« 不敬な毎日新聞記者パク氏 | トップページ | 高校日本史の山川教科書批判(その2) »

2006年11月 2日 (木)

つきあいきれない話

つきあいきれないけど一言だけ。

中川会長発言を懸念…広島市長が首相に「非核」要請文』(読売新聞)
日本の「必要最小限の軍備」に核兵器も入るとする自民党の中川政調会長の発言などを受け、広島市の秋葉忠利市長は1日、国に対し、非核武装の法制化や核兵器廃絶に積極的な役割を果たすよう求める要請文を安倍首相に送った。

非核三原則を堅持している日本政府に送ってどうするんですか。送る相手は将軍サマと皇帝陛下じゃないんですか。二度と核を喰らってたまるか、のがヒロシマの誓いだと思うのですけどねえ…

|

« 不敬な毎日新聞記者パク氏 | トップページ | 高校日本史の山川教科書批判(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166239/12520121

この記事へのトラックバック一覧です: つきあいきれない話:

« 不敬な毎日新聞記者パク氏 | トップページ | 高校日本史の山川教科書批判(その2) »