« 再掲:「私の家族の日」はいかがですか | トップページ | 「九人の乙女 一瞬の夏」をこれから読みます »

2007年1月21日 (日)

納豆を食べよう!

「あるある」は酷かったですね。ここ数日スーパーで納豆が売り切れで迷惑でしたが、今度は潰れる業者が続出するかも知れません。

納豆データ捏造、「ひどすぎる」消費者が関テレに怒り(読売)
『実験データや写真、研究者のコメントまで、ほとんどがでたらめだった――。20日明らかになった関西テレビの人気情報番組「発掘!あるある大事典2」のねつ造問題。今月7日に放映された納豆のダイエット効果を巡る番組で、同局は数々のでっち上げの事実を公表し、謝罪した。(以下略)』

「あるある」のダイエットはみそ汁ダイエットなど無茶苦茶なものが多かったのですが(この手の番組で比較的信頼できるのはNHK「ためしてガッテン」…反日NHKもまともな番組もあります。)ついに捏造がばれました。

それにしても、マスコミと捏造は切っても切れない縁があるようで…不二家の賞味期限切れ問題はマスコミが喜んで叩きまくっているけど、マスコミの捏造ぶりにくらべたらずっとかわいいもんです。

無理に納豆を食べていた人が、騙された、と納豆に対して怒りを爆発させているケースも多いようです。でも、当たり前だけど納豆には全く罪はありません。それでいて、酷い目に遭うのは納豆業界です。訴訟ものではないでしょうか。

ちょっと話を変えます。先日の朝日新聞に、小泉武夫氏が『脂嗜好「食の堕落」は民族の危機』というまことにいい記事を載せていました。(全文はこちら

Shunnouten2  『焼酎ブームとよく言われるが、既にブームを通り越し、日本人の食生活にすっかり定着した…(中略)日本人の食生活が脂じみてきたこととも深い関係がある。
醸造酒の日本酒より、蒸留酒で辛い焼酎の方が、肉料理など脂っぽい食べ物にはよく合う。一度口にするとやめられない魔性のような「脂文化」の浸透が、日本人の酒の趣向まで変えてしまったのである。
この40年あまりの間に、日本人の食卓は、低タンパク、低脂質、低カロリーの食事から、高タンパク、高脂質、高カロリーの欧米型へと大きく変化した。
海藻、根菜、魚、豆、そしてご飯の五つを基本とする和食は、ヘルシーなうえ栄養バランスが理想的で、これらの食べ物によって日本人の心と体が養われてきた(以下略)』(写真は山梨の銘酒「春鶯囀」)

だから生活習慣病になるんだ、というような議論が正しいかどうかはわかりません。日本型食生活だった時代のほうが脳卒中が圧倒的に多かったのも事実です。また、醸造酒だから脂に合わない、というのも間違いに近く(筆者は分かって書いているはず)、ビール・ワイン・紹興酒は脂に合います。だからワインブームも成立したわけです。

間違いないことは、脂文化のお陰で、日本の食文化が崩れていることです。おさけ(日本酒)の生産量は一時期激減しました。明らかにまずい酒ばかり造る蔵が多かったせいですが、今はいいおさけを造っている蔵がとても増えています。のんべは断固おさけ党です。それだけでブログも成り立ちます。例えば(宣伝になりますが)のんべの裏ブログ「昼寝昼そば昼酒でのんびり」のカテゴリ「お気に入りのおさけ」でも毎週紹介していました。(今年になってから飲みなれたおさけに回帰しているので更新をさぼり気味ですが…)

小泉氏は、「海藻、根菜、魚、豆、そしてご飯の五つを基本」と書かれていますが、実は日本人は豆をそのままではあまり多くは食べず、多くは味噌醤油の調味料か、豆腐か納豆です。そして、納豆こそが塩なしの豆を発酵させた、日本人にとって理想的な植物タンパク源です。

今回の捏造事件のおかげで、ただでさえ傷ついている日本の食文化がさらに深手を負うことを非常に心配しています。アメリカ産の肉などやめて納豆を食べましょう。まあ、納豆も輸入品の豆で作られているのが殆どではありますが…

追記:朝日社説が「捏造番組 視聴者を欺く罪深さ」という記事を載せています。サンゴKYの総括をしていない朝日サマが仰ると含蓄が深いですね(嗤)、お前が言うな、と言われるだけです。さらにその結語は
『視聴者や読者の厳しい目を常に意識して、メディアは自らを律したい。それはテレビも新聞も変わりはない。』
だそうですよ。さすがは最高捏造新聞。自社が一番反省すべきなのに、他といっしょくた。今回の捏造など、サンゴKY・ヤッシーインタビュー捏造の朝日やオウム坂本一家惨殺事件や安倍首相サブリミナルのTBSにくらべればかわいいものです。

|

« 再掲:「私の家族の日」はいかがですか | トップページ | 「九人の乙女 一瞬の夏」をこれから読みます »

