« 未履修やいじめを悪用しようとする勢力 | トップページ | 不敬な毎日新聞記者パク氏 »

2006年11月 1日 (水)

自民も公明もいい加減にせよ

こんな記事を書くつもりは毛頭なかったのですが…既に「責任を取らないことを教えるのが「教育」ですか」に記載したとおり、安易な救済策は子供のためにもなりません、なのに…

履修漏れ救済、さらに生徒の負担軽減へ…与党幹部一致
自民、公明両党の幹事長、政調会長らが1日午前、都内で会談し、高校の必修逃れ問題で文部科学省が検討している、補習授業の上限を70回(1回50分、2単位分)とする救済案について、さらに生徒の負担軽減を求めることで一致した。
(中略)公明党では、補習の上限を50回に引き下げる案も出ている。…

いい加減にして下さい。PTAが公明党サマに感謝して投票することでも期待されているのですか。一種のバラマキなので公明党らしいといえばらしいのですが…ばかばかしいのでこれでやめます。

|

« 未履修やいじめを悪用しようとする勢力 | トップページ | 不敬な毎日新聞記者パク氏 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166239/12518923

この記事へのトラックバック一覧です: 自民も公明もいい加減にせよ:

« 未履修やいじめを悪用しようとする勢力 | トップページ | 不敬な毎日新聞記者パク氏 »