« 民主党岡田氏に感謝?! | トップページ | 教育再生会議の人選に問題 »

2006年10月 8日 (日)

安倍首相が朝日サマを喜ばせてどうする…

昨日(10/7)の社説にこんなのがありました。

『安倍政権 ちょっぴり安心した』
まずい、朝日がこんなことを言うとは…

『安倍首相には、さぞかし緊張感に満ちた1週間だったろう。衆参両院での代表質問に続き、初めて一問一答形式で野党と論戦を交わす衆院予算委員会が行われた。
前半の代表質問への答弁には物足りなさもあった。デビュー戦を無難にかわしたかったのか、首相が官僚の用意した答弁原稿をひたすら読み上げる「安全運転」に徹したからだ。』
だから保守派は怒りを抑えるのに苦労するわけですって。

『論戦が熱を帯びたのは、きのうまで2日間の予算委だった。あの手この手で質問が繰り出せる予算委こそ、初の真剣勝負。そんな野党の意気込みは、質問者の顔ぶれに表れた。
民主党から菅直人代表代行、岡田克也元代表らに加え、無所属ながら民主党会派に属する田中真紀子元外相が登場。共産党も志位委員長が質問に立つなど、なうての論客が並んだ。』
見事なくらい反日のオンパレードです。ところで、こんなピーチクパーチクさわぐしか能のない絶望的な人たちが「なうての論客」ですか…反日でもいいけど、もう少し優秀な人たちはいないのでしょうかね。菅氏も昔は鋭かったのに…真紀子氏も、最近の毒舌はつまらん。「軍人・変人・凡人」の頃の冴えはどこに行ったのか。

『テーマは内政、外交に広く及んだが、菅氏らが首相の歴史認識を繰り返し問うたのは当然だろう。
先の大戦を「自存自衛の戦い」と位置づける。日本政府の「謝罪外交」を批判し、歴史教科書の「自虐史観」に修正を求める――。
首相になるまでの安倍氏は、そうした考え方の議員グループなどで中心的な役割を果たしてきたからだ。安倍氏のブレーンには、もっと激しい主張の人々がそろっている。
首相になった安倍氏が、政府の方針としてどんな主張を掲げるのか。政府の歴史認識や基本見解は変更されるのか。多くの国民はそこを注視してきた。
だが、この1週間の安倍氏の答弁は、意外なまでのソフト路線に終始した。安倍氏の従来の主張に期待した人々にとっては、拍子抜けだったかもしれない。不安を抱いた私たちは少し安心した。』
朝日を喜ばしてどうするんですか。

『アジア諸国への「植民地支配と侵略」を謝罪した村山首相談話や、従軍慰安婦問題で旧日本軍の関与を認めた河野官房長官談話については、安倍政権でも「受け継ぐ」とはっきりさせた。』
嘘を言ってはいけません。びーちぇさんがテレビで見て『村山談話は今まで「継承してきたことだ」と言い、その上で、未来志向の関係構築を、ということでした。』という表現だったことを鋭く指摘されています。

『政府としての立場と首相個人の見解とは別と受け取れるような言い回しもあったが、「私も含めて」と答え、そこのところを明確にしたのは前進だ。
安倍氏が尊敬する祖父の岸信介元首相を含め、戦争を指導する立場にあった人々に誤りや責任があったことも認めた。』
あ、私はそんなことがあったのですか。これは(皮肉や知らんぷりでなく)どんな表現で仰ったのか正確に知りたいところです。

追記:「一燈照隅」さんで知りましたが、「日本政策研究センター」の「悪意の「誤報」に惑わされるな 安倍首相答弁と「報道」の異様な落差 安倍首相個人が「村山談話」「河野談話」を認めた?」という記事にて事実を記載されています。やっぱりそんなことだろうと思いました。

『まだ持論にこだわる場面もあったものの、これまでの日本政府の歴史認識は基本的に踏み外さないという、安倍政権の慎重さはよく見えた。』
こだわる、とは失礼な。こだわるのは「つまらないこと」に対しての話。持論はつまらない取るに足りないことでしょうか。朝日様のご意見以外はすべてそうなんでしょうね。

『ただ、中川昭一政調会長や、首相官邸のスタッフに議員グループ時代の同僚を登用し、教育改革などに取り組む態勢を敷いている。どんな方向を打ち出すか、注目していきたい。
首相になるまでの政治経験が浅かった安倍氏にとって、この1週間は戦後政治の積み重ねを実感する大変な学習期間だったに違いない。次は、中韓訪問という外交の初舞台が待ち受けている。』
さあこれさえ終えてしまえば…なんで首相が中韓訪問に「こだわった」のか真意はわかりませんが、持論を通して頂けるようにお願いしたいと思います。

|

« 民主党岡田氏に感謝?! | トップページ | 教育再生会議の人選に問題 »

コメント

TB有り難うございます。
今一番気を付けなければならないのは、反日マスコミの報道を見て安倍総理に失望したり、見限ったりするようなことです。
先日の田中真紀子の予算委員会での質問も(どうみてもまともな質問になってなかったが)、編集の仕方によっては安倍総理が負けているようにしたとこもありました。
安倍政権は発足したばっかりです。真価が問われるのはこれからです。

投稿: まさ | 2006年10月 8日 (日) 20時12分

まささん
そうですね。うん、これからです。保守派が安倍首相このままではいかんので頑張れ!というのはいいけど、見限ってしまうようなことがあれば反日を喜ばせるばかりですね。さては朝日新聞は「褒め殺し」作戦か…

投稿: 練馬のんべ | 2006年10月 8日 (日) 20時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166239/12185836

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍首相が朝日サマを喜ばせてどうする…:

» 有名人よりも教育改革を実効性あらしめる人選を--臨教審・国民会議の二の舞にするな [なめ猫♪]
 ここのところ国会の論戦(?)などをみていると歴史認識や年金・社会保険にばかり話題が集中しているようですが、安倍首相が掲げた「美しい国」をつくるテーマとして教育の再生が謳われています。その教育改革に早くも暗雲が... [続きを読む]

受信: 2006年10月 8日 (日) 13時39分

« 民主党岡田氏に感謝?! | トップページ | 教育再生会議の人選に問題 »