« ドイツの「産む機械」発言は立派な意見 | トップページ | 「北京オリンピックに反対する地方議員と市民の会」を応援します »

2007年2月26日 (月)

柳沢大臣の「人権メタボ」に座布団一枚!

『「日本は同質的な国」「人権メタボ」と文科相発言』(朝日)

また物議を醸しそうですが、人権メタボとは人権の暴走を言い得て妙、今回は座布団1枚!「これはメタボリック症候群患者への差別発言である」などと騒ぐ奴も出てきそうでそれも楽しみです。「日本は同質的な国」にも誰がイチャモンつけるかな?!

柳沢大臣って実にサービス精神旺盛なんですね。

(続きは記事の保存です、当面はリンク先をご覧下さい)

『伊吹文部科学相は25日、長崎県長与町で開かれた自民党長与支部大会で、「大和民族が日本の国を統治してきたことは歴史的に間違いない事実。極めて同質的な国」と発言した。「教育再生の現状と展望」と題して約600人を前に講演し、昨年12月に改正された教育基本法に触れて「悠久の歴史の中で、日本は日本人がずっと治めてきた」とも語った。

 同法の前文に「公共の精神を尊び」という文言が加わったことについては、「日本がこれまで個人の立場を重視しすぎたため」と説明。人権をバターに例えて「栄養がある大切な食べ物だが、食べ過ぎれば日本社会は『人権メタボリック症候群』になる」と述べた。

 86年には、当時の中曽根首相が「日本は単一民族」と発言し、アイヌ民族から抗議を受けた。 』

|

« ドイツの「産む機械」発言は立派な意見 | トップページ | 「北京オリンピックに反対する地方議員と市民の会」を応援します »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166239/14049683

この記事へのトラックバック一覧です: 柳沢大臣の「人権メタボ」に座布団一枚!:

» メタボリック症候群対策にぴったり! 【メタボリックシンドロームの恐怖】 [メタボリックシンドロームの恐怖@内蔵脂肪型肥満の危機から逃れたい男の指南書]
機械に乗ってるだけでポッコリしてきたお腹が改善される?こういうフレーズで東京は渋谷に出来た1コイン=10分間の「コンビニ」フィットネスサロン「FAST FIRST」が話題になっているみたいです。もちろん私と同じようなメタボリック症候群対策に頭を悩ま...... [続きを読む]

受信: 2007年2月28日 (水) 14時25分

« ドイツの「産む機械」発言は立派な意見 | トップページ | 「北京オリンピックに反対する地方議員と市民の会」を応援します »