« 教育再生会議の人選に問題 | トップページ | 将軍サマは何を考えているんだ… »

2006年10月 9日 (月)

安倍首相の中共訪問はご挨拶程度か?

各ブログでも当然話題になるはずですが私も一言。

『協力関係発展で一致 日中首脳会談』(SankeiWebより)
『安倍晋三首相は8日午後、政府専用機で北京入りし、人民大会堂で中国の胡錦濤国家主席、温家宝首相らと会談した。安倍首相は「日中両国は未来志向で戦略的互恵関係を築くべきだ」と強調し、協力関係を発展させる考えで中国側と一致した。北朝鮮の核実験声明については「絶対に容認できない」と述べ、核実験阻止に向け、両国が連携していくことを確認した。靖国神社参拝では、参拝するかどうかは言及しないとした上で「適切に対処する」と述べた。』
要するに、今の段階ではどっちも都合良く取れるようにして議論を先送りしたわけですね。まずはご挨拶、というところでしょう。

『安倍首相は歴史認識について、平成7年の「村山談話」を踏襲する姿勢』
村山談話踏襲ですか…まあ、中共に行った以上、その場で破棄する、とは言えませんが…


『両国の有識者による歴史共同研究を年内に立ち上げることを提案、胡主席も同意した。』
これは無意味。平行線を辿るだけ。

『また、中国側は「政治的障害」として靖国神社参拝自粛を求めたが、安倍首相は「日本の多くの歴代の総理は国のために亡くなった方々に対して哀悼の誠をささげ、平和を願い参拝してきた」と説明し、今後の対応を明言しなかった。』
それにしても中共は失礼です。村山談話踏襲で譲ったのだからここで靖國を出すとは。いつも言うように一歩退いても譲らないわけですけどね。

『また、安倍首相は会談で胡主席と温首相に早期の訪日を招請、両首脳も前向きに検討する考えを示した。』
それはいい。とはいえ、いつのことになるのでしょうか。3月までがいいと思います。

靖國春の例大祭か8月15日以降、また中共がぶつぶつ言い出して関係が悪化するのでしょう。それまでに、自民党内の媚中勢力をあまり刺激しないでおいて力をためておき、参院選に臨む作戦とみました。参院選で勝利を得て初めて遠慮無く動き出そう、というのでしょう。
もっとも、力をためすぎて保守派…声なき多数派(サイレントマジョリティー)…の反発を招いては元も子もない、ということだけは強く主張します。
安倍首相に対して遠慮無く批判はしますが、基本的には私は応援団の一員です。

|

« 教育再生会議の人選に問題 | トップページ | 将軍サマは何を考えているんだ… »

コメント

私もこのニュースでブログを書こうかと思っていた矢先、北朝鮮の核実験実施のニュースが目に飛び込んできました。秋晴れの気持ちよさも吹き飛ぶ、晴天の霹靂でした。

ともあれ、早速「戦略的互恵」とやらが試される場面ができたわけです。中国はどう出るか、注視したいところです。

投稿: 三四郎 | 2006年10月 9日 (月) 15時31分

三四郎さま
ごろ寝でまどろんでいたらとんでもないニュースが飛び込んできて、昼寝を邪魔されて迷惑な話…と最初のんびりしたことを寝呆けた頭で考えていましたがそれどころではない。酷い話でした。
それにしても将軍サマは何を考えているのか。例えば朝日新聞は、せっかく安倍首相が自重しているところで勝手なことが言える状況だったのに、安倍首相を応援するような行動、迷惑極まりないと、思っているに違いない。もう理性もへったくれもない状況になっているとしたら、さすがに怖いですねえ…

投稿: 練馬のんべ | 2006年10月 9日 (月) 19時48分

安倍総理の支那・韓国への訪問、北朝鮮の核実験が有った割にはまずまずではなかったでしょうか。
小泉前総理がバンドン会議で述べたような侵略を言わなかったし謝罪もしなかったですね。http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/enzetsu/17/ekoi_0422.html

歴史共同研究は見ようによっては安倍氏の仕掛けた罠かもしれないですね。

投稿: まさ | 2006年10月 9日 (月) 22時21分

まささん
少なくとも変な言質を取られなかったし、私もこの程度でよしと思います。
歴史共同研究は罠、とは考えませんでしたか、確かにそうかも。

投稿: 練馬のんべ | 2006年10月10日 (火) 07時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166239/12202579

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍首相の中共訪問はご挨拶程度か?:

« 教育再生会議の人選に問題 | トップページ | 将軍サマは何を考えているんだ… »