« 「いただきます」の心を教えるWEB絵本 | トップページ | 安倍新首相への期待:憲法改正 »

2006年9月28日 (木)

「博士の独り言」に対するテロは許せない暴挙

みなさまご存じの通りgooからは削除されてしまいました。詳しいことはわかりませんが、博士の厳しい言論に対して不快感を持つ勢力の仕業と思われます。

まさに言論に対するテロ、絶対に許せない暴挙です。卑怯とはこのこと。

このような言論に対するテロは、どんな言論に対してのことにせよ、許せない話です。ブログ削除は、余程公序良俗に反するものなら、ちゃんと宣言した上で行うなら納得できますが…博士の厳しい追及が、公序良俗に反するとでも言うのでしょうか?まさに笑止千万。
最初はgooの見解も確認したいと思っています。
(なお当然のことながら、当ブログでは、加藤紘一氏に対するテロにも断固反対です。当ブログは加藤氏を「媚中」として強く批判する立場なのですが、左右問わず言論封殺行為に対する絶対反対はぶれません。)

なお、博士ご本人のコメントはTBをご覧下さい。

|

« 「いただきます」の心を教えるWEB絵本 | トップページ | 安倍新首相への期待:憲法改正 »

コメント

加藤氏の一件も含み、同感です。
実際にネット上の偏りがあります。都合悪いモノが狙い撃ちされているように思えます。

今回は、国内外の多数の国民が『ドラマのように進行する現実』を目撃し、真剣に悟りました。Gooに言い分があるかもしれませんが、信用を失いました。

投稿: リカ | 2006年9月28日 (木) 23時53分

リカさん

都合の悪いものへのねらい打ちですねえ。実際にこんなことが起こるとは思いませんでした。次の話でもう少し書きます。

投稿: 練馬のんべ | 2006年9月29日 (金) 03時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166239/12075923

この記事へのトラックバック一覧です: 「博士の独り言」に対するテロは許せない暴挙:

« 「いただきます」の心を教えるWEB絵本 | トップページ | 安倍新首相への期待:憲法改正 »