« 明治節を取り戻そう | トップページ | 社民党・共産党に感謝?! »

2006年11月 4日 (土)

対北でぶれない安倍首相を応援

曽我さん拉致で女工作員キム・ミョンスクに逮捕状、というニュースが流れました。直接の実効性のないものの、将軍サマは日本の世論を気にしていらっしゃるようだからニュースでガンガン流すのは嫌がらせとして結構な効果があります。

六ヶ国協議復帰で融和ムードを醸成しようとした将軍サマに対して、中川政調会長は「寅さん」と揶揄するし(天国の寅さん激怒(笑))、またこんな冷や水を浴びせてさしあげるとは、安倍首相は安倍首相を応援?!してくれる将軍サマに冷たいこと(笑)、次は拉致の首謀者であられる将軍サマに逮捕状ですね。

冗談はともかく(将軍サマ逮捕状は本気でそう願いたいですが)、安倍首相は「わが国は(北朝鮮が)ミサイル発射、核実験、拉致問題に誠意ある対応を示していないことをもって制裁をかけている。こうした問題が解決されなければ制裁を解除することはない」とぶれる様子はまったくありません。ぶれない態度は、かならずや核と拉致問題を進展させるはずです。本ブログでも引き続き応援していくつもりです。

Blue_ribbon_image_1   拉致されたみなさん方全員が帰国できる日がきっと来る!その日を少しでも早めるために頑張ろう!

|

« 明治節を取り戻そう | トップページ | 社民党・共産党に感謝?! »

コメント

北朝鮮は、「日本は米国の州のひとつに過ぎないので6カ国協議に参加しなくていい」ってなことを言っておるようですが、いい兆候だと思います。日本の強い、ぶれない態度がよほどカンにさわるのでしょう。日本の一連の言動は「挑発」ではなく正当な主張と行動なのですから、今後もこのスタンスを維持することを安部総理には期待します。

投稿: 三四郎 | 2006年11月 4日 (土) 14時43分

三四郎さま
確かに大慌ての雰囲気十分ですね。あのオモニも普段にも増して元気爆発だし(笑)

投稿: 練馬のんべ | 2006年11月 4日 (土) 21時22分

読売新聞に「協議が進展しなかった場合の言い訳にしようとしている」といった内容の記事がありますね。

北の核の直接の脅威を受けるのは日本であり、拉致されたのも日本です。その日本を外すというのは考えられません。

投稿: hayato | 2006年11月 4日 (土) 23時33分

hayatoさん
なるほど、読売の見方もありそうですね。
まあ、北が何を言おうがよもや六ヶ国協議から日本が外れることはないでしょうね。言わせておきましょう。

投稿: 練馬のんべ | 2006年11月 4日 (土) 23時41分

のんべさん、
直接関係の無いTBをさせていただきました。すいません。にも関わらず取り上げていただき、まことに恐縮です。
北の核武装問題は、じつは背後の中共こそが真の問題の所在なのです。ゆえに六ヶ国協議で時間を浪費するより、中共に厳しいメッセージを送るには、欧州とともに環境問題でシナを叩くほうがより効果的かな、と愚考します。
そして勿論,日本の核武装がベストの選択、「非核三原則」の見直し宣言がセカンド・ベストの選択です。それなくしては、結局シナの所有する千発の核弾頭に屈服する結果になるは明らかです。
六ヶ国協議不参加、結構じゃあないですか。ホントに日本が不参加なら困るのは自分と知っての北の言いがかりです。それを利用して揺さぶるくらいの戦術をとってもらいたいものです。

投稿: マルコおいちゃん | 2006年11月 5日 (日) 08時07分

マルコおいちゃんさん
環境問題で中共を叩くべしに全面的に賛成。東シナ海が死の海になってしまうのは時間の問題、シナ産の巨大クラゲに邪魔されて魚が取れないことを思うと悪酔い必至です。

投稿: 練馬のんべ | 2006年11月 5日 (日) 09時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166239/12535294

この記事へのトラックバック一覧です: 対北でぶれない安倍首相を応援:

» 十八年も放置され [いなほブログ]
[毎日新聞] <曽我さん拉致>逮捕状の女工作員の弟は著名バイオリニスト  曽我ひとみさん(47)と母ミヨシさん(行方不明時46歳)の拉致を実行したとして、国外移送目的略取、国外移送の疑いで逮捕状が出た女工作員、通称キム・ミョンスクが、北朝鮮の収容施設である...... [続きを読む]

受信: 2006年11月 4日 (土) 16時27分

» メルケル首相の動向 [マルコおいちゃんのヤダヤダ日記]
メルケル首相の動向をチェックしておきましょう。 Blair und Merkel machen das Klima zum Thema http://www.nzz.ch/2006/11/03/al/newzzEU32JRFB-12.html 2012年に失効する「京都議定書」 のあとを受ける新しい環境保護のための世界的協議について、メルケル首相とブレアー首相が共同で模索するため話し合いました。「気候変動は、21世紀への大きな挑戦である」と、メルケル首相は述べました。 このテーマは、来年1月より ド... [続きを読む]

受信: 2006年11月 5日 (日) 02時46分

« 明治節を取り戻そう | トップページ | 社民党・共産党に感謝?! »