« 拉致問題解決は安倍政権の使命 | トップページ | 「博士の独り言」へのテロか? »

2006年9月20日 (水)

政府はロシアに拉致された船長を救え

『ロシアに銃撃、拿捕された北海道のカニ漁船、第31吉進丸の坂下登船長の弁護人は18日、船長が21日の初公判で起訴事実を全面的に認め、同日中に罰金刑の判決が言い渡される公算が大きいと述べた。』(産経WEBより)

実にひどい話。国が殺人と拉致を敢行し、帰りたいなら罪を認めて金払え…とは。そりゃあ、他国政府の脅しに拉致されている個人が屈するのは仕方ないでしょう。

日本政府も最初は威勢良かったけどすっかり尻すぼみの感。自国の領海で漁をしていて他国の政府に殺されたり拉致されたことは、主権の侵害そのものなのに、政府にはその意識はないのでしょうか。

日本政府・外務省は、再度ロシア側に陳謝、解放、賠償を要求すべき。もしそれができないのなら自国民を他国から保護するという国として最も基本的なことが全くできていないことになります。

不法占拠されているのが現実で、そんな要求は通じないでしょう。しかし、要求を突きつけていくことなしで、日本の領土であることの主張をしていることになるのでしょうか。有耶無耶にすませたら、それは不法占拠を認めるようなものです。
JETRO理事長は認めているようですが(蓮さんの記事)。

繰り返します。政府には自国の領土・領海では国民の保護を行う義務がありますし、犯罪者を逮捕する義務があります。
船長および遺族は、賠償を求めて日本政府を訴えたらどうでしょうか。政府の不作為、不法行為により犠牲になったわけですから。

参考:憲法第17条
「何人も、公務員の不法行為により、損害を受けたときは、法律の定めるところにより、国又は公共団体に、その賠償を求めることができる。」

|

« 拉致問題解決は安倍政権の使命 | トップページ | 「博士の独り言」へのテロか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166239/11960087

この記事へのトラックバック一覧です: 政府はロシアに拉致された船長を救え:

» 吉進丸事件判決下る [王様の耳はロバの耳]
船長に罰金刑、近く解放へ 国後島で吉進丸事件判決 (共同通信) - goo ニュース 8月16日北方領土の貝殻島付近でロシアに拿捕されたカニかご漁船第31吉進丸の船長にロシアの裁判所の判決が下った 船長は「領海侵犯と密漁の罪」で罰金25万ルーブル(110万円相当)と船体の没収が言い渡された 船長は近く釈放される見通しであると {/kaeru_shock2/} 事件の際に甲板員1名が射殺され日本人に衝撃を与えた 幸い外... [続きを読む]

受信: 2006年9月22日 (金) 16時16分

« 拉致問題解決は安倍政権の使命 | トップページ | 「博士の独り言」へのテロか? »