« 足立区教育委員会の決断に敬意 | トップページ | 高校日本史の山川教科書批判(その3) »

2006年11月 6日 (月)

子育ては体力

たまには親ばか話。

Jitensha_renshuu_1 一番下の子(4歳)の自転車の補助輪を外し、公園で練習させたのですけど、一緒に走り回るのはさすがに中年オジサンには厳しい…。1時間もしないうちに私がぐったり。おかげで子供はだいぶ乗れるようになったけど、まだ練習させないとだめだなあ…

Jitensha_renshuu_2

子供が小さいうちはとにかく子育ては体力。とくに赤ちゃんのときは夜泣きで眠れぬ夜が続くのは当たり前。できれば若いうちがいいですね。

子供が大きくなってくると体力は楽になり、その分今度は悩みが尽きなくなるのでしょう。まあそのときは親も年を取る分、少しは知恵もついてくる、としたもんなのでしょうね。

|

« 足立区教育委員会の決断に敬意 | トップページ | 高校日本史の山川教科書批判(その3) »

コメント

うちの上の子の時、ちょうど誰かから「ペダルを取りはずして、足で地面を蹴って進んで遊んでいるうちに、バランスがとれるようになるから、そうしたらペダルを付けてこがせると、すぐ乗れる。」と聞いて、やってみたら本当に一日で乗れました。ゆるい坂があるところでやるといいです。
もう一人の子は、練馬のんべさんのところより大分大きいけど(たぶん2番目のお子さんと一緒)、勇気が無くて練習さえしません。(泣)上より運動神経はいいので、すぐに出来るはずなのに、恐がりなんです。

投稿: milesta | 2006年11月 6日 (月) 09時02分

あたしも息子に自転車のりを教えるのを楽しみに待ってたんですが、あの野郎ときたら幼稚園でこっそり習い覚えてしまって、優しき慈父の期待を大きく裏切ってくれました、ああやだやだ。それも美しくも哀しい子育ての記憶です。

投稿: マルコおいちゃん | 2006年11月 6日 (月) 18時16分

milestaさん
あ、その方法聞いたことあります。やっぱり有効なんですね。
上の娘達のときは、補助輪を上に取り付ける、という段階を経ていたのですぐ乗れたのですが、ちびは無謀にもその過程を経なかったので…でも、さすが男の子、転けても転けても向かってきます。普段から「男の子はやせ我慢だ!」と教えているせいでしょうか(笑)

投稿: 練馬のんべ | 2006年11月 6日 (月) 20時20分

マルコおいちゃんさん
ははは、そりゃあやられましたねえ(笑)
子供は親の知らん間に大きくなるもんなんでしょうね。まだまだ先は長い…(苦笑)

投稿: 練馬のんべ | 2006年11月 6日 (月) 20時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166239/12566868

この記事へのトラックバック一覧です: 子育ては体力:

« 足立区教育委員会の決断に敬意 | トップページ | 高校日本史の山川教科書批判(その3) »