒音付き)にいたく感動していました。
良い親孝行が出来たと喜んでおります。

さて、本題へ・・・
その観光旅行からの帰り、花束や贈り物などを持った人を沢山見かけました。
どうやら昨日が卒業式であった人が多かったようです。
卒業式といえば、菊池桃子さんの曲と同時に、真っ先にこの曲を思い出します。
http://www.duarbo.jp/versoj/v-folksong/harunanoni.htm(音が出ます)
浩宮様時代にはこの方の熱烈なファンでありましたね。
のんべ様、覚えていらっしゃいますよね?

投稿: ひろふみ | 2007年3月 2日 (金) 23時02分

ひろふみさん
お母様は喜ばれたでしょうね、親孝行になってなによりでした。
浩宮殿下はよしえさんのファンだったのですか?全く覚えてません(苦笑)
ついでながら、私は昔この作詞作曲者のファン。最近の曲は全く知りませんが。

投稿: 練馬のんべ | 2007年3月 2日 (金) 23時25分

浩宮様が芳恵ちゃんのファンだった事はかなり有名だったと思っていましたが・・・
御成婚時に明らかになったエピソード
○浩宮様は芳恵ちゃんのポスターを自分の部屋に飾っていらっしゃった
○浩宮様御自身が芳恵ちゃんのコンサートに駆けつけ(当然警護付きですが)、バラの花束を芳恵ちゃんに直接手渡された(このシーンはTVで見ました)→周りにいた一般のファンも拍手をしていた
○芳恵ちゃんはそのバラの花束をドライフラワーにして、柏原家の家宝として大事に保存している

こういう話を聞いてから、現在の皇太子様には親近感を持つようになりました。
皇太子様、今の時期は「春なのに」を思い出していらっしゃるのでしょうか?

投稿: ひろふみ | 2007年3月 3日 (土) 17時33分

ひろふみさん
ははは、そうだったんですか、知りませんでした。

投稿: 練馬のんべ | 2007年3月 3日 (土) 19時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166239/14071169

この記事へのトラックバック一覧です: 藁にもすがる花粉症患者(のんべも):

» 爪水虫・水虫・治療薬ならココ [爪水虫・水虫・治療薬ならココ]
水虫・爪水虫にお悩みの皆さん役立つような、水虫・爪水虫の治療法鐔ネ祝彬,覆匹亡悗垢觝膿珪霾鵑髻▲疋鵐疋鵑Ű呂韻い燭靴泙后 [続きを読む]

受信: 2007年3月 1日 (木) 01時11分

» うつ病の方への家族の接し方 [うつ病 その時あなたは]
うつ病の方への家族の接し方 家族やその周りの人の接し方について。 家族の態度によって、患者さんの気持ちをラクにも、逆に悪くもしますので大切なことです。 [続きを読む]

受信: 2007年3月 1日 (木) 16時11分

» アレルギー研究サイト(総合タイトル) [アレルギー研究サイト]
アレルギーを総合的に考えるサイトです。アレルギーに関するRSS情報を付記しました。 [続きを読む]

受信: 2007年3月 1日 (木) 20時45分

» 山形県限定です! [山形県限定リンク集 GO!]
アクセスアップの為の新しいリンク集を作りました [続きを読む]

受信: 2007年3月 5日 (月) 16時08分

» じんましんについて [じんましんの原因・症状]
じんましんとは急性皮膚病の一つで皮膚がかゆくなります。 昔はアレルギーが関係していると考えられていたが必ずしもそうでないらしいです。 [続きを読む]

受信: 2007年3月 6日 (火) 00時45分

« モンゴルは大切にすべき隣国 | トップページ | 安倍首相は北方四島に関して原則を曲げるな »