コメント

納豆の嘘は本当にひどい内容でしたね。
私は元々納豆が好きなので、お昼の定食によく納豆をプラスして食べますが、先週は100円だったのが150円に値上がりしていました…。
どの食品が良いとか悪いとかより、食事はバランス良く色々なものを食べるのが良いということですね。
和食は油をあまり使わないので、大人にはとても健康的なメニューといえます。
油って実は食べ物を美味しく感じさせる作用があるって知っていますか?外国の料理、例えばサラダだってドレッシングは油、フライドポテトももちろん油です。肉料理もそのまま油です。和食の優れている点は、「だし」によって、油がなくても旨みを感じさせるところに有ります。
その代わり、保存の問題により塩分が多くなりがちです。醤油、味噌、梅干、漬物、干物なんていうのは、そればかり食べていたら塩分過多になります。脳卒中が多いというのはそのせいかと思います。
伝統的な和食を塩分控えめになるよう工夫しながら、美味しくいただきたいですね。

投稿: asayake | 2007年1月21日 (日) 20時22分

asayakeさん
>どの食品が良いとか悪いとかより、
>食事はバランス良く色々なものを食べるのが
>良いということですね
まさにその通りと思います。偏らないのが一番。
のんべはおさけに偏り気味ですが(苦笑)

>和食の優れている点は、「だし」によって、
>油がなくても旨みを感じさせるところに有ります。
まさに。
脂っておそろしいくらいうまい。しかも非常に単純なうまみだから子供にもわかる。とろが美味いのはそのせいですね。でも、脂はどうしてもおさけにあわない。おさけには脂より白身の「淡泊」「あっさり」が最高です。和食でも、天ぷらにはおさけは合わせにくい、と思っています。

>保存の問題により塩分が多くなりがちです。
>醤油、味噌、梅干、漬物、干物なんていうのは、
>そればかり食べていたら塩分過多になります。
>脳卒中が多いというのはそのせいかと思います。
非常に的確なコメント頂いて、実に嬉しいです。
補足すれば、昔は食生活が貧しかったので、少しのおかずでご飯を食べるためにどうしても塩分が過多になった、ということもありますね。

>伝統的な和食を塩分控えめになるよう工夫しながら、
>美味しくいただきたいですね。
そうですね。自慢ではない…やっぱり自慢?ですが、少し前に出したうちのおせちなどはその意味では最高かと。なんせ薄味の根菜の炊き合わせが殆どでしたから…

投稿: 練馬のんべ | 2007年1月21日 (日) 21時11分

マスコミに安易に流されやすい日本人・・・というイメージがすっかり定着しましたね(今回の事件で)。

関西テレビが一番悪い(番組を打ち切って当然)ですが、人の言う事を鵜呑みにする我々庶民ももう一度考えるべきです。
メディアリテラシーというか何と言うか・・・
メディアに対して疑いの目を持つことが非常に重要です。
長年体に良いと続けられてきた事が一番無難なのかもしれません。
如何してもダイエットしたいなら、スポーツインストラクターか医者、薬剤師に相談すべきです。
「素人ダイエット」ほど無謀な物は無いですよ。

投稿: 憲史朗 | 2007年1月21日 (日) 21時58分

憲史朗さま
メディアリテラシーは重要ですね。今回の騒ぎ、馬鹿馬鹿しい限り。ダイエットに関する限り、そんなうまい話はない、というのが当たり前の話です。食生活で言えば、間違いなく日本人には薄味の和食が一番です。

実は私は2~3年に一度くらい数kg落とすダイエットをします。それで2~3年かけて戻って…の繰り返しですけど。結構簡単なことで、食事の量をカロリーをきっちり量って減らし、その代わり根菜中心の温野菜はちゃんと摂って、あとおさけを大幅に減らして(のんべにはこれが辛い)、1日1時間は早足で散歩する、これだけ。最初の数日相当辛いですが、途中から慣れるから、これを1ヶ月も続ければ楽勝です。

