« 環境分野で中共が多弁?! | トップページ | 女流棋士会(将棋)が日本棋院(囲碁)で対局とは大妙手 »

2007年1月30日 (火)

夫婦別姓法、遠のく!

夫婦別姓、法改正反対派増え賛否が拮抗…内閣府調査(読売)

ジェンダーフリーおばさん達はバックラッシュだとか言って騒ぐことでしょう。喜ばしいニュースです。

-----以下、記事要旨-----
「家族の法制に関する世論調査」夫婦が別々の姓を名乗ることができる選択的夫婦別姓制度について

法改正反対派は増加(35%、前回29.9%)
容認派は減少(36・6%、前回42.1%)

法改正容認派の中で、実際の別姓希望者は20・9%

「夫婦の姓が違うと子供に好ましくない影響がある」が全体の66・2%
「影響はない」は全体の30・3%

「夫婦は必ず同じ姓を名乗るべきだが、結婚前の姓を通称として使えるよう法改正することはかまわない」とする人は、25・1%(前回23%)。

法務省は「夫婦別姓を導入する民法改正案をただちに国会に提出する状況にはない」としている。
----------------------------

ジェンダーフリー思想で洗脳されかかった人たちも、少しずつ戻ってきている、ということでしょうか。民法で夫婦別姓を認める=家族制度の破壊、ということが少しずつわかってきたのでしょうか。

ジェンダーフリーとは女性蔑視そのものです。財界がジェンダーフリーに妙に好意的なのは、要するに女性をこき使いたいだけ、「ウーマン・エクザンプション」です。普通の女性を徹底的に馬鹿にするジェンダーフリーおばさん方と意見が合うのはそのためです。端的に言えば、ジェンダーフリーとは、「女性蔑視」「女性残業代ゼロ」「家族破壊」の三点セットです。

法律とは関係なく、職業上旧姓を名乗りたい場合は今でも名乗っているわけです。賛成派でも殆どの人は、民法ではなく、労働法関係で、会社に対して「雇用者は、労働者が通称として旧姓の使用を希望した場合、その使用を妨げてはならない」程度で十分満足なのではありませんかねえ。

112_2

|

« 環境分野で中共が多弁?! | トップページ | 女流棋士会(将棋)が日本棋院(囲碁)で対局とは大妙手 »

コメント

ジェンダー関連で言えば今朝の報道を見て少し笑いました。
例の柳沢大臣発言について、超党派の女性議員が「柳沢氏の辞任を要求する!」と声高々に記者会見を開いていました(全ての政党が絡んでいるのかまでは分かりません)。

一番怒っているとされた、この超党派の中心人物「福島瑞穂氏」は「(このままでは)女が廃る」と発言。
日頃「男らしさ女らしさ」を否定しておきながら、こんな時だけ「女が云々」を持ち出すとは笑止千万。
「女として柳沢氏を絶対に許せない」程度の発言なら十分理解出来るのですが・・・

それと野党側の議員の発言にはいつも「余計な一言が多い」気がします。
「(国民年金)未納3兄弟」「(拉致被害者)たった○○人」・・・
墓穴を掘らせれば彼等の右に出るものは居ないでしょう。
小沢氏の問題、この発言に対する野党側を中心とした反応を見ていると、「また野党が墓穴を掘るんじゃないのか?」と要らぬ心配をしてしまいます。

投稿: 憲史朗 | 2007年1月30日 (火) 07時23分

憲史朗さん
「女男(じょだん)は同じもの」がジェンダーフリーおばさん方の主張、福島みずほ氏の発言はその立場に悖るもの、糾弾しましょう(笑)
彼女らからすれば、普通の女性も男性も「無知な大衆」に過ぎないわけで、女性蔑視に加え、人間蔑視ですね。蔑視すべき大衆が拉致被害者になろうが殺されようがどうでもいい、というのが本質。
民主党は「ブーメラン政党」と呼ぶそうで、年金未納問題、事務所経費問題…を追求すると自分に返ってくる…(大笑)

投稿: 練馬のんべ | 2007年1月30日 (火) 07時48分

許せない発言と言えば永田寿康氏の「(阪神・淡路大震災の際に)被災者は(火災保険欲しさに)あちこちに火をつけて回ったのですよ」という物がありました。
しかし、御本人がそう発言した事を認め、キッチリ謝罪をしたので私は「まあ若いし、しっかり反省をしてこれからは頑張って欲しい」と心の中でエールを送りました(その後のメール問題でああいう事になりましたが)

昔から言うように「罪を憎んで人を憎まず」の精神でいるべきです。
余計は追及は「藪をつついて蛇を出す」事に繋がりかねません。
その辺の事に批判をしている人は気付くべきです。

