« 中秋の名月は涙雨… | トップページ | 安倍首相が朝日サマを喜ばせてどうする… »

2006年10月 7日 (土)

民主党岡田氏に感謝?!

安倍首相『いわゆる「A級戦犯」について、「国内法的に、戦争犯罪人ではない」と明言』
やっと(保守派から見て)真っ当な答弁をなさいました。岡田氏のしつこさに堪忍袋の緒が切れたのでしょうか。我慢して村山談話・河野談話を踏襲するとも受け取れる答弁をしていたため保守派からは反発されており、これ以上譲ったら保守派から見放されるのは確実、よくぞ踏みとどまってくれました。その点で、この答弁を引き出した岡田氏に感謝。

『「A級、犯罪人ではない」 首相、小泉答弁を“修正”』(SankeiWebより)
『安倍晋三首相は6日の衆院予算委員会で、極東国際軍事裁判(東京裁判)で裁かれたいわゆる「A級戦犯」について、「国内法的に、戦争犯罪人ではない」と明言した。「戦争犯罪人だという認識がある」と答弁した小泉純一郎前首相の見解を修正した形だ。首相は、就任前は否定的だった「村山談話」や「河野談話」について、国会論戦で「政府として受け継いでいる」と述べるなど持論を封印していたが、ようやく「安倍色」が出た形だ。(阿比留瑠比)
岡田克也・民主党元代表「占領下において東京裁判の結果を受け入れたわけだから、国内法に優先する。(A級戦犯は)日本における犯罪者と言わざるを得ない」
首相「法律によって裁かれていないにもかかわらず、首相として、政府として、この人が犯罪者だというべきではないのは当然のことだ」
6日の予算委で、岡田氏はA級戦犯や東京裁判について首相を追及したが、首相も譲らず、激しい論戦となった。
岡田氏は、小泉答弁を引用してA級戦犯を戦争犯罪人だと認めるように執拗に迫ったが、首相は「A級戦犯とされた重光葵元外相はその後、勲一等を授けられている。犯罪人ならばそういったことは起こりえない」と反論。さらに「(法なくして罪なしとする)罪刑法定主義上、そういう人たちに対して犯罪人であるということ自体、おかしい」と語気を強めた。
A級戦犯として有罪判決を受けた人物では、重光氏(禁固刑7年)のほか賀屋興宣氏(終身禁固刑)も釈放後、法相に就任している。
民主党内も、野田佳彦元国対委員長が自身のホームページで「刑罰が終了した時点で受刑者の罪は消失するというのが近代法の理念である。すでに『A級戦犯』として絞首刑になっている7人の人々も同様に解するのが自然だ」としており、意見が割れている。
岡田氏がサンフランシスコ講和条約や日本が東京裁判を受け入れたことを「A級戦犯は戦争犯罪人」の論拠としたことに対しても、首相は次のように反論した。
「国際法の一般的な解釈においては、講和条約が結ばれた段階で戦争裁判の効力は未来に向かって失う」
戦犯の位置づけでは、昭和26年11月に当時の大橋武夫法務総裁(現在の法相)も参院法務委で「国内法においてはあくまで犯罪者ではない」と述べている。
首相は、これまでの国会論戦で、さきの大戦への認識や慰安婦問題でこれまでの政府見解を踏襲する考えを表明し、自民党内の保守派を失望させている。これは「中国訪問を控えて歴史認識について踏み込んだ発言をするのは無理」(周辺)との事情があるためだが、A級戦犯に対する認識で小泉前首相の発言を踏襲した場合、靖国問題への波及は必至とあって持論を展開したようだ。』


岡田氏がどのような思想信条を持っているのか知りませんし知ったことではありませんが、日本人の健康を考えてた~くさん中共野菜を輸入している有難い「イオン」の名誉会長をお父上に、社長を兄上に持つだけに、コテコテ中共寄りの発言をなさるのは誤解の元ではないのでしょうか。

|

« 中秋の名月は涙雨… | トップページ | 安倍首相が朝日サマを喜ばせてどうする… »

コメント

紀子妃殿下を「のりこさま」と読み間違ったヤツが何を言うかと思ったら、くだらん!おまえの話はくだらん!・・・て大滝秀治になっちゃいますよ(笑)
いわゆるA級戦犯は戦争犯罪人と認めろという暴挙は許してはいけません。お勉強が足りませんね、野党の奴ら。一部の人はそうでもなさそうですが・・・。それにしても本当にしつこい人たち、こんな質問ばかりやってて税金の無駄遣いだ!ちゃんと仕事しろ、仕事!!
(終始怒り口調ですみません)

投稿: かついち | 2006年10月 7日 (土) 11時24分

>>首相は、これまでの国会論戦で、さきの大戦への認識や慰安婦問題でこれまでの政府見解を踏襲する考えを表明し、自民党内の保守派を失望させている

その通りです。さすが、産経。
安倍さんは先に「靖国問題」を片付けるつもりなのでしょうか。

>>かついちさん
岡田さんの「のりこ様」発言は衝撃でした。
あれは、普段から皇室を尊重していないという証拠でした。だからこその失言ですね。

投稿: hayato | 2006年10月 7日 (土) 14時56分

かついちさん
ははは、のりこさま、でしたね。紀宮清子内親王殿下と勘違いしていたのか?もっとも、こちらも「きよこ」と読んでいた人がいましたが…
民主党は、割れた方がいいですね。

投稿: 練馬のんべ | 2006年10月 7日 (土) 16時55分

hayatoさん
自民党内保守派だけでなく、私もなんとか我慢して怒りを抑えているところです。今回まで譲ったら切れてしまうところでした。
こちらが一歩退けば相手も一歩退く、なら日本的な阿吽の呼吸だけど、どうも最近はシナ式に突っ込んでくる連中ばかり、だったら最初からぶち切れたように自分の主義主張を通したほうが国民の支持率は取れると思うのですけどねえ…

投稿: 練馬のんべ | 2006年10月 7日 (土) 17時06分

岡田氏のような人物が、仮にも一時期野党第一党の党首だったとは心細い限りです。自民党との対立軸を鮮明にすることは野党として当然だと思いますが、それがA級戦犯への認識というのでは実に底が浅い。この党はこのままでは決して政権の受け皿にはなれますまい。

投稿: 三四郎 | 2006年10月 8日 (日) 00時33分

三四郎さま
そうですねえ…他に自民党を脅かす対抗馬がないだけに、期待していたんですけど…
自民党にもどうしょうもない左巻きがいるので、自民も民主も分裂して保守とリベラルで再編成してくれれば分かりやすくなります。なかなか起こらないとは思いますが。もっとも、万が一そんなことが起きたら、小沢氏はどっちなんでしょうか?

投稿: 練馬のんべ | 2006年10月 8日 (日) 05時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166239/12181444

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党岡田氏に感謝?!:

» 古典から学ぶ愛国心 [新・平成徒然草]
つれづれなるままに ひぐらし硯にむかひて 心にうつりゆくよしなしごとに そこはかとなく書きつくれば あやしうこそ 物ぐるほしけれ。 ご存じ吉田兼好の「徒然草」の冒頭部分です。学校でもよく暗記しました。私の... [続きを読む]

受信: 2006年10月 7日 (土) 13時46分

« 中秋の名月は涙雨… | トップページ | 安倍首相が朝日サマを喜ばせてどうする… »