« 教育再生会議、頑張っています! | トップページ | 教育再生会議の一次報告が楽しみ »

2007年1月19日 (金)

中共の環境破壊はついに宇宙まで…

また本ブログには関係ないけど、のんべがつい反応してしまう話題でした。

中国が弾道ミサイルでの衛星破壊実験に成功(読売)

こらあ。宇宙にゴミばらまいてどうする。衛星破壊実験だけど、環境破壊実験そのもの。いわゆる「スペースデブリ」という何十万という破片が、これから永遠に鉄砲玉の何百倍という猛スピードでこの軌道前後を回り続けるわけです。漂う、なんて生やさしいものではありません。大気圏に落ちてさえくれれば流れ星になってくれるのですけどねえ…

宇宙船にこんなのがぶつかったら穴が開き、中の宇宙飛行士はそのまま昇天でしょう。

シナ大陸と東シナ海、それに大気圏の環境破壊だけでは飽き足らなくなってついに宇宙をゴミだらけにするとは、許せない話です。

ひょっとして、日本のアニメ「宇宙戦艦ヤマト」で、戦闘で撃ち落とされた?コスモタイガー(戦闘機)が空中で残骸になって止まっている姿をみて、ああなるのかなあ?と思ったのでしょうかね。
アニメ映画で非科学的な戦闘シーンを捏造した日本が悪いなどと言いがかりを付けて、宇宙ゴミの処理費用を払え、とか言い出しそうです。

-----記事ここから-----
米国家安全保障会議(NSC)のゴードン・ジョンドロー報道官は18日、中国が弾道ミサイルに搭載した弾頭で人工衛星を破壊する実験に成功したとの判断を示した。
同報道官は、これについて中国側と協議していることを認め、「宇宙分野での国際協力を目指す精神に反する」と懸念を表明。米国の懸念に対して、日本政府も共有していることを明らかにした。
実験は米国の航空宇宙専門誌「エビエーション・ウィーク・アンド・スペース・テクノロジー」(電子版)が複数の米情報当局者の話として伝えたことで明らかになった。同誌によると、ミサイルは米東部時間の今月11日夕方、四川省西昌市にある宇宙センター付近から発射された。搭載された弾頭は、標的に体当たりして衝撃を与える「運動エネルギー撃破飛しょう体」で、高度約850キロにあった自国の古い気象衛星に命中、破壊したとみられる。発生した多数の破片は今後、長年にわたって軌道上を漂い、他の衛星を傷つける恐れがある。
実験の成功が事実ならば、中国が米国の偵察衛星などを攻撃する技術力を示したことになる。中国は、米国の偵察衛星に対して地上からレーザーを照射する実験も、過去に複数回行っていたことが昨秋、軍事専門紙で報じられていた。ロイター通信によると、衛星破壊実験は、1985年に米国が実施して以来。
米政府は昨年、10年ぶりに改定した国家宇宙政策で、安全保障にかかわる宇宙開発の重視を強調している。中国が衛星破壊兵器の開発や試験をさらに進めた場合、米国も対抗する兵器などの開発を強化する可能性が高く、宇宙を舞台にした軍拡競争が懸念される。

|

« 教育再生会議、頑張っています! | トップページ | 教育再生会議の一次報告が楽しみ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166239/13577469

この記事へのトラックバック一覧です: 中共の環境破壊はついに宇宙まで…:

« 教育再生会議、頑張っています! | トップページ | 教育再生会議の一次報告が楽しみ »