【追記】
謝罪をしていない辻元清美氏(拉致被害者に対する)や筑紫哲也氏(被災した神戸の街を「温泉街」にたとえる)の方がもっと酷いです。

投稿: 憲史朗 | 2007年1月30日 (火) 22時01分

憲史朗さん
一議員が失言をして取り消して反省するのは悪いことではありませんね。柳沢氏の発言が安倍内閣の支持率を落とすようなことがあれば、それは責任を取るべきなのでしょう。
筑紫哲也も辻本清美も福島瑞穂も、人間の心は皆無ですね。と言って獣に喩えては獣に失礼です。

投稿: 練馬のんべ | 2007年1月30日 (火) 22時16分

筑紫哲也も福島瑞穂も辻元清美も、もっと勉強して「知日派」になるべき。

投稿: とよあしはら | 2007年1月30日 (火) 22時58分

東支那半島のある国は男女別姓ですよね。(まあ、氏と姓は違うっていう話もあるとは思いますが)東支那半島出身の方には馴染みがあるのかもしれませんね。
男女別姓を主張する人達って、夫婦の名字が違う事による不便さを想像する事はないのですかね?仕事上、旧姓を使いたいなら使えば良いし、慣例的に男性の姓になるのが普通ですが、女性の姓になる事を禁止されているわけでもなし。
名字が変わる事が「女性の人権侵害」なんて、私には全く思えません。

投稿: asayake | 2007年1月30日 (火) 23時23分

とよあしはらさん
たしかに、反日なら反日で、もっと日本人のことをよく知った上で反日すればいいのに、という気もします(苦笑)

投稿: 練馬のんべ | 2007年1月31日 (水) 00時05分

asayakeさん
シナ朝鮮は儒教原理主義、結婚しても婚家に入れてもらえない、それこそ子供を産む機械(+掃除機)だから別姓なんですよね。彼の国に行き、別姓とはさすが進んでいる、などと言って向こうの女性に顰蹙を買った日本女性もいるやに聞きました。
日本では、婿養子はごく普通の光景です。その伝で行けば、まさに男性の人権侵害です(笑)

投稿: 練馬のんべ | 2007年1月31日 (水) 00時21分

韓流がブームになり始めた頃「韓国人男性とお見合いをする日本人女性が増えている」現状を報告していたレポートを見ました。
感想としては「かなり騙されているな(日本人女性が)」という気がしました。
彼女達は韓国人の良い部分(美化された)しか見ていないので、そういう行動に出たのでしょう。
「冬のソナタ」に代表されるドラマは韓国社会の良い部分しか取り上げていないんだから!とコメンテーター(勝谷誠彦さん)が注意していましたが、ダメでした。
彼女らは完全に洗脳されているんですね。

(追記)
昨日の柳沢発言ですが、もっと酷いのを見つけました。
あるネット仲間に教えてもらったのですが、あの毒舌女で有名な田中眞紀子氏が安部晋三夫妻に対して「(安部夫妻に子供がいないことに関して)種無しカボチャに何が分かるのか!」と言ったそうです。
「子供のいない夫婦=種無しカボチャ」と例えた事で何が言いたいのかは分かりますが、これは酷すぎます。
世の中には子供が欲しくても出来ない夫婦も沢山います(不妊治療を受けている夫婦)。
それを「種無しカボチャ」呼ばわりするとはねぇ・・・

それにしても、この田中眞紀子氏の暴言を大騒ぎして取り上げないマスコミは何なのでしょうかね?

投稿: 憲史朗 | 2007年1月31日 (水) 20時57分

憲史朗さま
コリアンは結婚するまでは猛アタック、おとなしい日本男性に慣れた日本女性が舞い上がるのは分かるのですが、九分九厘結婚したら見事に態度が変わって暴君になります(私のコリアンの友人は、彼女居ない歴ウン十年で、そこでめでたく結婚できたので、奇跡的な例外とも言える愛妻家です。)
冬ソナはむかーしの日本の安っぽいドラマっぽく、おばさま方に受けたのもさもありなん。

田中眞紀子氏がそんな酷いことを言っていたのですか。昔からある言葉だけど、そりゃあ議員失格(というより人間失格)もいいところですね。

知人から聞いた話では、不妊治療って実に大変だそうです。肉体・精神・金銭・時間的にとても痛く辛いものです。それでも授かればまだいいのですが…

投稿: 練馬のんべ | 2007年1月31日 (水) 21時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166239/13687579

この記事へのトラックバック一覧です: 夫婦別姓法、遠のく!:

« 環境分野で中共が多弁?! | トップページ | 女流棋士会(将棋)が日本棋院(囲碁)で対局とは大妙手 »