投稿: 練馬のんべ | 2007年1月21日 (日) 22時16分

「無理なく痩せる」というのが一番大事ですよ。
しんどいなら休んでも構わない。
だけど、キッチリ続けよう!とか決めれば、ダイエットなんてそんなに難しくないと思いますよ。
スポーツクラブへ行って同じ志を持つ者同士が仲間になれば楽になるかもしれません(励ましあったりして)。
(うちのスポーツクラブでもそういう人いますよ)

急に(体重を)落そうとするのがそもそも無理なんですよね。
そんなことをしたら体の何処かしらに無理が生じますよ。


【納豆】
私は滋賀県(関西)なので、あまり納豆は食べません。
でも、’90年代半ば頃からスーパーでの納豆の占める割合が増えた気がします。
今や「納豆=関東のもの」ってイメージじゃないですね。
(でも、関東のスーパーでの納豆のあの売られ方を見る
と「さすが関東だな」と感心します)
そんな私は「納豆汁」しか食べられません。
何故だろう?

投稿: 憲史朗 | 2007年1月22日 (月) 21時54分

憲史朗さん
そうそう、急に落とすのは本来無理です。私が落とすのは、ストレス喰いなどで自分の本来の体重より不要に体が重くなって、心身共に不健康と感じたとき。本来の体重の下限までは比較的容易に落とせます。それを越えて落とそうなどとは考えません。
ダイエット中も、週に1~2回はおさけを気楽に呑んでまっせ。1週間トータルでカロリー制限と運動時間を確保できればいいわけです。
ついでながら、しょっちゅうダイエットにチャレンジすると、身体がダイエットに対する耐性がついてしまいやせないそうですね。

PS.憲史朗さんは滋賀、滋賀のおさけというと、私は「琵琶の長寿」と「旭日」しか知りませんが、どんなのがありますか?

投稿: 練馬のんべ | 2007年1月22日 (月) 22時17分

小泉教授のコラムは蕎麦屋で読みました。教授の著作は面白いですからお気に入りの一人です。

小生、豆腐消費量日本一の市に住んで居ります都合上、普段から豆腐や納豆の大豆食品に慣れ親しんで居ります。朝昼晩納豆と豆腐から離れられない地域、その一大消費地に於いても一時期納豆が消え去りましたから驚いて居ました。
まあ、毎食のやうに納豆を食つて居りますが、でつぷりとしたこの腹。

あるあるは嘘を言つて居ると直感しましたがね(笑)。

投稿: とよあしはら | 2007年1月23日 (火) 12時11分

とよあしはらさん
盛岡ですか?面白い日本一ですね。我が練馬は…あまりなさそうです。キャベツ生産量23区1位くらいか…
なんでも食べたらやせるはずありませんね。ある学者が、「普通に食べてやせるのならそれは毒だ」と書いていました。ははは。

投稿: 練馬のんべ | 2007年1月23日 (火) 14時15分

さうです。盛岡です。こちらに来て、スーパーで陳列されて居る豆腐の量に圧倒されました。

ところで日本酒の連合会か何かの会合で、パーティでの乾杯がビールであつたなどといふ都市伝説(笑)もある位です。これでは日本酒も呑まれなくなるわ、と(笑)。

投稿: とよあしはら | 2007年1月23日 (火) 22時20分

とよあしはらさん
盛岡はわんこそばでも有名ですね。そば好きの私(裏ブログ参照)としては一度行ってみたいところです。
その都市伝説、笑えないですね。学生時代の仲間の1人は、造り酒屋の一人息子でしたが、某有名ビールメーカーに就職しました。(その造り酒屋では酒の卸しもやっているので、継ぐまでの丁稚奉公、という趣旨でしたが)

投稿: 練馬のんべ | 2007年1月23日 (火) 23時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166239/13597838

この記事へのトラックバック一覧です: 納豆を食べよう!:

» 生活習慣病は新しい概念 [生活習慣病を予防]
健康診断などでお医者さんから高血圧や高脂血症と言われても、本人は自覚症状がないため、注意事項を忘れがちになり、放っておくケースがよくあります [続きを読む]

受信: 2007年1月23日 (火) 21時57分

» アロエをよろしくお願いします。そのパワーは驚異です。 [アロエ!〜その驚異のパワー〜]
アロエは、3600年もの昔から、その驚異のパワーは素晴らしいと認められ 、人類の健康を支えてきました。 [続きを読む]

受信: 2007年1月28日 (日) 12時35分

» 動脈硬化 [年金生活になっても豊かに暮らせる方法]
動脈硬化の予防 [続きを読む]

受信: 2007年1月29日 (月) 20時25分

« 再掲:「私の家族の日」はいかがですか | トップページ | 「九人の乙女 一瞬の夏」をこれから読みます »